飲食店の人材を定着化させる6つのポイント | 飲食店・食品ビジネスのコンサルティングチーム「船井総研フードビジネス支援部」による情報発信サイト

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
コンサルタントコラム

外食
2016/9/08

飲食店の人材を定着化させる6つのポイント

飲食店の人材を定着化させる6つのポイント

こんにちは。
フードビジネス支援部の原 康雄です。
 
飲食店では、近年まれに見る採用難です。
この厳しい経営環境で、求める人材を採用することは、ますます難しくなっていくでしょう。
経営の世界でよく言われるのが、
「新規客を1人獲得するためのコストは、既存客を1人維持するコストの数倍かかる」という考え方。
これは、人材の世界にも当てはまります。
新しい人材を採用するよりも、既存のスタッフを維持させるほうが、ずっと効率が良いわけです。
 
では、どうすれば飲食店において、スタッフの定着率は上がるのでしょうか?
人材の定着には、次に述べる「6つのルール」があります。
(1) お金(給与、ボーナス)
(2) 労働環境(労働時間、休日)
(3) 人間関係
(4) 仕事のやりがい
(5) 会社への共感
(6) キャリアプラン
これらが満たされているかがポイントです。
 
定着率を上げるために、給与制度を整えたり、
時短や福利厚生の充実によって労働環境改善を図る等に取り組んでおられる飲食店も多いでしょう。
これらはもちろん、労働環境が問題となりがちな飲食店においては、定着率アップのための必要条件です。
しかし、十分条件ではありません。
社員がやりがいを感じ「ずっとこの会社で働きたい」と感じるには、
給与や労働時間などの「スペック」ではない、より高次元の欲求を満たす必要があります。
 
それが、ここで示した(4)~(6)の「仕事のやりがい」「会社への共感」「キャリアプラン」です。
これらを具体的に示し、社外、社内ともに発信していくことが重要です。
特に、採用面において「この会社に入ってどんな道を歩めるのか?」というキャリアプランは、
求職者にとって大きな関心ごとのひとつです。
これらを明確にして発信することは、採用においても効果的です。
 
よく聞かれる退職理由のひとつに「先が見えない」という言葉があります。
「先」とは、つまり将来のこと。
会社の将来が見えない、ここで働いていて自分の明るい将来を描けない、という意味です。
だから、会社は先を見せてあげる必要があるのです。
「会社の将来」とは、つまりビジョンのこと。
「個人の将来」とは、すなわちキャリアプランです。
これらを明確に示し、社員に提示するとともに、折に触れて伝え続けていくことです。
 
人材難の今、どうしても採用することばかりに意識が行きがちです。
しかし、採用と同時に、定着化の仕組みを構築しなければ、
せっかく採用した優秀な人材も流出してしまう可能性があります。
ぜひ、採用と定着化を両輪で推進していきましょう。
 

担当者
チームリーダー/人財マネジメントコンサルタント
原 康雄

大手フランチャイズチェーン店人事部を経て、船井総合研究所入社。研修・人財育成のプロフェッショナル。主に店長研修、sv研修、スタッフ研修を得意とする。大手商業施設における食品・物販の幹部研修のリーダー講師を務めるほか、大手メーカー向けの若手スタッフ研修、事業計画策定研修など、幅広く人財育成に携わり、業績アップを実現している。また、人財採用支援や評価制度構築など、マネジメント指導において高い評価を得ている。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
その他おすすめの記事