弁当宅配で業績を上げる、5つのポイント | 飲食店経営や、外食・製菓・宅配・給食などの飲食コンサルタント・食品コンサルタントなら船井総合研究所

フードビジネス.com
コンサルタントコラム

宅配
2016/8/10
弁当宅配で業績を上げる、5つのステップ
弁当宅配で業績を上げる、5つのステップ

成長期である、法人向けの高単価のお弁当宅配事業。
 
実際にお付き合い先でも業績は好調で、
・参入3年で年商2.3億円・営業利益率19.4%で着地
・赤字事業が年商1.5億円・営業利益率15%に好転
・地域一番シェアを獲得したのち、平均して昨対120%で成長
 
などなど、良いお声を多く頂く事があります。
 
業績アップには、【長所伸展×市場の成長性(時流適合)】が必要になりますが、
そこが合致した際の強みを改めて感じる事が出来ます。
 
さて、この事業は市場の成長性は顕著ですが、
どう長所を絡めていけば良いのか?大事な5つのステップがあります。
 
それは、
1.一番化(一番になれるカテゴリーを作る)
2.包み込み化(その一番のカテゴリーを深堀していく)
3.主導権化(取引先からの提案主導権・価格主導権を取る)
4.一体化(社内のオペレーションを一番カテゴリーを軸に組み上げていく)
5.効率化(絞り込むことで無駄なコストを削減し、収益を上げていく)

 
この順番で考えるという事です。
まず、ロケットスタートを実現するには1.と2.が必要になります。
ここを力相応の中で、どこまで高めていけるか?が肝になります。
 
そして、シェアを確保できたら3.で収益性を強化していき、
次に、4.5.の内部強化で更に攻める事の出来る体制構築が必要になっています。
 
このステップで業績はしっかり高めていく事が出来ます。
あくまでも上記の順番がとても大切になりますので、またご参考になりますと幸いです。
 

担当者
グループマネージャー シニア経営コンサルタント
堀部 太一

船井総研フードビジネスのグループマネージャー。船井総研史上最年少でグループマネージャーに。専門領域は中食・デリバリー業。
「食を通じての豊かさの提供」をコンサルティングを通じてどう実現出来るか?を日々考え、毎月25日以上全国を飛び回り、業績アップサポートを行う。

記事を見る
その他おすすめの記事