経営コンサルタントのお役立ちコラム | 船井総研 フードビジネス支援部

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
業界にイノベーションを与える取り組み
宅配
2018/2/19
業界にイノベーションを与える取り組み

日本では現在、省人化への取組みが加速していると思います。
 
大戸屋のセルフレジ導入
https://www.asahi.com/articles/ASK504T71K50ULFA018.html
ロイヤルのキャッシュレス店舗
http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1712/20/news055.html
 
そしてアメリカでは、省人化→無人化への取組みが始まっています。
 
AmazonGOが一般向けにスタート
https://www.youtube.com/watch?v=NrmMk1Myrxc
サラダの無人店舗
https://www.youtube.com/watch?v=7d7dhJQBaf0&t=138s
 
省人化や無人化は「人手不足」に対する対策や、
「更なる賃金増」を見越した対策の視点が大きくあると思います。
 
ただこれはビジネスモデルの視点として、
各業界に大きな影響を及ぼす事になります。
 
なぜか?
 
一番の理由は、PLモデルが一気に変わってくるからです。
 
極論ですが、
現状:FL60%=F35%+L25%
改善:FL60%=F55%+L5%
 
といった具合に、「ビックリするくらい高品質」なものを、
「ビックリするくらい安く」提供できるからです。
 
「いやいや、無人化なんてサービスがないし。。」
 
という声もたまにあるのですが、
では本当に付加価値を出せるサービスを
徹底的に提供出来ているのか?
 
もし徹底できていないのであれば、
 
「愛想も笑顔もないなら、シンプルに美味しい方を選ぶ」
 
となってきちゃいますよね。
 
つまり、そこの部分を付加価値として強みに出来ていないのであれば、
省人化・無人化によって商品力が圧倒的に高い企業が出てくると、
淘汰される可能性があるという事です。
 
そうなると、業界に対してイノベーションを起こすような
業態は今後益々出てくると思います。
 
だからこそ、自分達のコンセプトであったり強みを明確にしておき、
どのポジションで勝っていくのか?
 
これは整理した上で、事業展開していきたいところです。

執筆者
グループマネージャー シニア経営コンサルタント
堀部 太一
明日からできる!高齢者向けフードデリバリー改善方法とは!?
給食
2018/2/19
明日からできる!高齢者向けフードデリバリー改善方法とは!?

いつもありがとうございます!
給食業専門コンサルタントの井上です。
 
高齢者向けのフードデリバリー事業を経営される経営者様や、これから事業展開を検討される経営者様から良く頂くお話やご質問があります。
 
それが、『配送効率の改善』です。
 
製造原価をしっかり見直しても、お客様をしっかり獲得しても、配送効率が悪くて利益がほとんど残らない!と悩んでいる経営者様が非常に多いです。
特に個人宅向けの配食事業では1軒あたりのコストをしっかり見ていかないと、不採算なものとして苦しい状態が続くこととなります。
 
一方でこういう見方もできます。
車1台あたりの収益がしっかり出るようになれば、その黒字をもたらす車を増やしていけば、利益もその台数だけ積み重なっていくはずです。
 
では、一体何が配送効率を妨げる原因なのでしょうか。
 
いくつか要因がありますが、今回は主な例を1つ挙げることとします。
それが『現金回収比率が高い』ということです。
 
宅配中に時間を費やす要素として、『集金』にかなりの時間をとられるということを、実際に事業を展開されている経営者様はご理解頂けるのではないでしょうか。
対面しお客様に金額を伝え、回収と確認をし、領収書をお渡しする。お釣りがあれば計算し、用意して、お渡しすると作業数が増えます。
 
そのような中で1分1秒を早めていこうという方針は中々難易度が高い状況です。
 
それではどのようにしてまずそれを解決させていけるのか。
その1つに『口座振替』があります。
 
非常に細かい話で、かつシンプルな内容ですが、実はこれが重要なポイントです。
 
人を介さずにお金のやり取りを済ますこと。
これがまずできる簡単な方法です。
 
やり方については地域毎の金融機関と協同し進めていくことが可能です。
手数料等発生しますが、現金回収をすることで生まれる人件費に比べれば効果が非常に高いことが試算できるはずです。
 
そして補足ですが、この現金回収比率と顧客継続率には密接な関係があります。
・現金回収比率が低いと、継続率は上がり
・現金回収比率が高いと、継続率は下がる

データが取れています。
 
細かい点ではありますが、年間のコスト面を考えればやらない理由はありません。
まだまだ現金回収比率が高いのが給食業の実態ですが、実際に全国各地にて配送効率を高く意識される多くの企業様はここにしっかり取り組まれています。
 
私のお付き合い先様では、現金回収比率0%を徹底されている優秀な給食会社様もおります!
 
是非今一度細かい部分から見直していく1年にして頂ければとおもいます。
 
 
★☆★弁当給食会社向け最新高齢者弁当宅配成功事例レポート★☆★
期間限定「無料ダウンロード」受付中!
⇒詳細はこちら!!!
http://www.funaisoken.co.jp/seminar/028251.html
 

コンサルタントコラムの更新は、Facebookページでもお知らせしています。
執筆者
アシスタントコンサルタント
井上 裕基
給食業(産業弁当)の値上げと同時に商品サービスの見直しを
給食
2018/2/19
給食業(産業弁当)の値上げと同時に商品サービスの見直しを

皆様こんにちは本日は。
 
皆様の現場でも深刻な人材難は続いていることと思います。
そんな中、全くその影響をうけていなく、むしろ人が集まりすぎているような企業様の
お話を聞く機会がありましたので、共有しようと思います。
 
社長のお話を聞く限り一言でいうと
「世代ごとに働く環境に求めることに耳を傾け、続けられる環境を整える」
ということだそうです。つまり、離職しない体制の構築です。
 
結果、創業以来1人も社員が辞めていないそうです
以下、その方の話を細かくまとめます。
 
「離職しない会社にしたい」
・どんな人が⇒若い中枢が
・なにを求めているか⇒給与ではなくよい職場(融通が利く、自分の時間を確保できるなどなど)を個人面談で定期的に吸い上げ実現を全員で模索した結果辞めない体制になったということのようです。
 
そのため、勤務体制も給与を上げるということではなく、
 
初任給15万(相場よりちょい高)+交通費+ボーナス(2.35か月直近) 
年間休日125日。残業なし+プライベート優先(フレキシブル休暇)
という形のようで、他社の:20万+交通費。休日96日 残業月30時間のような条件で圧勝しているようです。
 
上記のようなことを実行することは非常に難しいかとは思います。
ですが、少しずつでも着実にそのような会社にしていくことを本気で考えてみてはいかがでしょうか。

執筆者
半澤 広基
「集客できるHP」をつくる為の、良いWEB業者の見分け方
給食
2018/2/15
「集客できるHP」をつくる為の、良いWEB業者の見分け方
執筆者
チームリーダー / マーケティングコンサルタント
吉澤 恒明
その他おすすめの記事
コンサルティングレポート