冷凍食品の可能性 | 船井総研 フードビジネス支援部

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
コンサルタントコラム

スイーツ
2016/11/30

冷凍食品の可能性

株式会社船井総合研究所 チームリーダー シニア経営コンサルタント 横山 玟洙

冷凍食品の可能性

11月23日、イオンが新たに展開する冷凍食品専門店が青山にオープンしました。
フランスを拠点にヨーロッパで1000店舗展開している
冷凍食品専門店「ピカール」の日本路面店1号店です。

 

2年前からイオンのSCで食料品コーナーの一部でピカールを展開してましたが、
今回は初の路面店。まずは3店舗を早期展開すると発表しています。
 
日本の冷凍食品市場は業務用は横ばいかダウントレンドですが、一般消費者用は年々増加傾向。
 
何より先進国で断トツの食糧廃棄率20%を超える日本において、冷凍食品やフリーズドライの市場は
単なるマーケットの変化というよりも日本の国家的課題を解決する可能性を秘めています。
 
廃棄率を減らすことで自然と食糧自給率も上がるでしょう。
 
まだまだ成熟していない日本の冷凍食品市場が今後どう発展していくか?
 
近い将来、家庭用冷蔵庫の冷蔵スペースと冷凍スペースの容量が逆転するかもしれませんね。
 
引き続き注視していきたい分野です。
 

担当者
チームリーダー シニア経営コンサルタント
横山 玟洙

船井総研入社後、食品メーカー・小売店のコンサルティングに従事。船井流の食品小売のノウハウを活かし、小売店の活性化はもとより、メーカー・卸の直販事業強化や6次産業化を専門にコンサルティングを行っています。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
その他おすすめの記事
コンサルティングレポート