介護施設の食事マーケットの動向 | 飲食店経営や、外食・製菓・宅配・給食などの飲食コンサルタント・食品コンサルタントなら船井総合研究所

フードビジネス.com
コンサルタントコラム

給食
2016/8/29
介護施設の食事マーケットの動向
介護施設の食事マーケットの動向

最近ありがたいことに、お付き合い先の企業様以外で、
介護施設給食の事業をされている方とお会いさせていただく機会が多くあります。
 
この「介護施設給食」の市場、大きく分けると
「委託型」と「調理済み製品導入型」の、大きく2つに分かれます。
 
つまり、現地施設の厨房でつくってもらうか、調理済みの商品を仕入れて、温めて盛り付けるか。
 
市場規模としては、全体の7割~8割は「委託型」が占めているのが現状です。
というのも、当たり前の話ですが、「委託型」の平均1食相場は600円~700円に対し、
「調理済み」の単価は1食200円~300円。委託の方が現地スタッフの人件費、
および委託管理費を伴う分、単価が2~3倍ほども違うのです。
 
この状況から、察しの早い方はお分かりの通り
「市場規模」ではなく「食数」として見たとき、つまり「求められている数」としては、
「委託」も「調理済み」も、そう大差なく拮抗しています。
そしてこの構成比も、徐々に逆転傾向へと変化しつつあるのが実際です。
 
その変化の主導になっているのが、業界内におけるいわゆる大手企業の体制にあります。
これまで「委託型」で大型の介護施設を開拓してきた介護給食プレイヤーが、
「チルド」の「調理済み商品」開発をどんどん進めてきているのです。
 
なぜ、あえて単価の低い調理済み商品開発に力を入れるのか?
実際にヒアリングの中で多く聞かれたのは「人材採用難」。
 
「委託型」のモデルでは、常に現地スタッフ採用が不可欠となります。
 
しかしご存知の通り、
近年は「求職者数」と「採用したい企業の数」のバランスが大きく崩れてきています。
 
これら大手も例外ではなく、採用コストの増大、およびスタッフの調理技術の低下、
求められる食事単価のニーズの変化等、従来の提供サービス以外を、模索せざるを得なくなってきました。
 
私のご支援先企業様にも、常に推奨するのは「調理済み商品」の開発。
特に地域密着スタイルの中小企業においては、こちらの方が理に適うケースが非常に多いです。
 
今後この「介護施設の給食」市場は、益々拡大していきます。
かつ、施設のニーズも、年々顕著に高まってきています。
 
この「時流」にどれだけ適応できるかが、今後の生き残りの大きな分かれ目です。
 

★直近の給食業セミナー・ツアー情報★

 「日本一カッコイイ給食会社」を視察する モデル企業現地視察ツアー
 「給食会社が“大学卒”の!新卒社員を採用なんてムリ!!」は、
真っ赤なウソ!
-----------------------------------------------------------------------
 200人の大学生から応募殺到!新卒社員を毎年採用し、
業績を伸ばし続ける給食会社の実際とは?
 「新卒採用×理念経営×業績アップ」の実態を現場視察を通して学ぶ、
1日限定ツアー!
-----------------------------------------------------------------------
開催日:2016年9月9日(金)
場所:9:30 JR名古屋駅集合、16:30JR名古屋駅解散予定

 TEL:03-6212-2223 (平日 9:30~18:00)
 FAX:0120-974-111 (24時間受付中)

webからのお申込みはコチラから
http://www.funaisoken.co.jp/seminar/009671.html
●申込みに関するお問い合わせ :勝間(カツマ)、積山(ツミヤマ)
●内容に関するお問い合わせ :半澤(ハンザワ)
介護施設の食事マーケットの動向
担当者
経営コンサルタント
吉澤 恒明

近年急成長市場となっている「シニア向けフードビジネス」専門コンサルタント。
DMやWEBを駆使したダイレクトマーケティングモデルで、クライアントに対して年間数千万円規模の
業績アップに貢献。
特に、新規事業参入案件の数は過去50件以上。ゼロからの事業戦略構築から計画策定、営業
スキーム構築、販促ツール作成、営業マン強化など、立ち上げから実行、展開までを全面的に支援するのが得意。
「おいしい『食』を提供する強い企業づくり」を目指し、年間300日以上をクライアントの支援や行脚に費やす。

記事を見る
その他おすすめの記事