多店舗展開のコツ | 飲食店・食品ビジネスのコンサルティングチーム「船井総研フードビジネス支援部」による情報発信サイト

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
コンサルタントコラム

宅配
2016/12/02

多店舗展開のコツ

多店舗展開のコツ

フードデリバリーグループの春日です。

 

最近、経営者様から「自社のフォーマットで多店舗展開をしていきたい」という御相談が多くなってきました。
本日は店舗展開をしていく上でのコツをお話しします。
 

当たり前ですが、多店舗展開をしていく上で大切なことは出店を成功させることです。
逆に言えば、出店失敗をしないことが一番のポイントになります。
 

それではなぜ出店失敗が起こり得るのでしょうか。
その理由はたった1つです。「お客様が来ない」からです。
 
お客様が来ないのには様々な理由が考えられますが、
主な原因は「立地が悪い」というシンプルなものがほとんどです。
 
要するに多店舗化できるだけの「立地判断ノウハウ」がないことが、
出店失敗の最大の理由ということです。
 
それではどうすれば良い立地判断をできるようになるのでしょうか。
 
それは「正しい売上予測をたてることができるようになること」が大きなポイントになります。
 
船井総研では、例えばテナント出店をする場合
①館の商圏人口と競合の有無・程度
②館の売上・集客力予測
③集客数に対する自社の利用率
④館内競合の影響度
⑤フロア指数・場所による影響の考慮
⑥自社獲得客数×客単価

で想定売上を出します。
 
このように、まずは自社での売上予測のノウハウを構築していくことが
出店成功の近道といえます。
 

担当者
春日 大輝

関西学院大学卒業後、大手食品メーカーに入社。
食品メーカーでは量販店担当の営業マンとして現場の最前線で活躍。船井総研に転職後は食に関する企業の支援に徹底的にこだわり、20社を超える支援やプロジェクトに加わり成果を上げる。宅配・ケータリング業を専門としてからも、「答えは現場にしかない」というポリシーの下、徹底的に現場レベルの具体的な提案にこだわり続ける異色のコンサルタント。自分で現場に足を運んで得た生々しい事例を基に構築した戦闘レベルの提案に、船井流のマーケティング戦略を掛け合わせたユニークな提案には定評がある。

記事を見る
その他おすすめの記事