今更寿司宅配は儲からないと思っていませんか?実は今、かなり収益を上げているんです。 | 飲食店経営や、外食・製菓・宅配・給食などの飲食コンサルタント・食品コンサルタントなら船井総合研究所

フードビジネス.com
コンサルタントコラム

宅配
2016/7/08
今更寿司宅配は儲からないと思っていませんか?実は今、かなり収益を上げているんです。
今更寿司宅配は儲からないと思っていませんか?実は今、かなり収益を上げているんです。

寿司の宅配。今更儲からないと思っていませんか?

 

実は決してそんな事はなく、今寿司宅配が見直されています。

 

デリバリーの市場が伸びているのは周知の部分かと思いますが、寿司宅配の場合大手FCが50%以上のシェアを確保されています。そしてその残りは、個店さんが片手間でやっているようなレベルです。

 

大手企業が市場を独占している為、中々新規で展開される企業が増えなかったのですが、実はここにチャンスがあったのです。

 

FC本部としては、加盟店さんに儲けてもらう事が前提条件です。
となると、【出店出来ないエリア】が増えてしまうのです。

 

このポイントが、商圏の人口として約30万人未満です。このエリアには大手の参入も少なく、自社がしっかりと仕組み化すれば市場を逆に独占する事が可能です。

 

事実、先日お伺いした寿司宅配の専門店を展開される企業様は、
① 商圏人口:1万人
② 年間売上:5,000万円
③ 年間営業利益:1,000万円(20%)

としっかり高収益を上げられていました。

 

エリアを絞り込む事によって、結果的に配送効率も高まりますし、その商圏内シェアを徹底して高める事が出来ます。

そうなると、他社が参入してきても影響をうけなくなります。

 

この小商圏型の寿司宅配は、本当に個店さんが片手間でやっているだけなので、一気にシェアを確保できます。

 

その際のポイントは、
① エリアは絞り込み、最低配送金額を下げる(ハレでなく、ケの需要獲得)
② 下限価格を500円予算帯に(ハレではなく、ケの需要獲得)
③ 徹底した顧客管理(年間平均利用回数のアップ)

この辺りです。

 

デリバリー事業の中でも、今本当に寿司宅配が調子が良いです。
競合が増える前に、進めていきたいですね。

 

担当者
グループマネージャー シニア経営コンサルタント
堀部 太一

船井総研フードビジネスのグループマネージャー。船井総研史上最年少でグループマネージャーに。専門領域は中食・デリバリー業。
「食を通じての豊かさの提供」をコンサルティングを通じてどう実現出来るか?を日々考え、毎月25日以上全国を飛び回り、業績アップサポートを行う。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
その他おすすめの記事