地方創生のヒント「サンクゼール」の取組 | 飲食店経営や、外食・製菓・宅配・給食などの飲食コンサルタント・食品コンサルタントなら船井総合研究所

フードビジネス.com
コンサルタントコラム

食品
2017/1/24
地方創生のヒント「サンクゼール」の取組
地方創生のヒント「サンクゼール」の取組

「田舎から全国に本物を届ける!」という想いから始まって、
現在、全国に50店舗以上を展開している企業がサンクゼールです。

 

久世社長が旅行でシードルの名産地であるノルマンディーを訪れた時に、
衝撃を受けて、始めた企業です。
店舗のコンセプトは「ヨーロッパの田舎」で、
名物商品である保存料や着色料を使っていない自然派ジャムや人気商品であるパスタソース等、
なんとなく立ち寄って、ついつい買ってしまうそんなお店になっております。
 
また、長野県飯綱町にある本店は、ブドウ畑に囲まれ、本当にヨーロッパの田舎町を彷彿とする施設で、
年間12万人以上を集客する観光スポットになっています。
物販のお店の他に、地元の野菜を使った料理を味わえるレストランの他にワイナリーもあります。
そのワイナリーではウェディングも行われています。
 
そして、ワイナリーの醸造場の見学はワイナリーツアーとして毎日行われています。
そして、店舗ではワインの試飲は無料でいくらでも試しのみができます。
 
ただ、モノを作って販売するだけではなく、体験を通じて自分達が作って販売する商品の良さを
知っていただくことを徹底することで多くのファンを作り上げてきています。
 
そして、最近では「久世福商店」というサンクゼールとは全く違う
ブランドを立ち上げ現在40店舗以上を全国に展開しています。
 
この久世福商店では、国内の地方メーカーとタッグをくみ、
海外の人に知ってもらえるブランドを作るという考えで展開されています。
 
「地方に埋もれている商品を売れる商品に変えていく」
という取り組みを日々行っています。
 
パッケージやキャッチコピーなど細部にこだわりオリジナル商品、売れる商品にリニューアルする。
 
サンクゼールは、このような取り組みを通して、
田舎の良さ、地方の良いものを伝えるという創業時の想いを実現しています。
 

サンクゼール執行役員MD本部長 山田 保和氏 講演決定!

食品ビジネス経営研究会2月7日例会にて
「世界に通じる日本各地のうまいもの!今選ばれる商品開発の秘訣!!」
と題して、サンクゼール1号店、久世福商店1号店の立ち上げを行い、
サンクゼールの直販の基礎を気づいた執行役員の山田氏が商品開発について語ります。
まだ、『食品ビジネス経営研究会』一度も参加していない企業様はお試し参加も可能です。
残席わずかです。
ぜひ、お早めにお申し込みください。

お申込みは以下まで
http://funai-food-business.com/biz-food/study/

担当者
経営コンサルタント
前田 輝久

食品専門店の店舗開発や活性化のコンサルティング支援を行っている。なかでも、卵、豚肉、豆腐などの生産者・中小食品メーカーの直売店開発支援では定評がある。
「即時業績向上」「力相応」をモットーに、すぐに実践できる実現可能な提案を行っています。「生産者、メーカーの自立」をポリシーに、中小企業が市場価格や卸先の影響に負けないで永続できる企業になるためのコンサルティングを行っています。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
その他おすすめの記事