デリバリー事業のリスクとデメリットは? | 飲食店経営や、外食・製菓・宅配・給食などの飲食コンサルタント・食品コンサルタントなら船井総合研究所

フードビジネス.com
コンサルタントコラム

宅配
2017/1/12
デリバリー事業のリスクとデメリットは?
デリバリー事業のリスクとデメリットは?

出前、法人向け弁当宅配、ケータリング、そして置き薬型と、
業態の細分化が進みながら、デリバリー市場はますます活況となっています。

 

元々設備投資等が相対的に低いため、参入企業がどんどん増えていますが、
当然参入にあたってクリアしなければならない問題がいくつかあります。
 
①衛生環境
⇒いつ、どんな環境で食べられるか予測できないため、衛生事故のリスクが通常の食事提供と比較して高まりやすい。
 
②オペレーション
⇒多くの場合、既存の製造工程に新たな工程が加わる(盛り込みなど)ため、
新たに製造体制を整えなければなりません。
さらに、受注業務や配送についてもこれまで経験していなかったオペレーションを構築する必要があります。
 
③商品の品質
⇒そもそも出来立てではない商品を提供するサービスなので、冷めた場合の味や時間経過による劣化など、
味そのもの以外に気をつけるべき部分が多数あります。
 
こういったデリバリー事業全般にいえる問題点に加え、
業態ごとのメリット・デメリットも存在しますが、
これらについてキチンと把握したうえで参入する業態を選定しないと非常に危険です。
 
弊社に入ってくる参入相談案件の中でも、
特に今多くなってきている出前、ケータリング、高級弁当宅配の3つで比較してみても、
 
出前
メリット:既存商品をベースに商品開発できる
デメリット:収益性の低さと当日注文・配送によるオペレーションの難易度
 
ケータリング
メリット:収益性の高さと予約注文
デメリット:パーティを少人数かつ短時間で運営するノウハウが構築できないと、人件費が増大しやすい
 
高級弁当宅配
メリット:収益性の高さと予約注文
デメリット:衛生リスク(より食べられるまでの時間が予測できない)と製造オペレーション
 
と、それぞれのサービス提供形態などによって大きく特徴が異なります。
 
このリスクとデメリットを認識したうえで、
自社にとって最適なビジネスモデルを構築して頂きたいと思います。
 

担当者
チームリーダー / チーフ経営コンサルタント
小林 耕平

入社後30業種以上のコンサルティングに携わった後、宅配・ケータリング業や惣菜業・テイクアウトなどの中食領域のコンサルティングに従事。現在、50名近いフードビジネス支援部のなかでもトップクラスの支援企業数、支援先業績アップ実績を持ち、部内最速で中食部門のチームリーダー及びチーフ経営コンサルタントに昇格。赤字企業のV字回復に向けた即時業績アップから、年商数十億、数百億円企業の次代の戦略作りまで、成功確度の高いコンサルティングには定評がある。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
その他おすすめの記事