Amazonの無人コンビニ展開に見る地方企業の差別化戦略とは? | 船井総研 フードビジネス支援部

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
コンサルタントコラム

宅配
2016/12/15

Amazonの無人コンビニ展開に見る地方企業の差別化戦略とは?

株式会社船井総合研究所 チームリーダー / チーフ経営コンサルタント 小林 耕平

Amazonの無人コンビニ展開に見る地方企業の差別化戦略とは?

皆さま、こんにちは、中食コンサルタントの小林です。

 

先日、ECサイトを運営するAmazonが無人コンビニを展開するとの発表があり、
さらに国内の大手コンビニエンスストアチェーンのローソンも、
無人レジ導入に向けて実証実験を開始するなど、
大手を中心に接客の自動化・省人化を視野に入れて動きはじめています。
 
今後ますます人材不足は進み、より生産性アップへの取り組みが必須になってくるなかで、
宅配・仕出し業の経営者についても省人化へのアンテナを張っていかなければなりません。
 
では地方企業はどこに大手との差別化ポイントがあるかというと非常にシンプルで、
もちろん効率化・生産性アップを図りながら、
いかにポイントを見極めてフェイストゥフェイスのコミュニケーションを増やすことができるかです。
 
宅配における接客で顧客とリアルで接するシーンは大きく、
①入電時
②配送時

です。
 
入電対応におけるチャットシステムの活用によるオペレーターコストの削減や、
配送時における自動配送システムの活用など将来的により効率化のツールは整い、
今後顧客との接触機会はどんどん減っていきます。
 
したがって、注文確定後から当日配送までの間に、
顧客の不安やストレスを取り除くためのフォローを実施したり、
あるいは商品配送時の同梱物(コンセプトシートやメッセージカード)対応で、
「あなただけマーケティング」を行うなど、
より自店をリアルに感じてもらうための施策を強化していくことが、
今後の接客における差別化の要素になってきます。
 
皆様の会社でも、
生産性アップのための省人化に取り組みつつ、
リアルな接客についてもポイントを抑えて進めて頂ければと思います。
 

担当者
チームリーダー / チーフ経営コンサルタント
小林 耕平

入社後30業種以上のコンサルティングに携わった後、宅配・ケータリング業や惣菜業・テイクアウトなどの中食領域のコンサルティングに従事。現在、50名近いフードビジネス支援部のなかでもトップクラスの支援企業数、支援先業績アップ実績を持ち、部内最速で中食部門のチームリーダー及びチーフ経営コンサルタントに昇格。赤字企業のV字回復に向けた即時業績アップから、年商数十億、数百億円企業の次代の戦略作りまで、成功確度の高いコンサルティングには定評がある。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
その他おすすめの記事