社内意識の統一は共通言語を作るところから | 飲食店経営や、外食・製菓・宅配・給食などの飲食コンサルタント・食品コンサルタントなら船井総合研究所

フードビジネス.com
コンサルタントコラム

給食
2016/12/07
社内意識の統一は共通言語を作るところから
社内意識の統一は共通言語を作るところから

皆様こんにちは。半澤です。

 

先日、ある給食関連会社様の工場視察ツアーを開催させていただきました。
ご参加いただいた皆様ありがとうございます。
 
本日は、その場で非常に強く感じたことをお伝えしたいと思います。
さて、皆様の会社でも年末に差し掛かり、来期の目標や、決算に向けて、
中期経営計画の話を社内ですることも増えてきているのではないでしょうか。
 
しかし、よく聞くのが社内の意思統一がされていなく、
それぞれが違う方向を向きスピード感をもって物事を進めることができないという話しです。
今回の視察ツアーでは自社と他社の強みを活かし、連携連帯の経営をしていくことがこれからの経営に必要です。
ということをテーマに開催させていただきましたが、
ご参加した方から聞こえてくるのは、社外連携もだが、社内連携もしなくてはということでした。
確かに、社長と幹部と現場それぞれが同じ方向を見ていなくては社外連携もありません。
 
そのような問題をクリアするには、共通の何か(モデル企業や、モデル事例)を中心となる方々が一緒の環境で見て、
「あそこのあれ・・・」
「あの企業のあれ・・・」
など共通の言語が必要なのではないかということです。
当然、ご参加Bされた方は社内で何かしら共有をすると思いますが、
それでは現場を見た人と見ていない人で差異が生まれるのは当然のことです。
当然方向性のすり合わせも厳しくなぅてきます。
 
是非、会社の方向性、戦略をつくるメンバーは再度現場主義、モデル主義に立ち戻り、
同じ環境で同じもの(モデル)を見て今後の進むべき方向戦略を決めていただければと思います。

担当者
半澤 広基

法政大学卒業後、船井総研に入社。
EC通販サイトや士業業界など多くの業界のコンサルティングを経て、現在は給食や食品業界で幅広く活躍している。主に介護施設向け給食等、シニアフード業態やWEBマーケティングに強みを持ち、ホームページやリスティング広告からの流入による営業の案件化や、それによる業績アップを得意とする。また最近では、給食・食品会社と介護施設を繋ぎ合わせるポータルサイトの制作にも力を入れている。

記事を見る
その他おすすめの記事