ポイントカード制度でしっかりと「リピーター」を作るためには? | 日本最大規模の飲食業・食品ビジネスのコンサルティングチーム「船井総研フードビジネス支援部」の情報発信サイト

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
コンサルタントコラム

給食
2016/9/07

ポイントカード制度でしっかりと「リピーター」を作るためには?

ポイントカード制度でしっかりと「リピーター」を作るためには?

いつも大変お世話になっております、船井総研の今西です。
 
先日ポイントカード制度の導入をお勧めするコラムを執筆させて頂きましたが、
これを機会として新しく取り入れた企業様も少なからずいらっしゃるかと思います。
 
さて、ポイントカード制度を導入するの主たる目的は「リピーター」顧客を作ることです。
 
しかし、制度を導入してポイントカードをただ作っただけでは、最大限の成果を
得ることはできません。
というよりも、お客様に配布したとしても、すぐに捨てられてしまいます。
 
そのため、ポイントカードを作成したら、最初から複数個スタンプなりハンコなりを
あらかじめ押しておくことをお勧めいたします。
 
もしくは、データ等で各お客様のこれまでの注文状況等が常に把握できるという
状態であれば、その分だけ最初から押しておくことが、より望ましいと思われます。
 
場合によっては、最初の段階から特典条件を満たすだけのポイントが付くことも
あるかもしれませんが、そのお客様にはしっかりと特典も付けると、
今後更に繰り返し注文してもらえる可能性が高まるでしょう。
 
以上のような工程を地道に行うことによって、ポイントカードを捨てられる可能性を
低く抑え、かつ決して安価でない販促費を最大限生かすことができます。
 
そして何より、すぐに取り組んで頂ける内容となっていると思います。
 
ぜひこの機会に、ポイントカード制度を更に改善していき、少しでも皆様の会社の
業績アップに結び付いていきますと幸いです。
 

その他おすすめの記事