今取り組みたい!お食い初め! | 飲食店経営や、外食・製菓・宅配・給食などの飲食コンサルタント・食品コンサルタントなら船井総合研究所

フードビジネス.com
コンサルタントコラム

宅配
2016/10/28
今取り組みたい!お食い初め!
今取り組みたい!お食い初め!

宅配・仕出し業で是非取り組んで頂きたい商品の1つに
お食い初め商品があります。

 

今お食い初め?と思われる方も多いと思いますが
少子高齢化の現在でも子供一人あたりの支出額は増え続けています。
 
そんな子供向け市場の獲得の入り口商品になるのがお食い初めです。
 
インスタグラムの投稿で「#お食い初め」の投稿が110,000件以上あり
現在ひそかなブーム
となっています。
 
お食い初めとは一般に子供が生まれて100日前後に行われる儀式で
料理は鯛を中心に赤飯、お吸い物、煮物、香の物などで
歯固めの石や専用の器を準備します。
 
飲食店で行われることもありますが
生後100日の子供を連れて飲食店につれていくのは
気が引けるという家庭も多く
家庭で鯛をまるごと調理するのは難しい
そもそもどういった料理を作ればいいのかわからないなど理由で
宅配のお食い初め料理を注文し
自宅でゆっくり行うというケースが増えてきています。
 
こういった需要を獲得するためにHPや販促物に
お食い初めとはどういう儀式なのか
どういう手順で行うのか
を記載し、必要な準備物は全て揃えて宅配できますという
打ち出しにすることが重要です。
 
お食い初め商品の価格は地域性にもよりますが
一般的に5,000円~10,000円が相場となっています。
この範囲内で鯛のサイズや器の回収の有無で
値段を変更する形が基本となっています。
 
このようなお食い初め商品を販売することで
 
①子供の名簿の獲得
②慶事イメージの付加

 
という2つのメリットがあります。
 
1つ目に関してはお食い初めの名簿を獲得することで
ハーフバースデー、誕生日、七五三などお祝いごとの日程を逆算することができ
DMなどの販促に活用することができます。
 
もう一つはお店のイメージとして「祝い・ハレの日」という
イメージを付加することができます。
 
子供の名簿の獲得
祝い・ハレの日利用のイメージ作りのためにも
お食い初め商品の販売をはじめてみてはいかがでしょうか?
 

担当者
柳生 紘輝

入社以来、一貫して宅配・ケータリング業界を中心とした
フードビジネスのコンサルティングを経験。
現場主義をモットーとし、SEO対策やPPC広告の代行業から
HP構成企画まで戦闘レベルでの豊富な経験を活かした
WEBマーケティングでの即時業績UPに定評がある。

記事を見る
その他おすすめの記事