通販で売れる商品とマーケットサイズ付加のポイント | 飲食店経営や、外食・製菓・宅配・給食などの飲食コンサルタント・食品コンサルタントなら船井総合研究所

フードビジネス.com
コンサルタントコラム

食品
2016/12/21
通販で売れる商品とマーケットサイズ付加のポイント
通販で売れる商品とマーケットサイズ付加のポイント

「美味しい」
「こだわって造っている」

 

は、当たり前の時代となりました。
単純に、質の高さ“だけ”では選ばれにくいのが現実です。
 
今、食品通販で選ばれる商品のポイントは、以下の通りです。
 
①高頻度
②個食
③時短
④想い、コンセプト、こだわり
⑤地域性
⑥季節性・限定性
⑦美と健康
 
さらに、お客様の予算に合致しているかどうかなども加わり「売れる・売れない」が左右します。
どんなに商品力があっても、「1年に1度しか食べないもの」では大きな売上は作りづらいものです。
 
昨今のライフスタイルから考えますと、
「ちょっとした時にすぐ食べられる」個食・時短商品も選ばれやすくなります。
 
新たな商品を付加をして売上を作ることを「マーケットサイズ付加」と呼びますが、
なんとなく売れそうな商品を投入するのではなく上記を意識することで、
どの時代にも対応した売れる商品を作ることができます。
 
例えば、年間消費量が減少している味噌の場合、
 
・味噌を使った惣菜⇒伸びている中食・惣菜市場
・FD味噌汁⇒選ばれる個食&時短商品
・麹甘酒⇒コンセプト合致商品
 
このような商品の付加により、そのまま売上の積み上げが可能となります。
 
新商品を考える場合、
「どこにもないもオリジナルのものを!」と考える方もいらっしゃいますが、
その前に、上記条件を満たすかどうかを重要視してみましょう。
 

担当者
チームリーダー/チーフ経営コンサルタント
中野 一平

これまで500 以上の様々な食品や蔵の直販・通販事例に携わり、四季を通じたイベント、固定客化、名簿収集活動、蔵祭りなどで実績を上げている。蔵祭り・工場祭などの実績は船井総研でもトップクラス。あらゆる規模の仕掛けを成功させている。自身も販売士2 級の資格を有する。「前向きに実行すれば必ず結果はついてきます」

記事を見る
その他おすすめの記事