『超人手不足時代』でも採用できる給食会社とは? | 飲食店経営や、外食・製菓・宅配・給食などの飲食コンサルタント・食品コンサルタントなら船井総合研究所

フードビジネス.com
コンサルタントコラム

給食
2016/7/11
『超人手不足時代』でも採用できる給食会社とは?
『超人手不足時代』でも採用できる給食会社とは?

「人がとにかく集まらない」
そんな話を、給食業の方からここ最近、本当によく聞きます。

 
配送員が足りないから、泣く泣くコースを1つ潰した。
小規模のお客様をやむなくお断りした。
調理員、盛り付け員が足りないから、配送の出発時間が遅くなる。
手間をかける余裕がないから、盛り付けやトッピング、盛るべきおかずを省略するしかない。
広告を出しても泣かず飛ばず。採用広告の出費だけが増え、手元には何も残らない。
そんなことは、貴方の周りで起こっていませんか?

 
この「超・人手不足の波」は、実は給食業界だけに限ったことではありません。
全国的・全業種的に総じて人手不足の時代です(ただ、とりわけ給食業等食品業界は不況のようです・・・)。

 
私の体感として、実に業界の9割以上の給食業経営者様が、「採用」に関するお悩みをお持ちだろうと思っています。
ただそれは、あくまで「9割以上」です。
人手不足に悩まされることなく、採用、定着に成功されている給食会社様がいることも、一方で事実です。
さらに言うならば、大学卒の新卒社員を毎年採用し続け、定着化、戦力化し、各現場のリーダーを担っている。
そんな給食会社様も、実際に私たち「次世代給食業経営研究会」の会員様の中にはいらっしゃいます。
業界としては稀有な事例かもしれませんが、「大手ならまだしも、地場の給食会社で新卒採用なんてムリ!」というのは、必ずしも当てはまりません。

 
今回は原稿の文字数に限りがあるので、
次回以降私のコラムで、実際に採用に成功している企業様が何をしているのか?について、具体的に触れたいと思います。
 

担当者
マーケティングコンサルタント
吉澤 恒明

近年急成長市場となっている「シニア向けフードビジネス」専門コンサルタント。
 
DMやWEBを駆使したダイレクトマーケティングモデルで、クライアントに対して年間数億円規模の業績アップに貢献。特に、新規事業参入案件の数は過去50件以上。
 
ゼロからの事業戦略構築から計画策定、営業、スキーム構築、販促ツール作成、営業マン強化など、立ち上げから実行、展開までを全面的に支援するのが得意。
 
「おいしい『食』を提供する強い企業づくり」を目指し、年間300日以上をクライアントの支援や行脚に費やす。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
その他おすすめの記事