食品はパーソナルギフトを狙え! | 日本最大規模の飲食業・食品ビジネスのコンサルティングチーム「船井総研フードビジネス支援部」の情報発信サイト

フードビジネス.com
コンサルタントコラム

食品
2016/8/19

食品はパーソナルギフトを狙え!

食品はパーソナルギフトを狙え!

まもなく、今年の夏・中元商戦が終了いたしますがいかがでしたでしょうか。
 
弊社ご支援先の多くは、新商品を付加し、顧客名簿も増やしているため前年は上回りましたが、
内容を細かく見ますとやはりギフトは減りました。
 
・法人ギフトの様に、数箇所に送るお客様が減った
・ご挨拶としては歳暮だけにして中元ギフトはやめた
・そもそも中元ギフトの習慣がなくなってきた
などが要因と考えられます。
 
今まで中元、歳暮で大きく売上を作ってきた企業には頭の痛いところですが、
お客様のライフスタイル、購買スタイルの変化であるため受け入れ、
その中でどうするかを考えていきましょう。
 
対策のひとつとしては、中元というよりも「夏ギフト」として考え、
中押し、後押しなどの提案力によって購入頻度、チャンスを増やすことです。
中元のお返し、お盆用に最適な商品、季節限定商品などをお知らせすることで売上は作れます。
実際、中押し実施企業では、限定商品の反応は高いものとなりました。
 

パーソナルギフトを狙え!

中元、歳暮ギフト減の対策のもうひとつは、パーソナルギフト(カジュアル)の獲得です。
パーソナルギフトとは簡単に申しますと、個人で使う贈り物や挨拶用ギフトです。
その中でも内祝いマーケットが狙い目です。
各業種で取り込みに力を入れつつあり、この市場を狙わない手はありません。

常にカタチにしてアピールし続けよ!

パーソナルギフトとしてシェアの高い内祝いとしては、
長寿のお祝い、結婚内祝い、快気祝い、上棟のお祝いなどが挙げられます。

また、出店や退職のお祝いなども存在しますが、
業種により「うちはこういう時に使われるな」というものが頭に浮かんでいることと思います。

ただし、これらの内祝いは、声をかけたから、DMを送ったからすぐ注文が来るといった類のものではありません。
「うちは内祝い用の商品・サービスをきちんと揃えていますよ」
ということをカタチにして“常にアピール”することで、お客様の認知度も上がり、ジワジワと注文が増加するのです。

カタチにするとは、具体的には以下が挙げられます。

①年数回のDMチラシ・カタログに情報を載せる
のし、包装サービス、ラベル酒などによって内祝い(他弔事なども)への対応を毎回掲載

②専用チラシを作り配る
簡単なものでも構いません。1,000円~10,000円迄の予算の幅、
のしサービス等を行っていることを専用チラシにして通販購入者や店舗で配布しましょう。

③ギフトコーナーを作る
以前のコラムでお伝えした通り、店舗をお持ちの場合はギフトコーナーを作り、
誰が見ても分かるようにしましょう。

意外とできないお店も多いです。

「言われたらもちろん対応する」ではなく、常に見せることで、お客様が必要なシーンに出くわした際、
「そう言えばあそこにあったな」と選択肢のひとつになります。
担当者
チームリーダー/チーフ経営コンサルタント
中野 一平

これまで500 以上の様々な食品や蔵の直販・通販事例に携わり、四季を通じたイベント、固定客化、名簿収集活動、蔵祭りなどで実績を上げている。蔵祭り・工場祭などの実績は船井総研でもトップクラス。
あらゆる規模の仕掛けを成功させている。
自身も販売士2 級の資格を有する。
 
「前向きに実行すれば必ず結果はついてきます」

このコンサルタントに相談する
記事を見る
その他おすすめの記事