リスティング広告のコスト削減法 | 船井総研 フードビジネス支援部

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
コンサルタントコラム

宅配
2017/1/27

リスティング広告のコスト削減法

株式会社船井総合研究所  柳生 紘輝

リスティング広告のコスト削減法

回はリスティング広告のコスト削減方法についてお話しさせて頂きます。

 

自社HP経由のWEB注文を獲得するための広告として
リスティング広告を使っている方も多いかと思いますが
コスト面は意識されていますでしょうか?
 
このコスト面で一番重要なのがクリック単価ですが
クリック単価の決定方法はご存知でしょうか?
 
大まかにいうと入札単価と品質スコアで決定されます。
 
入札単価はそのキーワードに対していくらまでなら払うか
 
品質スコアはその名の通り広告の品質を表す指標で
簡単に言うと検索するユーザーが求めている情報を表示できているか
という指標になります。
 
もっと噛み砕いて言うと
キーワード、広告文、リンク先に一貫性があるかということになります。
 
この品質スコアを高める方法の一つに細かく広告グループを分けるという方法があります。
 
広告文は広告グループごとに設定できるため
広告グループをわければ細かく広告文の設定が可能になるためです。
 
非常に簡易的に説明すると
高級弁当宅配のビックワードに「宅配弁当」「仕出し弁当」という
キーワード上には関連性がないですが意味は似通っているキーワードがありますが
 
これを同一の広告グル―プに登録してしまうと
 
キーワード:宅配弁当 ○○県
広告文:○○件で宅配弁当なら~
→ 一貫性がある
 
キーワード:仕出し弁当 ○○県
広告文:○○件で宅配弁当なら~
一貫性がない
 
という状況になり仕出し関連のキーワードの品質スコアが下がることになります。
 
このように細かく広告グループ分けをすることで
品質スコアの改善につながり、結果として広告費を下げることが可能になります。
 
この機会にリスティング広告のグループ分けを見直してみてはいかがでしょうか?
 

担当者
柳生 紘輝

入社以来、一貫して宅配・ケータリング業界を中心とした
フードビジネスのコンサルティングを経験。
現場主義をモットーとし、SEO対策やPPC広告の代行業から
HP構成企画まで戦闘レベルでの豊富な経験を活かした
WEBマーケティングでの即時業績UPに定評がある。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
その他おすすめの記事