これからの飲食店経営に必須!飲食店Web集客のいろは その1 | 飲食店経営や、外食・製菓・宅配・給食などの飲食コンサルタント・食品コンサルタントなら船井総合研究所

フードビジネス.com
コンサルタントコラム

外食
2016/6/23
これからの飲食店経営に必須!飲食店Web集客のいろは その1
これからの飲食店経営に必須!飲食店Web集客のいろは その1

みなさまこんにちは!
初めましての方も多いかと思います。
船井総研の竹内 皓揮(たけうちこうき)と申します。

 

今回のコラムでは、
近年お客様からのご要望も多い、
インターネットを活用して売上・利益UPを達成する方法、
【Web集客】に関してお話をさせていただきます。

 

飲食店を経営される方にとって、
インターネットという媒体が毛嫌いされているということは重々承知しています。
全国にある私のお付き合い先でもかつては同様でした。

 

たまたま来られた営業さんの言われるままにお金をかけて掲載をしているが、
実際には効果を感じられていない…ということが多くありました。
Web集客は効果が少ないものだと思い日々経営をされてました。

 

しかし現在、このWeb集客というものが飲食店経営において欠かせなくなってきています。
調査によると、今や9割の人がインターネットを見て来店される時代とも言われています。

 

では早速始めたいと思います。
まずはじめに【販促】というものについて抑えておきましょう。

 

みなさま『販促費』というのはいかにしてお考えでしょうか。
経費?投資?はたまた幾らまで使用されていますか?

 

飲食店の経営相談によく挙がってくるお話ですが、
船井総研としましては、
「飲食店においての販促費は年間売上の1~3%程度かけることが一般的に適正である」
とお話させて頂いています。

 

1~3%と幅を持たせておりますが、
「自店は地域において経営が長いこともあり認知度が高く繁盛店である」
また「チェーンに加盟しており多くの方がうちのことを知っている」というお店は1%に近い数値に。
逆に「自店は最近オープンしてまだ認知度が低い」であったり、
「長い間経営をしているが表通りの一本裏にお店がある為に認知度が低い」といった
場合には割合を増やしていくといったかたちになります。

 

要は自店の『認知度』によって使い分けていただくイメージです。
中には席数・目標売上に対して著しく売上が足りていないお店に於いては、
それ以上の販促費をかけているお店もございますが、
安定してくれば、販促費は1~3%が理想の形になります。

 

また、販促に関するお悩みやご相談をいただく経営者様の多くは、主に以下の3つのパターンです。

 

1)販促を適度にしているが費用対効果が上がらず集客できていない。(販促費比率:1~5%程度パターン)
2)そもそも販促をしていないので新規のお客様が著しく少ない。(販促費比率:1%以下パターン)
3)販促をガンガン仕掛けているが管理しきれておらず、また費用対効果も上がっていない。
(販促費比率:6%以上パターン。中には10%を超えている会社さまも…)

 

いかがでしょうか?
みなさまの会社・店舗ではどのパターンに当てはまりますか?
しっかりと費用対効果が合う販促は投資です。
逆に費用対効果が合っていない販促は経費・散財でしかありません。

 

正しい販促は売上・利益UPを可能にします。
是非改めて飲食店の経営を根本から見直していただければと思います。
そして販促費の中でも避けては通れないものが、
今回お話させて頂く【Web集客】です。

 

販促の割合が時代の流れと共に、
紙からWebへの移行が進んでいるのは実感されていることか思います。
そんな中、「Web集客は進化のスピードが早過ぎてついていけない」そのようなご意見も耳にします。
しかしご安心ください。Web集客はしっかりとした基本をおさえれば、後は応用であるに過ぎません。

 

飲食店をWeb集客の成熟度合い順に
A)Web集客をしていない
B)Web集客をしている
C)Web集客を“正しく”している
と分けたとします。

 

私の感覚値ではありますが、
全飲食店の30%が、A)Web集客をしていない。
69%が、B)Web集客をしている(なんとなくでも…)。
そして残りの1%が、C)Web集客を“正しく”している。
という分布だと考えております。

 

実際に私のお付き合い先では、
2016年だけでも全国各地30店舗以上で地域で最も閲覧されるグルメサイトページを持つに至ると共に、
インターネット経由での売上高を大幅に伸ばしています。
特にこの流れはここ数年で急激に伸びてきています。

 

つい先日も、中部エリアで焼肉店を経営される不振店舗のWeb集客をお手伝いさせて頂きました。
その結果3ヵ月後にはV字回復、現在売上昨対は160%を超えています。
社長曰く、
「ここ数年で大きな投資をかけた業態リニューアル以外でここまで顕著に、急速に売上が伸びた事象はなかった」
とのお言葉も頂いています。

 

また特にここ数ヶ月では、『ネット予約』経由での売上も非常に伸びてきており、
単月で400名を越えるお客様を集めているお店も出てきています。

 

まずスタートは【正しいWeb集客】を実践できるかが鍵となります。
是非ともこの機会を利用し正しいWeb集客を始めて頂ければと思います。

 

次回以降は順を追って、具体的なWeb集客の考え方や実際の事例等をご紹介していきたいと思います。

 

その他おすすめの記事