給食業の課題は、規模に関係なく一緒。 | 飲食店・食品ビジネスのコンサルティングチーム「船井総研フードビジネス支援部」による情報発信サイト

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
コンサルタントコラム

給食
2016/9/09

給食業の課題は、規模に関係なく一緒

給食業の課題は、規模に関係なく一緒

野間です。
 
8月は30社ほどの給食会社様とお会いしましたが、
 
1億円の弁当給食会社様も、10億円の弁当給食会社様も、
30億円の弁当給食会社様も、1000億円の受託給食会社様も、
 
お悩みの内容はほとんど変わりません。
 
①「人が足りない。採用できない。」問題
 
もう耳タコ状態の「ヒト不足問題」。
 
採用広告費も年々どんどん上がり、
 
最低賃金もドンドン上がり。。。
 
人に依存するビジネスモデルが
ますます難しくなっていくことがわかっている今、
 
「人手をかけずに拡大できる事業モデル」
「生産性の高い事業モデル」
 
を、育てていかないといけません。
 
以前のコラムに掲載した
現地人員0人型社員食堂」などは
その一例です。
 
②「営業がうまくいかない」問題
 
営業マンが成果を出せないでいる。というお悩みも共通です。
 
「欲しい人」に売っていますか?
「売れるもの」を売っていますか?
「売れる売り方」で売っていますか?
 
地場系弁当給食業の強みは、
 
「どこよりも安く」「価格納得感のある味」を「毎日変わる献立」で、
「直前まで変更対応」して提供できることです。
 
その価値が伝わる
 
「ターゲット」・「商品形態」・「価格」・「営業手法」であるか?
 
今結果が出ていないということは、
何かが間違っているということです。
 
今一度見直してみるのはいかがでしょうか?
 

担当者
チームリーダー / チーフ経営コンサルタント
野間 元太

給食ビジネス専門のコンサルタント。これまで日本に存在しなかった「給食業における即時業績アップ」のノウハウを確立し、唯一無二の「給食業に特化したコンサルティング」を立ち上げた第一人者。今では日本全国トップクラスのシェアを誇る、某社の「個人宅向け弁当宅配」の立ち上げ等。過去にクライアントに貢献した実績は実に多数。
TBS「がっちりマンデー」などのTV番組や各業界紙に、同氏の支援先成功事例が多数とりあげられている。
年商1億円~年商3000億円の企業まで、事業規模を問わず幅広く業績アップの支援を担当。年間300日、全国各地のご支援先の現場に飛び回っている。
『気持ちの良い社長と、気持ちの良い仕事をする』をモットーに、実現可能性が高く、ダウンサイドリスクの低い、即時業績UPを実現するためのコンサルティングで、数多くの企業に貢献している。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
その他おすすめの記事