年末の販促は9月が勝負! | 船井総研 フードビジネス支援部

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
コンサルタントコラム

宅配
2016/8/05

年末の販促は9月が勝負!

株式会社船井総合研究所  春日 大輝

年末の販促は9月が勝負!

皆様こんにちは。フードデリバリーグループの春日です。
今日は弁当宅配事業の年末の販促についてお話しします。
 
おせち、オードブル、寿司の宅配をしている会社様の最大の繁忙期は
クリスマスを含む年末年始であるかと思います。
 
それでは12月の売上を最大化するために、
全国の繁盛店はどのような販促を行っているのでしょうか。
時系列順に下記にまとめてみました。
飲食繁盛時系列
これを見て分かって頂けるように、
お盆明けすぐに年末の計画を策定しなければ12月の売上は最大化できません。
 
11月末の時点で12月の売上目標の50%は予約で埋まっているよう、
早め早めの対策を取ることをお勧めします。
 
どのようなチラシを作ればよいのか、どのようなWEB販促を行えばよいのか、
何か分からないことがございましたら、お気軽にご相談下さいませ。
 

経営相談、初回無料です。
https://www.funaisoken.ne.jp/mt/funai-food-business/soudan-inquiry.html

担当者
春日 大輝

関西学院大学卒業後、大手食品メーカーに入社。食流通の最前線で具体的ノウハウを取得した後、船井総研に転職。転職後も食に関する企業の支援にこだわり、現在は宅配・ケータリング業を専門としている。月20日以上を現場でのコンサルティングに費やし、支援先数は社内でも随一。戦闘レベルの提案から中長期的な戦略構築まで、経営者に徹底的に寄り添うコンサルティングスタイルには定評がある。

記事を見る
その他おすすめの記事