容器でのコスト削減 カップをなくすとどうなるか? | 日本最大規模の飲食業・食品ビジネスのコンサルティングチーム「船井総研フードビジネス支援部」の情報発信サイト

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
コンサルタントコラム

給食
2017/2/07

容器でのコスト削減 カップをなくすとどうなるか?

容器でのコスト削減 カップをなくすとどうなるか?

野間です。

 

いくつかの給食業のご支援先様で
回収容器の変更を進めています。
 

目的は「コストの合理化」です。
 
背景は原価高騰によるもの。
 
主な容器変更ポイントは。

「ふたは変えずに容器底面のカーブの角度をゆるくする」

 
ここです。
 
これを行うことで、
 
①仕切りカップを使わなくてすむ、使う量が減る
⇒ 容器の体積がへるので、スカスカ対策で入れていた仕切りカップは必要ない
 
②原価そのものが下がる
⇒ 容器の体積がへるので、入れる量が減る
 
大きくはこの2点が変わってきます。
 
付け加えると、
カップを入れる作業が減るので、
現場人件費の削減も同時に進みます。
 
ある給食会社様では
 
カップと原価だけで
1食あたり4円のコスト削減、
 
年間では15000食/日×5日/週×52週×4円
1500万円以上のコスト削減を見込んでいます。
 
2.5回転分の容器を新たに準備しても、
半年ほどで投資回収完了です。
 
容器の視点、とても重要ですね。
 

担当者
チームリーダー / チーフ経営コンサルタント
野間 元太

給食ビジネス専門のコンサルタント。これまで日本に存在しなかった「給食業における即時業績アップ」のノウハウを確立し、唯一無二の「給食業に特化したコンサルティング」を立ち上げた第一人者。今では日本全国トップクラスのシェアを誇る、某社の「個人宅向け弁当宅配」の立ち上げ等。過去にクライアントに貢献した実績は実に多数。
TBS「がっちりマンデー」などのTV番組や各業界紙に、同氏の支援先成功事例が多数とりあげられている。
年商1億円~年商3000億円の企業まで、事業規模を問わず幅広く業績アップの支援を担当。年間300日、全国各地のご支援先の現場に飛び回っている。
『気持ちの良い社長と、気持ちの良い仕事をする』をモットーに、実現可能性が高く、ダウンサイドリスクの低い、即時業績UPを実現するためのコンサルティングで、数多くの企業に貢献している。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
その他おすすめの記事