注文率を高める弁当宅配の電話対応 | 飲食店・食品ビジネスのコンサルティングチーム「船井総研フードビジネス支援部」による情報発信サイト

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
コンサルタントコラム

宅配
2016/11/18

注文率を高める弁当宅配の電話対応

注文率を高める弁当宅配の電話対応

皆様こんにちは
フードデリバリーグループの柳生です。

 

今回は注文率を高める弁当宅配の電話対応というテーマでお話しさせて頂きます。
 
弁当宅配事業で「接客」というと大きく分けて3つで
注文受付、配送時、同封物となります。
 
今回はその中の電話対応についてお話しさせて頂きます。
 
電話対応を強化することで注文率のアップが期待できます。
 
電話対応の重要な要素して
大きく分けてヒアリングと提案の2つがあります。
 
弁当宅配事業は目的注文性が高いため、基本的になにかの目的で注文することになります。
そのためまずはどんな目的で注文するのかをきちんとヒアリングすることが重要になります。
 
このヒアリングをふまえて提案することで注文率の向上が見込めます。
 
例えば上棟式であれば、
上棟式ではお弁当ではどういうものが好まれて
一般的にはどのぐらいの予算での注文が多くてといった情報までお伝えし
自社の商品出ればこれとこれが良く出ていますという風に提案することが重要です。
 
さらに商品の提案でけでなく、
慶事ごとならご飯の赤飯変更や、風呂敷対応などの細かい部分まで
提案できることがベストです。
 
お客さんのなかには初めての行事でどんな商品を注文したらいいのかすら
わかっていないという場合もあるため一般的な相場感→自社商品→各種対応の
紹介という流れで提案することで効果が見込めます。
 
最低限の間違えないというレベルではなく
注文時のヒアリングを徹底し、提案することで
注文率アップ、単価アップが可能になります。
 
一度自社の電話対応を見直してみてはいかがでしょうか?
 

担当者
柳生 紘輝

入社以来、一貫して宅配・ケータリング業界を中心とした
フードビジネスのコンサルティングを経験。
現場主義をモットーとし、SEO対策やPPC広告の代行業から
HP構成企画まで戦闘レベルでの豊富な経験を活かした
WEBマーケティングでの即時業績UPに定評がある。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
その他おすすめの記事