ケータリングの類型 | 船井総研 フードビジネス支援部

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
コンサルタントコラム

宅配
2016/12/08

ケータリングの類型

株式会社船井総合研究所 チームリーダー / チーフ経営コンサルタント 小林 耕平

ケータリングの類型

皆様こんにちは、中食コンサルタントの小林です。

 

最近地方の会社様からパーティケータリングに関するご相談を受けることが増えてきました。
 
これまで都市部で成立するビジネスモデルと見られていましたが、
宴会単価減少によるホテル宴会離れなどの影響で、
地方都市でもケータリングの問い合わせが増えてきているようです。
 
ただケータリングと一言で表現してもその態様は様々です。
改めて各類型に分けて見てみると、
 
①ホームパーティケータリング(8,000円超)
⇒別荘のお披露目や富裕層向け。顧客宅で調理することが多い。
 
②ハイグレードケータリング(5,000円超)
⇒VIPや来賓が集まるパーティなど。座食もあり。
 
③葬祭ケータリング(3,000-5,000円)
⇒法要等などでの配膳料理やブッフェ形式のケータリング。
 
④パーティケータリング(2,000-3,500円)
⇒企業の忘年会や納会などの宴会、新入社員歓迎会など。
 
⑤パーティデリバリー(1,500-2,000円)
⇒設営や撤収はなくパーティ料理を使い捨て容器で提供
 
⑥給食系・炊き出し(600-1,000円)
⇒野外での炊き出しやイベントスタッフ向けのケータリング。ホットミール。
 
①から⑥にかけて単価は下がっていきますが、
最も地方で競合が多いケータリングはホテル等が運営する②と給食会社等が運営する⑥のケータリングです。
 
逆に、市場の伸びの割りに地方ではまだまだ競合が少ないものが、
④のパーティケータリングです。
 
このあたり地方ではまだまだ認知が進んでいないためか、
潜在的な需要に気付かれていない企業様が多いようですが、
参入すれば即時一番も実現できる市場ですので、
新たな販路を模索されている企業様は参入を検討されてみてはいかがでしょうか?

担当者
チームリーダー / チーフ経営コンサルタント
小林 耕平

入社後30業種以上のコンサルティングに携わった後、宅配・ケータリング業や惣菜業・テイクアウトなどの中食領域のコンサルティングに従事。現在、50名近いフードビジネス支援部のなかでもトップクラスの支援企業数、支援先業績アップ実績を持ち、部内最速で中食部門のチームリーダー及びチーフ経営コンサルタントに昇格。赤字企業のV字回復に向けた即時業績アップから、年商数十億、数百億円企業の次代の戦略作りまで、成功確度の高いコンサルティングには定評がある。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
その他おすすめの記事