販促で伸びている給食会社の発想法 | 飲食店経営や、外食・製菓・宅配・給食などの飲食コンサルタント・食品コンサルタントなら船井総合研究所

フードビジネス.com
コンサルタントコラム

給食
2016/7/29
販促で伸びている給食会社の発想法
販促で伸びている給食会社の発想法

野間です。
 
給食業の販売促進は、売上100億~1000億の総合給食会社も、
売上1億~20億の地場系給食会社も、
現時点で、実践されている販売促進の基本手法は変わりません。
 
ですが、地域NO.1シェアの地場系弁当給食会社の社長達は
手法は変わりませんが、違う発想を持ってコトにあたっています。
 
ここで重要なのは、総食数・総売上ではなく、
「自社商圏における『シェアがNO.1』の会社が伸びている」というところです。
 
地域シェアNO,1の企業は、最終的には勝手に食数が集まっていきます。
 
ですので、彼らは無理にはしかけず、
「座して待ち、疲弊した相手が泣きついてくるのを待つ」
という販売促進手法をとっています。
 
結果的には、「好条件での吸収・買収」というのが着地です。
 
現状を俯瞰しての陣取り合戦。攻めるだけが販売促進ではないのです。
 

担当者
チームリーダー / チーフ経営コンサルタント
野間 元太

給食ビジネス専門コンサルタント。産業給食・介護施設給食・個人宅への配食事業を中心に、
新しいビジネスモデルを構築し、業績を飛躍的にあげることを得意としている。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
その他おすすめの記事