給食業専門・経営コンサルタントの役立ちコラム | 給食業の経営相談・コンサルティングは、実績豊富な船井総研フードビジネス支援部へ!

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
  • ビジネスTOP
  • セミナー
  • 研究会
  • 業績アップテキスト無料ダウンロード
  • コンサルティングレポート
  • 講演依頼

給食ビジネス

【創業初期・小規模給食会社様向け】「人工的なライン」で盛る!最新盛り付け事例
2018/7/09
【創業初期・小規模給食会社様向け】「人工的なライン」で盛る!最新盛り付け事例

本日は給食事業の中で工数がかかりやすい「盛り付け」についてお伝えさせて頂きます。
食数が多い会社様ですと、ベルトコンベアのラインで盛り付けをされていることと思います。
ベルトコンベアについてはまだ検討中という会社様に、是非一度お試しいただきたい「盛り付け」事例をご紹介させていただきます。
 
ベルトコンベアなしの盛り付けといえば、弁当箱を一面に並べてから一品ずつ盛り付ける、という方法ではないでしょうか。
先日伺わせて頂いた会社様では「人工的にラインをつくる」ことをされていらっしゃいました。
人工的なラインとは一体どのようなものか。
それは弁当箱を手で押していく、という方法です。
 
具体的には先頭の方が弁当箱を追加し、弁当箱と弁当箱の隙間が無い状態で、押していくというイメージです。
   
順番としては
①一列に並ぶ
②先頭の方が弁当箱押していく(※弁当箱は硬いものに限る!)
③2番目以降の方はラインのように惣菜をいれていく
というものです。
イメージできますでしょうか?
  
バランスとしては
先頭の方:弁当箱とお惣菜1種類
先頭以降の方:お惣菜2種類
が最適です。
 
とても斬新な方法ですが、ラインの無い会社様ではこちらの「人工的なライン」での盛り付けの方が速い場合がございます。
通常の弁当箱を一面に並べて盛り付けする方法と、人工的なラインでの盛り付け、どちらが速いか是非一度お試しされてみてはいかがでしょうか?

執筆者
橋田 佳奈
★給食会社様必見★<br> ゼロから立ち上げる高収益な肉バル開発事例を公開します。
2018/7/09
★給食会社様必見★
ゼロから立ち上げる高収益な肉バル開発事例を公開します。

本日は船井総研の給食コラムをご拝読いただいている皆様に
飲食店ビジネスへの新規参入についてお話をさせていただければと思います。
 
現在の本業が上手くいっている経営者様にこそご一読いただければと思います。
 
船井総研の外食チームがオススメしているビジネスモデルの一つが今回ご紹介する「肉バル」業態です。
 
「バルってよくわからない」
「ああ、今流行っているあれね」
「一過性のブームじゃないの?」
などのお声をお聞ききします。
 
「肉バル」は
簡単に言うと
ステーキとワインを手頃な価格でおしゃれに楽しめる飲食店です。
 
ここ数年外食業界は「肉ブーム」と言われるほど牛肉を使った業態は増えております。
 
大手回転すしチェーンでさえ、フェアメニューに肉寿司を投入するほどです。
 
一方、近年では若者のアルコール離れが叫ばれておりますが、
いまだ消費が伸び続けているのが「ワイン」です。
 
成熟した外食の市場において「伸びている食材の掛け算」で業態化されているのが
「肉バル」です。
 
さらに外食市場も他業界同様に人不足が深刻なのですが、おしゃれなバル業態は
非常に「人材採用しやすい」のが最大の特徴です。
 
「カッコイイ店ではたらきたい」
「おしゃれな人が集まる店で働きたい」
といった要望に対応できる業態であるため、人が集めやすいのです。
 
皆様ご存知のスターバックスコーヒーは、
「スタバで働いていることがステータス」
という地位を確立することで、
優秀な人材の確保に成功しています。
 
これからの外食ビジネスにおいては
「社員やアルバイトが働きたいと思う業態を作る」ことが
非常に重要です。
この点においても「肉バル」は優良なビジネスモデルと言えます。
 
実際に肉バルを出店した事例を少しご紹介させていただきます。
 
A社は
肉バル業態を20坪の小規模で出店し、
平均月商800万円を売上げ、営業利益約20%を達成しています。
投資コストも2000万円程度で出店できており、
投資回収も早くすぐに2店舗目,3店舗目を出店しています。
 
またB社は
30坪で12月の繁忙期には最高月商1400万円を達成!
利益率も25%と非常に高収益なビジネスモデルを確立されています。
また、メディアからの取材依頼も多く、集客力の高い事例となっています。
 
・飲食店を開業したいがやり方が分からない
・本業以外の第二の柱を構築したい
・展開可能な飲食店のビジネスモデルに興味がある
方はぜひ7月24日に東京で開催するセミナーにお越しくださいませ。
 
異業種から肉バルに参入され、24坪で売上775万円、営業利益20%以上を達成されている
有限会社ボイスの代表取締役社長赤塚氏を招いてセミナーを開催いたします。
 
有限会社ボイス様は山形で美容業を営んでいた企業様で、
一昨年の12月にニクバルを山形駅から徒歩8分の二等立地に出店されました。
初月775万円を売上げ、現在も平均月商600万円超えを維持し、営業利益20%を達成し続ける繁盛店を経営されていらっしゃいます。
 
異業種からの飲食ビジネス参入の成功ノウハウが得られる良い機会になるかと思いますので
是非ご参加下さいませ。
 
より詳しい内容については下記より確認できますので、ご興味のある方はご覧いただけますと幸いです。
 
★異業種からの参入で肉バル開発成功セミナーのご案内★
http://www.funaisoken.co.jp/restaurant/funai-food-business/034097_lp.html

執筆者
西岡 拓真
原価率と食材ロス
2018/6/29
原価率と食材ロス

みなさん、こんにちは。
シニアフードチームの宮崎です。
 
「原価」の考え方、ということで
本日はお弁当の商品力を上げるための原価の
考え方についてお伝え致します。
 
設定原価を設け、その基準通りに商品を作って
お届けできた!と思っている方は
お客様の元へ、その掛けたと思っている原価が
全て届いていますか?
 
要するに
仕込みすぎのロス
作りすぎのロス
廃棄のロス
売れ残りのロス など…
 
上記の食材の無駄は起きていませんか?
 
食材原価はただかければいいものではありません。
 
勿論、かかる経費は食材原価だけではありませんので、
人件費、販管費など合理化する必要があります。
 
合理化した上で食材原価の比率を上げるという
考え方は必要です。
 
ただ、
 
伸びている企業は原価をかけているとはいえ、
他社と比べて5%も10%も上げている、
というわけではございません。
 
 
業績を伸ばしている会社程、
原価とロス管理が徹底されていますし、
逆にいうとそのブラックボックスを
解明できていない会社が
利益体質を作ることは非常に難しいです。
 
改めて自社の原価管理の見直し、そして
食材ロスの管理を見直してみては
いかがでしょうか?

執筆者
宮崎 亜沙美
フードビジネス.com
2018/6/25
2020年HACCP対応義務化決定!HACCP対応で利益を生み出す方法とは!?

いつもありがとうございます。
船井総研の井上です。
 
『2020年、給食業においても
HACCP対応が義務化となる』
 
給食業を経営される経営者様、
この決定をご存知でしょうか?
 
今ある会社、そして事業を持続的に
伸ばしていく意思のある給食会社様は
必ず対応をしなくてはなりません。
 
「大きな投資がかかる」
「工場の生産性が下がる」
 
といったイメージを多くの経営者様が
お持ちになられると思いますが、
実はHACCP対応は利益を生み出すための
重要なポイントとなるのです。
 
今回は地場給食業が低投資で導入し、
儲かるHACCP導入を実現された事例を
お送りさせて頂きます。
 
その会社の名は、株式会社フードシステム様。
 
当時発祥して間もなかった
「フレッシュランチグループ」のFCに加盟し、
現在の給食業を専門とした会社を昭和63年に創業。
 
地元富山でシェアを伸ばし、毎年増収増益。
 
その背景には、HACCP導入による
大型受注・生産効率の大幅向上が、大きく貢献。
 
現在では一日約1.5万食を製造販売している
企業様です。
 
投資がかかり、工場生産性が下がると
イメージのあるHACCP対応が
給食会社として地域一番のシェアを
獲得するまでをもたらすストーリー。
 
どんな取り組みを行ったのか
皆様気になりますよね?
 
そういったお声にお応えして、
このフードシステム様を特集した
緊急レポートを配信してまいります。
 
 
<緊急レポートは以下のURLから!>
http://www.funaisoken.co.jp/food/funai-food-business/034095_lp.html
 
 
このコラムをお読みになっている皆様は
特に感じられている部分もあるかと
思いますが、給食業における
産業給食市場は確実に縮小傾向かつ
薄利と言われています。
 
消費人口減少による競争激化・・・
労働人口減少による人手不足・・・
景気変動による先行き不透明・・・
 
そんななかで、このフードシステム様は、
地場給食業において業績を右肩上がりで
伸ばし続けています。
 
この矛盾をどうやって実現したのか?
 
答えはズバリ、
低投資&儲かるHACCP導入の実践。
 
「闇雲に答えの出ないやり方を続ける」
 
から、
 
「業績を伸ばすための方法を素直に
『実践する』」
 
是非、地場給食業だからこそ達成できた
このストーリーを、全国給食業経営者様の
今後の経営に役立てて頂ければ幸いです。
 
 
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
 
地場給食業が低投資で導入し、儲かる
HACCP導入により地域一番を実現した
ストーリー。
 
↓↓↓↓↓↓↓↓↓詳しくはこちら↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.funaisoken.co.jp/food/funai-food-business/034095_lp.html

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

執筆者
アシスタントコンサルタント
井上 裕基
その他おすすめの記事