季節商品は腹八分目で | 飲食店経営や、外食・製菓・宅配・給食などの飲食コンサルタント・食品コンサルタントなら船井総合研究所

フードビジネス.com
コンサルタントコラム

製菓
2016/11/07
季節商品は腹八分目で
季節商品は腹八分目で

季節商品やイベントなどの特別商品の販売で、その商品が思ったよりも
お客様に好評だった時など、「どのぐらいの時期まで販売したらいいのか」聞かれることがあります。

 

特に売上が良かった時などは、「お客様からの要望がある」ということで、
「今後も継続的に販売すべきかどうか」と悩むことになるようです。
 
もちろん、商品にもよりますが、こういったときにお伝えしていることは、
最初から限定販売と考えていたものは、当初の計画どおりで一旦販売を終えるべき、ということです。
 
よく、健康の秘訣として、「腹八分目」と言われます。
この「腹八分目」は、もともとは江戸時代の儒学者、本草家、教育家である
貝原益軒の医学書『養生訓』に書かれた
『珍美の食に対するとも、八九分にてやむべし。十分に飽き満つるは後の禍なり』
という一節が語源だと言われていますが、
やはり健康のためには「食べ過ぎない」ということが重要のようです。
 
商品の販売でも、同様に「もっとほしいのに!」と言われるぐらいがちょうどいいものです。
 
仮に、「腹いっぱい」ぐらいまで提供してしまうと、
「もう、いらない」というところまでいってしまい、
せっかく販売当初は好評だったその商品も次第に販売数量が落ちていき、
最後には「売れない商品」になり、消えていく可能性があります。
 
さらに、「食べ過ぎた」までいってしまうと、
結果として「もう、二度と食べたくない」
とその商品を嫌いになってしまう可能性も出てくるのです。
 
季節商品やイベントなどの特別商品として販売したものは、
「もっと売れるのに」という状況であったとしても、
あえて早めに切り替えを行っていくことで
「来年(次回)こそはもっと買うぞ」
という想いを持っていただくことができるのではないでしょうか。
 
結果として、そういう商品が、季節やイベントの集客商品として
長い期間自店で活躍する商品となっていくことができるのです。
 
そんなことを意識していた菓子店では、季節商品の販売の最終段階で商品販売カウントダウンをしました。
 
まずは、おおよその販売終了時期を告知し、
その中で、最終個数が見えてきた時から「あと○個です」とPOP表示をしました。
 
販売終了時期が、日々近づきつつある商品。
 
そして、あとわずかとなっていく。
 
結果、「もう最後だから」と多くのお客様にお買い上げいただき、
想定していたよりも早い時期に大変惜しまれながら販売終了することができ、
「来期は販売開始カウントダウンから始めよう」などと検討しています。
 
こういった、お客様を「腹八分目」にしながら、
季節限定のヒット商品づくりをしていってはいかがでしょうか。
 

担当者
経営コンサルタント
田中 渉

菓子店専門コンサルタント。和菓子店、洋菓子店、併売店、その他各種菓子店に関わるコンサルティングに10年以上携わる。現場にしか答えはないという信念から、少しでも気になることがあると現場に出かけていきルール化を行う。現場から得られた数々の具体的、実践的なノウハウに対する顧客の信頼は厚い。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
その他おすすめの記事