仕出し事業業績UPへの近道 | 船井総研 フードビジネス支援部

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
コンサルタントコラム

宅配
2016/10/06

仕出し事業業績UPへの近道

株式会社船井総合研究所  春日 大輝

仕出し事業業績UPへの近道

フードデリバリーグループの春日です。

 

今回のコラムでは、改めて高級弁当宅配事業業績UPへの近道についてお話します。
 
成功される経営者は物事や一つの仕事を「要素分解」する力に長けています。
 
私たちのお付き合い先で業績を伸ばされている経営者は、
 
新規集客に力を入れるのか?
リピート対策に力を入れるのか?
商品力UPに力をいれるのか?

 
自社の状況を鑑みて「行動」できるレベルまで細分化して実行しています。
 
では、高級弁当宅配事業はどういった要素で成り立っているのでしょうか。
 
高級弁当宅配事業を大きく6つの要素に分かれます。
 
①新規集客
②問い合わせ誘導
③問い合わせ対応
④商品製造
⑤配送対応
⑥リピート対策

この6つです。
 
地域一番店を目指すためには、この6つの要素全てで競合を包み込む必要があります。
しかし、この6つ全てに力を入れることは現実的に難しいかもしれません。
 
ここで必要な考え方は「長所伸展」という考え方です。
まずは自社の得意な要素、地域一番になれる要素はどこかを分析し、
徹底的に長所伸展で一点突破を図るのです。
 
「一点突破」からの「全面展開」。
これが成功のポイントです。
 
1つの事業を成長させる為に、今何をしなければならないのか?
大枠をとらえ「要素分解」をする癖づけをしてみてはいかがでしょうか。
 

担当者
春日 大輝

関西学院大学卒業後、大手食品メーカーに入社。食流通の最前線で具体的ノウハウを取得した後、船井総研に転職。転職後も食に関する企業の支援にこだわり、現在は宅配・ケータリング業を専門としている。月20日以上を現場でのコンサルティングに費やし、支援先数は社内でも随一。戦闘レベルの提案から中長期的な戦略構築まで、経営者に徹底的に寄り添うコンサルティングスタイルには定評がある。

記事を見る
その他おすすめの記事