2016年に業績を伸ばした地場給食会社の共通点 | 船井総研 フードビジネス支援部

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
コンサルタントコラム

給食
2016/12/27

2016年に業績を伸ばした地場給食会社の共通点

株式会社船井総合研究所 チームリーダー / チーフ経営コンサルタント 野間 元太

2016年に業績を伸ばした地場給食会社の共通点

こんにちは、野間です。

 

今回は、2016年に業績を飛躍的に伸ばされた地場系給食会社様の共通点についてです。
 
去る、2016年12月10日(土)に、
私たち船井総研が主宰する「次世代給食業経営研究会」の年度末『総会』を行いました。
 
総会では、会員様・ご支援先様の中で特に飛躍的に業績を伸ばされた地場給食会社様の表彰式があったのですが、
数ヶ月から1年間で月商500万~1500万の売上増かつ営業利益20~30%の付加を実現された企業様が多数いらっしゃいました。
 
その企業様の共通ルールが下記です。
 
①成長市場での商売に力点を置いた
 
②情報の仕入れに時間と資金を投資した
 
③経営者のスタンスが
「素直」・「プラス発想」・「勉強好き」

 
そして、何よりも重要な共通点が、
④「仕入れた情報を「実践」している
という点です。
 
業績を伸ばされている経営者様ほど、謙虚で、素直で、前向きです。
そして、行動につなげられています。
何をすべきかを「知っている経営者様」はいらっしゃいますが、
実際に「実践している経営者様」は10%以下です。
シンプルにこの「実践力」の部分で大きく差がついているのが現状です。
さらに、「実践している」企業様の中でも、業績の伸び方に大きな差が出ています。
その理由は、正しく「やりきっている」かどうかです。
 
一見すると、同じ ことに取り組んでいるようでも、
「細部の取り組みの質」・「進捗管理の精度」で業績の伸び方に何倍もの差が生まれています。
 
当初、緊張感を持っていた取り組みも、スタートしてある程度の結果が出ると、
早々と「後はよろしく」的なスタンスで担当者に丸投げしてしまうケースも良く見られます。
 
一方で、私がメインで担当させていただいている、業績好調の箱弁給食会社様(一日1.5~2万食クラス)のは、
社長がしっかりと新規事業の進捗管理をされていらっしゃいます。
 
社長が全てに口を出すことが良いとは思いませんが、要所でキッチリ管理をされているのが共通点です。
 
さらに、我々がご提案する事業プランの内容を、「さらに進化させた形で商品化されている」ことも共通ですが、
そもそも、それができるのは、社長ご自身が主体的に取り組んでいらっしゃるからこそだと思います。
 
これらの企業様が継続的に収益力を伸ばされているのも納得です。
 
話は戻りますが、2016年に業績を伸ばした地場給食会社様が取り組んでいたのは、
 
①「高齢者向け弁当宅配」と、
中規模施設以下向けの②「調理済み介護施設向け給食」でした。
 
2017年は、現地に人を1人も送り込まない
③「現地人員0人型社員食堂」が超有望です。
 
また、事例は随時お伝えさせていただきます。
 

担当者
チームリーダー / チーフ経営コンサルタント
野間 元太

給食ビジネス専門のコンサルタント。これまで日本に存在しなかった「給食業における即時業績アップ」のノウハウを確立し、唯一無二の「給食業に特化したコンサルティング」を立ち上げた第一人者。今では日本全国トップクラスのシェアを誇る、某社の「個人宅向け弁当宅配」の立ち上げ等。過去にクライアントに貢献した実績は実に多数。
TBS「がっちりマンデー」などのTV番組や各業界紙に、同氏の支援先成功事例が多数とりあげられている。
年商1億円~年商3000億円の企業まで、事業規模を問わず幅広く業績アップの支援を担当。年間300日、全国各地のご支援先の現場に飛び回っている。
『気持ちの良い社長と、気持ちの良い仕事をする』をモットーに、実現可能性が高く、ダウンサイドリスクの低い、即時業績UPを実現するためのコンサルティングで、数多くの企業に貢献している。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
その他おすすめの記事