社員食堂事業は強いWEBサイトがないと伸ばせない! | 飲食店経営や、外食・製菓・宅配・給食などの飲食コンサルタント・食品コンサルタントなら船井総合研究所

フードビジネス.com
コンサルタントコラム

給食
2016/7/15
社員食堂事業は強いWEBサイトがないと伸ばせない!
社員食堂事業は強いWEBサイトがないと伸ばせない!

本日は、日本国内で1.3兆円のビックマーケットである
社員食堂事業をやっている方にお送りさせていただきます。
 
社員食堂の市場規模は、安定推移をしていますが、プレイヤーは飽和状態にあります。
つまり、社員食堂を持っている会社の数は増えていないのです。
その限られたパイをプレイヤー同士が争うのですから当然甘い市場ではありません。
そうなると基本的に新しいお客様を見つけるには、ほかの競合他社の食堂をひっくり返すしかないのが現状です。
 
つまり既存の委託先に不満を抱えていたり、問題があったときにしか「他の会社に頼もう」とはならないのです。
では、そのような見込み顧客になりうるお客様は何で情報を探すかといったら
「WEBサイト」が圧倒的なウエイトを占めてくるのです。
 
そしてその検索で、あなたの会社名を入れて探すことはほぼないといってもいいでしょう。
一般的には、「地域名+社員食堂 委託」や「地域名+社食」などです。
 
そのようなお客様が切り替えを検討し、
WEBで検索したとき、あなたの会社を見つけてもらえるでしょうか。
これをお読みの方、一度自分の地域でどうなってきるか見てみてください。
そして、自社もないけど、他社も少ない。
それはチャンスです!
 
先駆者メリットを活かし、是非実践→結果と結び付けください。
また、我々もそのようなお客様の地域一番WEBサイト作りのお手伝いもさせていただいております。
 
ご興味があれば、是非ご連絡を。
 

担当者
半澤 広基

法政大学卒業後、船井総研に入社。
EC通販サイトや士業業界など多くの業界のコンサルティングを経て、現在は給食や食品業界で幅広く活躍している。主に介護施設向け給食等、シニアフード業態やWEBマーケティングに強みを持ち、ホームページやリスティング広告からの流入による営業の案件化や、それによる業績アップを得意とする。また最近では、給食・食品会社と介護施設を繋ぎ合わせるポータルサイトの制作にも力を入れている。

記事を見る
その他おすすめの記事