宅配コンサルタントが予測する、今後の時流 | 飲食店経営や、外食・製菓・宅配・給食などの飲食コンサルタント・食品コンサルタントなら船井総合研究所

フードビジネス.com
コンサルタントコラム

宅配
2016/6/18
宅配コンサルタントが予測する、今後の時流
宅配コンサルタントが予測する、今後の時流

人工知能であるAIや、モノのインターネット化(IOT)、そしてロボット。

これにより、多くの産業に大きな変革が起きようとしています。

 

私が担当させて頂いている、中食・デリバリーにおいてもその流れは加速しています。

 

そもそも、日本は人口減少時代ですので人は暮らしやすさの面でも都心に集まりやすくなりま す。それは日本だけでなく、世界でも全く同じ流れとなります。

 

そうなると、 郊外型:買い物難民エリアの増加。日常系のデリバリーが伸び、ラストワンマイルの戦いに。 都心型:共働き世帯の増加により、法人向け・個人向けの中食市場の競争が激化。

 

この辺りは十分に予測されますし、実際に大手企業もこのマーケットに続々参入しています。 大手が参入してくるならば、攻めない方が良いのか?

 

私は全く逆の考えで、今だからこそ徹底して「マーケットシェア」と「顧客シェア」この2つを共に伸 ばそうというご提案をさせて頂いています。

 

デリバリーの場合、コストの約10%は物流にかかってきます。 しかしこれは、自動運転やドローン配送により、一気に改善される見込みがあります。

そうなる と、業態のPL構造が大幅に変わってきます。

 

ここから後発として勝負を挑むのは、収益の視点で見れば得策とは言えません。 成長期の前半に勝負が出来た方が、収益性は高くなるからです。

 

技術革新により、業態の戦い方は変わってきます。 だからこそ、今の段階で「マーケットシェア」を一番店にまで引き上げ、徹底した顧客管理で 「顧客シェア」を高め、大手企業の参入の余地をなくしていく。

 

この辺りを徹底して取り組んでいきたいところです。

 

 

担当者
グループマネージャー シニア経営コンサルタント
堀部 太一

船井総研フードビジネスのグループマネージャー。船井総研史上最年少でグループマネージャーに。専門領域は中食・デリバリー業。
「食を通じての豊かさの提供」をコンサルティングを通じてどう実現出来るか?を日々考え、毎月25日以上全国を飛び回り、業績アップサポートを行う。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
その他おすすめの記事