経営コンサルタントのお役立ちコラム | 船井総研 フードビジネス支援部

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
こんなに数字を公開していいの!?好評につき餃子バルセミナー追加開催決定!
NEW
外食
2018/10/15
こんなに数字を公開していいの!?好評につき餃子バルセミナー追加開催決定!

いつも飲食店経営に関する当コラムをご愛読いただき、ありがとうございます。

船井総研フード支援部の玉利 信(たまり まこと)です。

 

2018年9月12日に「2018年餃子バルセミナー@東京」を開催し、

20名を超える中華料理店経営者や飲食経営者からご応募をいただきました。

 

中には、遠く沖縄からお越しの経営者もいらっしゃいました。

 

そしてセミナー開催から、はや1ヶ月。

 

いま複数社で餃子バル開発プロジェクトや既存中華料理店からの業態転換の

打ち合わせが始まろうとしています。

 

なぜ、たった1回のセミナーを聞いただけで

ここまで多くの経営者が既に動き始めているのか。

 

それは、本当に単純な理由です。

 

セミナー内容にご満足いただいたからです。

 

なぜ、ご満足いただけたかと言うと「あらゆる数字を徹底公開している」からです。

 

だからセミナー内容の理解度が違います。

だからセミナーの動き出しのスピードが違います。

だからまだ競合が現れる前に事業を開始できます。

 

今回ゲスト講演をお願いさせていただいた

有限会社三木北京閣 中山社長のご好意により

通常のセミナーでは知ることのできない

投資・収益・単品原価率などの詳細数値を

“大”公開していただきました。

 

たった13坪・夜だけ営業で月商460万円、営業利益130万円を達成した

餃子バルの全てがここで分かります。

 

ご参加の皆様から頂いたアンケートには

「CHANJAさんの細かな数字まで開示していただき参考になりました。」

「考え方が良かった。実例が具体的で良かった。」

「2部の対談形式による中山社長の生の声が参考になった」

 

といったお声を頂くことに繋がったと思います。

 

原価・人件費高騰や職人の高齢化・中華鍋を振る重労働や採用難など

いままでもお伝えしてきましたが、飲食店、特に中華料理店を新しく出店して

会社を成長させていくのは、いま本当に難しいことです。

 

そして、そんな思いを抱えている経営者の皆様も多くいらっしゃるのも事実です。

 

ただ、「現状どうしていいか分からない」「新業態を出店して大丈夫なのか不安」

「先に同じビジネスをやっているひとの生の声を聞きたい」

という理由から、なかなか現実的に新しいビジネスを始める、あるいは

業態転換を行うことをためらっている方も多くいらっしゃいます。

 

いま飲食を経営している企業、特に中華料理店を経営する企業にとって

今後の会社成長のための起爆剤となるのが、“餃子バル”なのです。

 

 

ゲストの中山社長も、昨年までは、今後の会社経営に不安を抱える

経営者の一人でした。しかしいまは、会社成長の道筋を見出し、

その方向に向かって勢いよく突き進む会社社長となりました。

 

動き出すならいまです。

 

飲食業界は何かと暗い話題も多いですが、このセミナーを通して、

1社でも多くの飲食企業が明るく元気に変わっていく機会となれば嬉しいです。

 

今回から3回に渡って餃子バルセミナーに関連する話題を提供していきたいと思います。

 

 

フード支援部 玉利信

 

 

【関連するセミナー情報】・―・―・―・―

 

たった13坪・夜だけ営業で月商460万円

営業利益130万円を達成した餃子バル

 

中山社長に餃子バル立上げ秘話や投資・収益面の細かい数字まで

赤裸々に語っていただきます!

 

『2018年餃子バルセミナー』

開催日時:2018年12月4日(火)13:00~

会場:東京のみ(船井総研 丸の内本社)

公式ページ:

http://sem.funai-food-business.com/seminar/034322/

 

・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―

 

 

執筆者
玉利 信
生産規模に関係なく全国で多数出現中のスイーツ工房付き直売店事例紹介
NEW
スイーツ
食品
2018/10/12
生産規模に関係なく全国で多数出現中のスイーツ工房付き直売店事例紹介

いつも、当コラムをご愛読して頂きありがとうございます。

船井総研の前田です。

 

今回のコラムでは、

「生産規模に関係なく全国で多数出現中のスイーツ工房付き直売店事例紹介」

というタイトルでお伝えできればと思います。下記成功事例をご紹介いたします。

 

 

<福島県の養鶏家の展開するたまご直売店1店舗で年商2億円/直売比率90%>

 

2014年に店舗オープンし、1年で年商1億円を達成。2年目に年商2億円を達成し、

3年も売上を伸ばし続けている。卵と卵を使ったスイーツを店舗で販売し、

卵だけの直売で年間1億円以上を販売する。(福島県養鶏家)

 

 

<岡山県の養鶏企業の展開するたまご直売店1店舗で

年商1億円を超えるランド発信アンテナ店舗>

 

卵と卵を使ったスイーツを店舗で販売し、直売で年間1億円以上を販売する。

自社のコンセプトを伝えるブランド発信拠点として展開する。(岡山県養鶏家)

 

 

<卵とスイーツの直売店の成功から飲食店舗も展開中!>(愛知県養鶏家)

 

 

全国では生産規模に関係なく成功する直売店が多数出現中です。

 

「直売店をやってみたくなった!」「直売店をもっと強化したい!」、

このように感じた経営者であれば実現できます。

 

生産者の皆様にとって、大変貴重な1日となると思います。

 

目の前の仕事に忙しいと思いますが、ぜひ、今後5年先、10年先の

養鶏業のあり方を見つめなおす1日にしていただければと思います。

 

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

オープンからたった10年たっても大行列!

スイーツ工房付きたまご直売店で直売売上2億円を達成した成功の秘訣

有限会社 瀧田養鶏場 代表取締役 瀧田 稔 氏が登壇!

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓詳しくはこちら↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://sem.funai-food-business.com/seminar/037793/

 

毎回満員御礼!前回セミナーは50名以上が参加

開催場所は東京(丸の内)です

 

2018年10月22日(月) 13:00~16:30(受付12:30~)
(株)船井総合研究所 東京本社
JR東京駅丸の内北口より徒歩1分

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

 

執筆者
チーフ経営コンサルタント
前田 輝久
2019年も給食業で儲けるために!シニア配食に参入し年商65億円、営業利益5.9億円を達成したシルバーライフ様の成功ヒストリー!
NEW
給食
2018/10/12
2019年も給食業で儲けるために!シニア配食に参入し年商65億円、営業利益5.9億円を達成したシルバーライフ様の成功ヒストリー!

いつもありがとうございます。船井総研 シニアフードチームの井上です。

本日は船井総研からの緊急告知です。

シニア向け配食サービスで急成長している経営者様をお招きしセミナーを開催します。
★シニア配食で年商65億円 営業利益5.9億円!
シルバーライフ様の成功秘話!★
https://www.kaigo-keiei.com/seminar2/038315_lp/

 

皆様ご存知の通り、給食市場における産業給食・事業所向け弁当は

コンビニやファーストフードの進出による給食離れ、

労働人口の減少といったターゲット数減少と共に落ち込んでいく傾向にあります。

ターゲットとなる消費者が先々必ず減っていくとわかっている事業に
闇雲に力を注ぎ続けること、そして激しい価格競争になっている
業界の中で戦い続けることに不安を感じていらっしゃる方も
多いのではないでしょうか。

そんな中、今注目されるシニアビジネスの中に、『シニア配食サービス』があります。
そのシニア配食サービスに、ゼロから参入され、今や年商65億・営業利益5.9億円にまで
業績を伸ばされているシルバーライフ様をご存知でしょうか?

圧倒的なニーズ量を持ち、売上を積み重ねていけるストックビジネスのシニア配食。
まごころ弁当・配食のふれ愛といった屋号を持ちFC展開にて、シニア配食の拡大を
徹底的にされてきたシルバーライフ様の成功ヒストリーに今回から複数に渡り
メルマガにて迫ります。

 

【今すぐ詳細を知りたい方はこちらから】

https://www.kaigo-keiei.com/seminar2/038315_lp/

全国各地で課題となる高齢化。
毎日のお食事の準備や買い物が困難な在宅高齢者向けにお食事を宅配する
サービスが注目されています。

「地方高齢化」「買い物難民」、「高齢単身世帯の増加」と言われる
この課題を解決するビジネスです。

このメルマガをお読みいただいている給食会社様は、既存資源の活用で投資を
抑えることができ、商圏内トップクラスの低価格を実現可能!

異業種からの参入では地域の工場と提携することで設備投資を抑えることが
可能になり、参入のハードルは低くなります。
高齢者周りのビジネス:
介護業界・葬祭業界・調剤業界といったシナジーを持てる異業種からの参入も
増えています。
■船井総研が目指す「シニア配食」による5つのメリット
・成長市場へのシフトで工場稼働率アップ
・高需要の業態転換で早期売上・利益率アップ
・顧客となる在宅高齢者の名簿を活用しトータルサポートで客単価向上
・報酬改定に影響されない毎日の食事でストックビジネスへの移行
・地域密着・社会性の高い事業展開で企業価値の向上
■ゼロからのスタートで日本一の配食店舗数600店舗超!
急激な拡大を遂げた秘訣に迫ります!

 

配食フランチャイジーとしてシニア配食サービスへ参入。
そこでチェーン300店舗内売上No.1・No.2の店舗を作り上げる。

その後シルバーライフへ入社。

 

シニア配食サービスに特化し業績を伸ばすことで、同社に大きく貢献。
現在ではシニア配食で年商65億円・営業利益5.9億円の業績をあげている。
平成24年より同社代表取締役社長に就任し、平成29年12月には東証マザーズ
株式上場に至る。

いま、まさに勢いに乗っている会社の社長が、これから新規参入する方々のために
参入のポイントをすべてオープンにして話します。

■ こんな方にオススメです…
◇ 新しいビジネスで収益の柱を作りたいと考えている経営者様
◇ 伸びる市場で業績を改善させたいと考えている給食業・介護事業の経営者様
◇ 弁当給食工場の稼働率・生産性向上を考えている弁当給食会社の経営者様
★シニア配食で得られるメリット・ポイントはこちら★
https://www.kaigo-keiei.com/seminar2/038315_lp/
<開催要項>
主 催:株式会社船井総合研究所
■東京会場(1)
日 時:2018年11月24日(土)13:00~17:00
会 場:株式会社船井総合研究所 東京本社
■東京会場(2)
日 時:2018年12月7日(金)13:00~17:00
会 場:株式会社船井総合研究所 東京本社
※東京会場(2)については、ゲスト講師清水社長はビデオ出演となります。

■講師
ゲスト講師:
株式会社シルバーライフ 代表取締役社長 清水 貴久 氏

株式会社船井総合研究所 井上 裕基
株式会社船井総合研究所 野間 元太

<参加費用>30,000円(税抜き)

<お申し込み>TEL:0120-964-000(平日09:30~17:30)
【お申し込みに関するお問い合わせ】中田
【内容に関するお問い合わせ】井上
★次世代給食業時流予測セミナー2019のお申込みはコチラから★
https://www.kaigo-keiei.com/seminar2/038315_lp/

 

 

執筆者
アシスタントコンサルタント
井上 裕基
【立ち上げ3ヶ月で売上1,200万円】料飲売上が下落する地方ホテルの高級弁当デリバリー事業戦略
NEW
宅配
2018/10/12
【立ち上げ3ヶ月で売上1,200万円】料飲売上が下落する地方ホテルの高級弁当デリバリー事業戦略

「ブライダルや宴会の件数・売上が大幅下落し、それに伴い全館売上が減少した」

「国内宿泊者増加の恩恵がほぼなく、競合増加で宿泊売上も減少している」

「料飲部門売上ダウンによって、職人の人件費が増加・圧迫している」

「全館売上ダウンによる固定比率の増加が年々大きくなっている」

 

特に料飲部門が売上の柱の1つとなっている地方ホテルは、

こういった多くの悩みがあるのではないでしょうか。

 

 

—————————————-

 

いち早く地方複合機能型ホテルの業績アップについて知りたい!

そんな方は【こちら】へアクセス!

https://lp.funaisoken.co.jp/mt/funai-food-business/biz-eat-out/freetext-dl.html?txt=takuhai201810

 

—————————————–

 

そんな中でも、業績を上げられている、地方ホテルがあります。

 

既存施設と人員を活用し、高収益販路である「高級弁当デリバリー事業」に参入された

企業様です。

 

 

~S社様@滋賀県の場合~

 

〈参入の背景〉

件数の下落による婚礼売上・宿泊売上が軒並みダウンし、全館売上は最盛期の

75%程度まで落ち込む。既存リソースを活かし高級弁当デリバリー事業に参入。

 

〈取り組み成果〉

人口10万人の商圏で、参入5ヶ月で売上2,000万円を突破。

初年度年商は5,000万円を記録した。

 

〈今後の展開〉

専門厨房・人員体制に向けて体制を刷新。

社員1人(残りはP/A)で中食・デリバリー2億事業化体制の構築

 

 

~K社様@秋田県の場合~

 

〈参入の背景〉

婚礼件数は最盛期の1/2以下に減少し、それに伴い料飲売上は60%程度まで減少。

低投資かつ既存設備を活用できる高級弁当デリバリー事業に参入。

 

 

〈取り組み成果〉

人口4.7万人の商圏で、初月月商は550万円(営業利益は30%超)を記録。

初年度年商は4,200万円を達成。

 

〈今後の展開〉

事業2年目は昨対130%で推移し、デリバリーブランド複合化に向けた

ブランド構築を実施。

 

この2つの企業はどちらも一昨年から昨年にかけて、高級弁当デリバリー

事業に参入されて、小商圏ながら、初年度から大きな売上を記録されました。

 

 

—————————————-

 

いち早く地方複合機能型ホテルの業績アップについて知りたい!

そんな方は【こちら】へアクセス!

https://lp.funaisoken.co.jp/mt/funai-food-business/biz-eat-out/freetext-dl.html?txt=takuhai201810

 

—————————————–

 

皆様、こんにちは。船井総合研究所 林田大碁でございます。

 

いつも、当コラムをお読み頂き、ありがとうございます。

 

今回は地方ホテル、特に厨房機能を持ち、ブライダル・宴会サービスをもつ

地方複合機能型ホテルの高級弁当デリバリー事業戦略についてお伝えします。

 

まず、ホテル区分とその市場性についてですが、ホテルを区分すると、

大きく以下の3つに分かれていきます。

 

①繁華街(駅前)宿泊特化型ホテル

→宿泊サービス提供に特化した形態のホテル。繁華街(駅前)に立地し、

単身・ビジネス層の宿泊者が多く、宿泊単価は低い。

インバウンド等の国内宿泊者数増加の追い風を受け、

一気に件数(部屋数)が増え、競合過多の状態に。

 

②ラグジュアリー・リゾート型ホテル

→料飲・宿泊・飲食サービスを提供している形態のホテル。

サービス強化、多額の設備投資などにより宿泊(もしくは料飲)

単価は非常に高い。都心部・観光地に位置し、

インバウンド等の国内宿泊者数増加の恩恵を受け、

業績好調のホテルが多く見られる。

 

 

③地方複合機能型ホテル

→宴会・ブライダル等の料飲売上と宿泊売上を柱としている地方商圏に

位置しているホテル。宿泊客層は単身(ビジネス層)利用も多い。

立地環境もあり宿泊売上が伸び悩む。また、宴会やブライダル市場の

落ち込みが見られる。

 

 

上記の通り、地方複合機能型ホテルを取り巻く環境は3つの区分の中では最も厳しく、

 

・ブライダルの市場の落込みと専門式場へのニーズの移行

・宴会市場は市場全体が縮小し、使用金額も下落

・宿泊はビジネスホテルとの価格競争とパイの奪い合い

・飲食、サービス業種の有効求人倍率と時給は約50か月連続の上昇

・大規模設備投資は耐震修繕も見越すと極めて難しい

 

など課題は山積みです。

 

そんな中でも地方複合機能型ホテルが「高級弁当デリバリー事業参入」で

成功を収めることのでき、おすすめしているポイントは6つで、

 

1 完全予約注文のため、製造・人員計画を立てやすい

2 繁忙期・閑散期の差が少なく売上・利益が安定する

3 製造作業を標準化・機械化しやすく職人が不要

4 高粗利かつ初期費用が低いため収益性が高い

5 ストック型に転換できるため売上が積上式に伸びやすい

6 市場の成長に対して競合環境が比較的緩やか

 

が挙げられます。

 

—————————————-

 

地方ホテルの高級弁当デリバリー事業のポイントや成功の理由を知りたい!

そんな方は【こちら】へアクセス!

https://lp.funaisoken.co.jp/mt/funai-food-business/biz-eat-out/freetext-dl.html?txt=takuhai201810

 

—————————————–

 

上記の成功事例がある中でも、多くの地方複合機能型ホテル様にお伺いすると、

 

「自社商圏で高級弁当デリバリー事業は成功するの?」

「自社のリソースでそんな売上が作れるのか?」

「成功した企業ポイントに自社も当てはまるの?」

 

そんなお声を頂戴します。

そのお声にお応えし、このメルマガを見て頂いた企業様限定で、

「高級弁当デリバリー事業参入の無料事業診断」を実施させて頂きます。

 

①市場性診断(自社商圏のポテンシャル)

②自社リソースにおける事業判断

③先行企業の成功事例共有

 

を基軸に御社における高級弁当デリバリー参入時の事業イメージを無料にて

御社にお伺いし、お話を致します。

 

ご希望、ご相談の方は下記の【連絡先】までお気軽に御連絡下さい。

(※御連絡を頂戴しました後、担当者から折り返し御連絡を差し上げ、

日程を調整させて頂きご訪問致します。)

 

 

【連絡先】

TEL:070-2299-0596

MAIL:d-hayashida@funaisoken.co.jp

担当コンサルタント:

林田 大碁(はやしだ だいご)

(※大変お手数ですが、「ホテルのメルマガ」をお読みなった旨をお伝え下さい。)

 

少しでもご興味、お悩みをお持ちの方は、まずはお気軽にご連絡下さい。

 

「まずは詳しい資料を見てみたい。」という方は

下記より資料をダウンロードください。

 

—————————————-

 

地方ホテルの高級弁当デリバリー事業の詳細を、まずは資料で見てみたい。

そんな方は【こちら】へアクセス!

https://lp.funaisoken.co.jp/mt/funai-food-business/biz-eat-out/freetext-dl.html?txt=takuhai201810

 

—————————————–

 

皆様の明日からの経営や業績アップの一助になれば幸いです。

 

株式会社船井総合研究所 林田 大碁

執筆者
林田大碁
その他おすすめの記事
コンサルティングレポート