なぜ「チルド」は今、中小給食会社にとって必要なのか? | 船井総研 フードビジネス支援部

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
コンサルタントコラム

給食
2016/6/27

なぜ「チルド」は今、中小給食会社にとって必要なのか?

株式会社船井総合研究所 マーケティングコンサルタント 吉澤 恒明

なぜ「チルド」は今、中小給食会社にとって必要なのか?

先日のコラムでは

http://funai-food-business.com/column/983/

「給食会社は『チルド』の製造機能を持つことで今後より進化していける!」というテーマで、

一例を交えながらお伝えさせていただきました。

 

改めて、チルドの利点を整理すると下記の通りです。

 

①商品の「保存性」が高まる
→クックチル製法(加熱調理後90分以内に芯温3℃以下へ冷却)なら5日間の賞味期限
→常温の弁当・惣菜に比べて衛生面のリスクが激減

 

②「配送効率」が高まる
→1回の配送で「朝昼夕3食分」等のまとめ配送が可能。
配送費を抑えながら単価アップが可能

 

③「商圏」が拡がる
→商品の保存性が高く、かつまとめ配送が可能なため、従来の常温商品よりも対象商圏が拡がる

 

④製造・配送の「時間的制約」が大きく緩和される
→保存性が高いことから、「当日朝●●時から調理して、●●時までには積み込み、●●時までに配送完了させる」といった時間に追われる必要性がない
→結果、「夜中の製造」ではなく「日中の製造(8時~18時の間)」が可能。
→すると、採用難易度が下がる。
→配送時間帯にも余裕がうまれる。事故リスクが激減

 

つまり、商品、サービスの幅が拡がることはもちろん、
給食会社の一つのボトルネックともいえる労働環境の改善にもつながっていくのです。

 

一部、設備投資を要することも出てくるので、こういったご提案をするとどうしても二の足を踏まれがちです。

 

が、今後中長期的に生き残っていくためには、このような戦略を踏まえた展開イメージを、
ぜひ皆様には持っていただきたいと思います。
////////////////////////////////////////////////////////////////////
★豪華ダブルゲスト講演!給食業界の定番セミナー開催情報★

地場系給食業業績アップ生事例講演祭り2016
<大阪会場>7月1日(金)@船井総研 淀屋橋オフィス
<東京会場>7月9日(土)@船井総研 丸の内オフィス

////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

担当者
マーケティングコンサルタント
吉澤 恒明

近年急成長市場となっている「シニア向けフードビジネス」専門コンサルタント。
 
DMやWEBを駆使したダイレクトマーケティングモデルで、クライアントに対して年間数億円規模の業績アップに貢献。特に、新規事業参入案件の数は過去50件以上。
 
ゼロからの事業戦略構築から計画策定、営業、スキーム構築、販促ツール作成、営業マン強化など、立ち上げから実行、展開までを全面的に支援するのが得意。
 
「おいしい『食』を提供する強い企業づくり」を目指し、年間300日以上をクライアントの支援や行脚に費やす。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
その他おすすめの記事