飲食店の宅配参入 | 飲食店経営や、外食・製菓・宅配・給食などの飲食コンサルタント・食品コンサルタントなら船井総合研究所

フードビジネス.com
コンサルタントコラム

宅配
2016/11/02
飲食店の宅配参入
飲食店の宅配参入

フードデリバリーグループの船越です。

 

飲食店が宅配事業をスタートさせることのメリットとは、改めて何なのでしょうか?
 
本格的な工場を作ってやるわけではない場合、宅配を提供する側にとってのメリットは、
「既存厨房で」
「既存人員で」
「既存食材が使えて」
「お店にこられないお客様にも販売できる(=利用用途が広がる)」
といったところです。
 
では、宅配を利用するユーザー側にとってのメリットとは、一体なんでしょうか?
 
上記の部分提供する側と被るのは、
「お店にこられないお客様にも販売できる(=利用用途が広がる)」
というところです。
 
他には、
「(知っている)飲食店が作っているという安心感」
があげられるでしょう。
 
しかしながら、宅配事業を付加される飲食店がどのような形をとるかというと、
上記とは異なった動きになっているかと思います。
 
「(知っている)飲食店が作っているという安心感」が損なわれた商品・サービスが横行しているということです。
包材だけ豪華になっていたり、熨斗紙だけきれいであったり、一部食材だけ名物商品だったり・・・
中には、ブランドは知っている飲食店だがOEMで外注している、ということも少なくありません。
 
改めて、本業の飲食業に傷をつけないよう、
ユーザー側のメリットを考えたうえで宅配事業を展開していきましょう。
 

担当者
マーケティングコンサルタント
船越 良

新卒で入社以来、船井総研で飲食仕出し・宅配専門にコンサルティングを行なっている。
飲食店、仕出し会社、給食会社などに年間300日以上お伺いし、現場で即時業績アップする立上げと活性化をサポートしている。勉強会組織、『ケータリング・宅配研究会』を運営。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
その他おすすめの記事