働き手が集まる業態開発 | 飲食店・食品ビジネスのコンサルティングチーム「船井総研フードビジネス支援部」による情報発信サイト

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
コンサルタントコラム

外食
2016/6/16

働き手が集まる業態開発

働き手が集まる業態開発

こんにちは二杉です。
先日ある飲食店に立ち寄ると、
「火曜日と水曜日は17時で閉店」という告知が入口に貼ってあった。
この飲食店は通常は23時まで営業されているが、
火曜日と水曜日の夜の時間帯においては人の確保が難しいのだろう。
昨年、大手飲食店チェーンで人が確保できないことによる閉店が相次ぎ、
「人材不足閉店」という言葉が飲食店経営の世界において一般化しました。
働き手が集まらないために営業できないという飲食店は今度も増え続けると思われます。

 

このように、飲食店経営において「働き手が集まる」という視点はますます重要になります。
飲食店だけでなく様々な業界でも「人材不足」は問題になっており、
募集媒体では“なんとか人を集めようとするアピール競争”が激しくなっています。
なかには実態とは異なる虚偽の待遇や労働環境を募集媒体でアピールし、
問題となるケースも出てきており、「ブラック求人」という言葉も出てきました。
これらの企業やお店に対して罰則を強化する動きも今後出てくると思われます。
今後、あらゆる業種の飲食店経営において、
「働き手が集まりやすい」労働環境の整備が重要になります。
また一方で、「働き手が魅力を感じる業態開発」「働き手が魅力を感じる店舗開発」
の視点が重要になってきます。
今年当社のクライアントがニクバルを業態開発し新規オープンしましたが、
人材募集をした際に“本業の焼肉店の5倍の応募数”がありました。
すなわち、焼肉店で働きたいと思う人よりも、
おしゃれなお店であるニクバルで働きたいと思う人が圧倒的に多いということです。
ラーメン店では働き手が集まりにくいのに、
カフェにすると働き手が集まりやすいということも同じような現象です。

 

今までのマーケティング活動は、
「いかにして自社や自店を選んでもらうか」といった対顧客向けの活動でしたが、
今後は「いかにすれば働き手が集まるか」の目線で、
人材採用の分野でも対働き手目線でマーケティング視点を持つ必要があります。
お客様目線と働き手目線を一体化した業態開発が今後ますます重要になってくるでしょう。
ぜひ皆様の飲食店経営においても、このような視点で業態開発に取組んでいただければと思います。

 

 

担当者
フードビジネス支援部部長/上席コンサルタント
二杉 明宏

外食産業におけるコンサルティング活動に従事。業態開発、新規出店、多店舗展開、既存ブランドのブラッシュアップによる持続的な企業業績向上のプロデュースを得意とする。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
その他おすすめの記事