経営コンサルタントのお役立ちコラム | 船井総研 フード支援部

経営コンサルティングの船井総研 フード支援部
まだ間に合う!消費税増税までに食品メーカーが仕掛けるべき事とは?
NEW
食品
2019/4/18
まだ間に合う!消費税増税までに食品メーカーが仕掛けるべき事とは?

2019年10月消費税10%への増税が迫っています。

 

増税後に需要が落ち込むことを考えると

今期9月までになんとか売上を作ってしまいたい、

そう思う食品メーカー様が多いのではないでしょうか。

 

特に、軽減税率の範囲内でない

酒類や飲食をされている場合は

今から仕掛けを考える必要があります。

しかし安心してください。まだ間に合います。

 

■9月までにやるべき仕掛けとは!?■

ずばり工場や蔵、事務所の傍らにある

直売店での催事イベントです!

 

どのくらいの売上効果があるかというと・・・

 

2日間で5,500人を集める工場祭で売上550万

 

基本的に1組(2.5人)あたり

2,000~2,500円がKPIになります。

 

また、直売店での催事イベントは

企画・販促を徹底することで

どんなにヒトがいない!

狭い!認知度が低い!という

地方の食品メーカーでも

2日間で1,000~10,000人を

集めることができない企業はありません!

 

これまで工場祭や蔵祭りといったイベントを

開催されたことがないという企業様、

また、イベントは開催しているが

集客や売上アップに苦戦しているという

企業様にはこの機会に計画段階から

見直しをご検討ください。

 

■催事イベントをおすすめする7つの理由とは!■

①増税前の売上アップ

②顧客名簿の獲得

③地元客との顧客関係の構築

④イベント後の直売店集客アップ

⑤ヒト・モノ・カネがなくてもできる

⑥社員スタッフの意識向上

⑦社内スタッフの一体化

 

蔵祭り・工場祭とは単なる安売りセールや

直売イベントではありません。

 

蔵・工場の敷地内で「体験」

「ふれあい」を提供することで

「信頼」「認知度」を獲得し、

お客様との永い関係性を築くことのできる

戦略的な企画であると言えます。

 

増税というとネガティブな印象がありますが

企業本来の活動を見直す良いきっかけと

考えることもできるでしょう。

 

ぜひこの増税前の秋にチャレンジください。

 

成功企業の催事イベントや、やり方、

イベントコンテンツ等のノウハウ獲得に

以下のセミナーもご活用ください。

 

 

執筆者
久嶋裕介
プロフィール
外食激変!外食最新集客手法大公開2019 ~飲食店のインバウンド対策~
外食
2019/4/12
外食激変!外食最新集客手法大公開2019 ~飲食店のインバウンド対策~

当コラムをご愛読頂き誠にありがとうございます。

船井総研の高橋でございます。

 

今回は外食激変!外食最新集客手法大公開セミナー2019についてのご案内ですが、今まさに外食企業は戦い方を変えないと生き残りが難しい時代に差し掛かっています。

 

・高齢化・生産年齢人口の減少に伴い、外食企業の有効倍率が3倍を超える超人手不足の時代に

・その結果、飲食店の倒産件数は700件越えと過去最大に

・また、外食の大手企業も半数が減益していく時代に

・消費税の増税、中食市場の増加による外食市場の消費の冷え込みの加速

 

など、外食企業・飲食店にとっては逆風な出来ごとがここ最近多発しています。

 

これからの日本の外食産業で飲食店が勝ち残るためにはどうしたらいいのでしょうか?

 

その一つの答えが、『集客手法のゲームチェンジ』を行うことです。

 

今回のセミナーでご登壇頂く、株式会社グローイングコンセプション様が運営されている、大阪の梅田の焼肉店『神戸あぶり牧場本店』では、競合がまだ“集客をしていない”需要の獲得でたった48席の焼肉店が年商6,000万円から年商1.2億円へと成長しました。

 

競合がまだ“集客をしていない”需要をそれはインバウンド需要です。

飲食店のインバウンドデータはこちら

 

国内の人口が減る一方で、『観光立国推進基本計画』が閣議決定され2020年には外国人観光客により市場規模は8兆円になあると言われています。

 

つまり『これからの外食産業はマーケットの再定義が必須』となってきています。

 

実際にインバウンド集客に成功し、

 

■大手参入で業績不振に苦しむ回転寿司店が年商2倍のV字回復

■しゃぶしゃぶ業態が年商2,700万円,営業利益率25%を実現

■居酒屋業態がアイドルタイムの活用で月商400万円の上乗せ

■インバウンド専門部署の立ち上げで会社の年商規模を1億2000万円拡大

 

などなど多数の成功事例が出現してきています。

 

これからの外食インバウンド市場規模は2020年に1兆2000億円になります。最下位の都道府県でも推定8億円の市場になるため、地方でもインバウンド需要を狙う必要があります。

 

飲食店のインバウンド対策はまだまだ秘密のベールに包まれているため、多くの外食企業・飲食店が正しいインバウンド対策を知らない状態です。

 

こういった状況の中、競合よりも早く正しいインバウンド対策を実践し、日本人集客のみに頼らず、外国人観光客を付加できる企業が間違いなく生き残っていく時代に入ります。

 

今回のセミナーでは、実際にインバウンド対策で業績を向上されました、株式会社グローイングコンセプションの代表取締役 井上直哉様にご登壇頂きリアルなインバウンド対策についてお話して頂きます。

 

席数に限りがあるセミナーですので、興味を持たれた方はお早めにお申し込みを頂ければと思います。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

外食激変!丸わかりこれから日本の外食に起こること

外食最新集客手法大公開セミナー2019

【6月27日(東京)】

(お申込みは、詳細はこちらから⇒https://sem.funai-food-business.com/seminar/045880/

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓詳しくはこちら↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

日程:2019年06月27日(木)

時間:13:00~16:30(受付開始12:30)

場所:船井総研 五反田オフィス…… JR五反田駅西口より徒歩15分(東京都品川区西五反田6-12-1)

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

 

執筆者
マーケティングコンサルタント
高橋 空
プロフィール
【軽減税率緊急対応】中食10兆円マーケットを攻略する最新ビジネスモデルがついに誕生!!人手不足対応型テイクアウト&デリバリー専門店で年商2億円を作る方法とは!?
外食
宅配
2019/4/11
【軽減税率緊急対応】中食10兆円マーケットを攻略する最新ビジネスモデルがついに誕生!!人手不足対応型テイクアウト&デリバリー専門店で年商2億円を作る方法とは!?

2019年10月の消費増税・軽減税率制度の適用まで、残り半年を切りました。

 

これから約半年の間、TVや雑誌、インターネット上では、

これまで以上に軽減税率「8%」の対象となる

テイクアウトやデリバリーに関する特集が増えてくることが予測されます。

 

こういった予測を踏まえた上で、

これまで外食を頻繁に利用していた消費者の多くが

テイクアウトやデリバリーといった中食に

手を伸ばし始めることが容易に想像できます。

 

そんな中、今後の消費行動の変化を見据えて、

既にテイクアウト&デリバリー専門店の多店舗展開を通じて

業績を大きく伸ばされている会社があります。

 

それが、今回ご紹介する株式会社カツデリ様です。

 

元々、デリバリー専門店に参入してから

深刻な人手不足による現場オペレーションの圧迫、

競合増加による売上低迷で営業赤字に苦しんでいた同社。

 

こういった経営状況の中、

テイクアウト需要の取り込みと各店舗の生産性向上を図るために、

「CK併設旗艦店+小型店のドミナント展開」の

人手不足対応型テイクアウト&デリバリー専門店として、自社のビジネスモデルを再定義。

抜本的な経営改革に取り組みました。

 

その結果、営業赤字からの脱却を果たし、

業界水準3倍の利益

人員を増やすことなく既存店売上2桁成長

という飛躍的な業績アップを実現されました。

 

こういった話を聞いて、皆様はどうお感じになるでしょうか?

 

テイクアウトやデリバリーと聞くと、

「店舗商品をただテイクアウト対応するだけで十分じゃないの?」

「そもそもテイクアウトやデリバリーって本当に儲かるの?」

 

こういった疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。

 

ここまでご紹介した株式会社カツデリ様では、具体的な経営数値として、

 

CK併設旗艦店(1店舗):15坪で月商700万円

小型店(3店舗):8坪で月商400万円

 

上記のような数値を記録され、

4店舗で月商1,700万円、営業利益率20%以上を達成されました。

 

今回、本コラムでご紹介した

株式会社カツデリの照屋社長をゲストにお招きして、

食関連企業経営者様向けのセミナーを開催させていただきます。

 

▼セミナーのお申込み・詳細はこちらのURLから▼

https://sem.funai-food-business.com/seminar/043733/

 

————————————————————

 

本セミナーでお話をするテーマを一部ご紹介すると・・・

◆社員1名で8坪・月商400万円、15坪・月商700万円の専門店を構築する方法とは?

◆たった500万円の投資で出店する店舗開発手法とは?

◆店舗調理を圧縮し「待ち時間」「ピーク時の生産能力」を劇的に改善する製造の仕組みとは?

◆多店舗展開で煩雑化する店舗・本部の事務業務を圧縮するシステム活用術とは?

◆脱・プラットフォーム依存!テイクアウト・デリバリーの自社媒体集客を最大化する手法とは?

◆既存顧客売上アップだけで売上前年対比130%!「利用頻度」「注文単価」を向上させる仕掛けとは?

◆職人0名!新卒社員とP/Aだけで売れる商品を開発する方法とは?

 

セミナー当日はこれらのテーマについて、

株式会社カツデリの照屋社長より徹底解説していただきます。

 

————————————————————

 

いよいよ半年後に迫った消費増税・軽減税率制度の導入。

 

◆市場規模10兆円を突破し、現在も成長過程にある中食マーケットへの本格参入を考えている

◆軽減税率対応でテイクアウトやデリバリーに取り組みたい

◆既にテイクアウトやデリバリー専門店の展開に取り組んでいるが、思うような成果が出ていない

◆店舗・CKや本部の労務環境改善、生産性向上、省人化に取り組みたい

◆一過性のトレンドではなく、中長期的な時流に乗った中食ビジネスで新たな収益の柱を作りたい

 

上記のようなお悩みやお考えをお持ちの経営者様は、

是非本セミナーにご参加ください。

 

セミナー当日は、全国のテイクアウト&デリバリー事業の成功事例に加えて、

テイクアウト&デリバリー事業の開発手法や即実践可能な業績アップの具体的手法、

現場業務の生産性アップや省人化の最新ノウハウなどについて惜しみなくお伝えいたします。

 

詳細を知りたい方やご質問のある方は、お気軽にご連絡ください。

 

セミナー当日、皆様とお会いできることを

心より楽しみにしております。

 

株式会社船井総合研究所 小林耕平
TEL:080-4601-8189
MAIL:k-kobayashi@funaisoken.co.jp

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

10兆円マーケットを攻略する最新ビジネスモデルがついに誕生!!

人手不足対応型テイクアウト&デリバリー専門店で年商2億円を作る方法

 

▼セミナーのお申込み・詳細はこちらのURLから▼

https://sem.funai-food-business.com/seminar/043733/

 

【大阪会場】2019年6月18日(火)

時間:13:00~16:30(受付開始12:30~)

場所:株式会社船井総合研究所 大阪本社

(大阪府大阪市中央区北浜4-4-10)

 

【東京会場】2019年7月16日(火)

時間:13:00~16:30(受付開始12:30~)

場所:株式会社船井総合研究所 東京本社

(東京都千代田区丸の内1-6-6 日本生命丸の内ビル21F)

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

執筆者
グループマネージャー/シニア経営コンサルタント
小林 耕平
プロフィール
中元売上の昨対越え!!食品メーカー成功の秘密とは?
一次産業
食品
2019/4/04
中元売上の昨対越え!!食品メーカー成功の秘密とは?

いつもメルマガをお読みいただきありがとうございます。

 

消費者直販を行っている会社にとっては、中元売上は年間売上を上げていくためにも重要な取り組みかと思います。

今回は中元売上の昨対を上げている成功事例をお伝えします。

 

中元売上を上げるポイントとして

購入までの入念な準備と顧客名簿を増やす施策があります。

 

今回は、顧客名簿を増やす取り組みに成功されている企業様を紹介します。

その企業様は、滋賀県で日本酒を製造しており単独開催で5千人を集客するイベントを年に2回開催しています。

全国を見れば工場祭や蔵祭りを行う企業様は年々増えており、今では珍しくはないかもしれません。

しかし、年に一度のお祭りに終わらせてしまっている企業様も多いのではないでしょうか?

 

既存事業を活性化させていこうと考えた際に必要なことは、

認知度を上げるだけではなく、商品の魅力を伝えお客様からの信頼を獲得し顧客名簿化を進めていく事が必要です。

 

ではどのように顧客名簿を獲得していくのか?

ご紹介する企業様では事前の販促ツールの作成と当日の役割分担を徹底し行っています。

 

●販促ツールに関して

チラシ制作が重要で次回来店に必要な情報を獲得するための情報を記入し、

当日のプレゼントと交換できるチケットをつけることが効果的です。

しかしながらチラシの購読率は新聞の購読率の低下と同じく年々減少傾向にあります。

そのためチラシをつくり新聞折込を行うだけではなく、SNSでの拡散も必要になります。

 

●当日の役割分担に関して

蔵祭り・工場祭を行う際に人員不足の問題を抱える企業様も多いかと思います。

しかしそのような体制であっても名簿の獲得はおざなりにできません。

次回来店者を増やす取り組みとしても中元や歳暮での購買客数を増やすためにも

名簿獲得を行う役割分担を行う必要があります。

 

 

これらの要素でイベントを開催し

お客様の信頼を獲得し顧客名簿化に成功しています。

 

下記のセミナーでこちらの内容をより具体的に事例や販促ツールもあわせてお伝えいたします。

URL:https://www.funaisoken.co.jp/seminar/046071

日程:2019年05月13日(月)

時間:13:00~16:30(受付開始12:30~)

場所:船井総研 東京本社……JR東京駅丸の内北口より徒歩1分(≫地図)

(東京都千代田区丸の内1丁目6番6号 日本生命丸の内ビル21階)

執筆者
薄田 陽
プロフィール
その他おすすめの記事
コンサルティングレポート