一次産業専門経営コンサルタントの役立ちコラム | 一次産業ビジネスのコンサルティングなら船井総合研究所

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
  • ビジネスTOP
  • セミナー
  • 研究会
  • 業績アップテキスト無料ダウンロード
  • コンサルティングレポート
  • 講演依頼

一次産業ビジネス

地元イベントはSNSで集客せよ!経営者が知っておくべきSNS活用とは!?
NEW
2018/4/17
地元イベントはSNSで集客せよ!経営者が知っておくべきSNS活用とは!?

ご覧いただきましてありがとうございます。
フードSPAGの小林駿介です。
 
今年もあっという間に4月。
各社の直売店では蔵祭りや工場祭、GWイベントと地元のお客様に喜んでもらうイベントを多数行なっているかと思います。
 
今年も過去最高の集客が出来ている会社がたくさんありまして、その集客施策の結果分析が出て来ております。
 
今年の集客施策には明らかに去年と違う傾向が見られます。
 
それは
圧倒的な省人化WEBシフトの集客です。
 
これまで1番効果があるのは間違いなくチラシでした。
手配りでしたら、反響率で3~5%、高いと8%にもなるチラシですので、1000枚配布すると約500人の集客につながります。
 
しかし、今どの企業でも人材は不足し手間がかかる手配りチラシなどに多くの工数がかけられなくなってきている現状があります。
 
そんな中、最近のイベントで近年最高の集客を誇った会社様では
手間のかからないWEB集客に初めて取り掛かりました。
 
やったことはシンプルに3つ
1.自社HPでイベントの告知
2.SNSを更新
3.SNS広告
 
これを最適なタイミングで工数をかけずに行いました。
 
すると集客の7~8%がSNSを見て来場した!
という結果が出たのです。
 
しかもそのほとんどがチラシでは中々訴求しづらい商圏を少し離れた新規のお客様でした。
 
まだ、イベントの集客などでは
脱チラシ!
とは言えないでしょう。1番効果があるのは手配りするチラシであったり折り込みチラシです。
ただ明らかにWEBが遅れていると思われる地方でもWEBシフトが進んで来ています。
 
これを私達は
集客を省人化するチャンスだ
と捉えています。
 
この機会にぜひ一度取り組みを進めて見てください。
 
今月末に行われます食品経営研究会ではWEB集客について、お話させていただきますのでご興味がある方はお気軽にお問い合わせください。
 
最後までお読みいただきましてありがとうございました。
 

 

コンサルタントコラムの更新は、Facebookページでもお知らせしています。
執筆者
小林 駿介
農業がこれから向かうべきマーケットとは!?~2018年の6次産業化成功パターンとは~
2018/2/13
農業がこれから向かうべきマーケットとは!?~2018年の6次産業化成功パターンとは~

こんにちは
 

現在、6次産業化についてのコンサルティングを行っております。
船井総合研究所フードSPAグループの小林駿介と申します。
 

~6次産業化とは~
農林漁業者が,自ら,または,2次産業事業者,3次産業事業者と連携して,農林水産物・景観・文化等の地域資源に付加価値を付けながら消費者・実需者につながり,その収益部分のより多くを農山漁村地域にもたらして所得と雇用を確保し,活力ある地域社会の構築を図ろうとする取組
(農林水産省HPから)
 

2018年が始まって、早くも1ヶ月が過ぎました。
 

農林水産省の1月上旬統計では
 

果実総量で対前年比121%
みかんで対前年比141%
いちごで対前年比111%
 

とかなりの高値で水準しております。
 

昨年の10月の台風の影響などから今年は特に
みかんが高騰しているようです。
そもそも1980年代から見ると生産量が3分の1以下になっているみかん。
生産農家の高齢化によって生産量が減ってしまっている現状を見ると、値段は上がり続けるとみて間違いないのかもしれません。
値段が上がり続けるのは良いことでしょうか?
 

農家が儲かるからよいというのは間違いです。
 

割高感が消費者の購入意欲を減退させ“果物離れ”が進み
国産の果物市場自体が縮小してしまうという事が考えられるからです。
 

では、こんな中で農家はどのような動きをするべきなのでしょうか?
 

それは
“良いものを作り続ける”
という事に加え
“自社の良さをアピールしてより付加価値の高い商品に加工して販売する”
という事、つまり6次産業化が重要だと私たちは考えています。
 

国産の自分たちが作った果物を自分たちの手で加工して販売することによって
ファンを作り続け
一次産業を稼ぐことができる、かっこいい魅力的な産業としていかなくてはならないのです。
 

これから取り組むべき6次産業化の最初の考えとは?
 

では、6次産業化を行うといって実際なにをすればいいのでしょうか?
 

商品を作る上でまず考えなくてはならないのは
 

“誰に何をどのように販売するのか”ということから
 

商品開発を考えなくてはならないという事です。
 

いくら美味しい商品ができてもそれを求める人が一人もいない商品になってしまうと
何の意味もありません。
 

どのようなところに販売するのか、そこにマーケットはあるのか?という事を考えて商品開発を進めていきましょう
 

2018年船井総研がおすすめする“伸びるマーケット”とは?
 

船井総研が2018年おすすめする伸びるマーケットはずばり
 

“観光マーケット”
 

です。
 

日本人国内延べ旅行者数は平成28年の統計で、
旅行全体で64,108万人で前年比が6%増加、
宿泊旅行32,566万人、前年比4%増、
日帰り旅行31,542万人、前年比8.1%増となっています。
 
 

このマーケットは人口減少の中堅調に伸びており
今、ここに参入している企業がどんどん業績を伸ばしてきています。
 

まずは自社の近くで観光地と呼べる場所はありませんでしょうか?
 

そこで自社の商品が販売され人だかりができる、そんな商品を検討してみてください。
 

船井総研でご支援させていただいている企業様でも観光マーケットに参入して成功している企業様がたくさん出てきております。
 

本日の内容をもっと知りたい方は下記より資料をダウンロードいただきご確認くださいませ。
【ダウンロードコンテンツ】
 

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

 

コンサルタントコラムの更新は、Facebookページでもお知らせしています。
執筆者
小林 駿介
農業の100年企業が取り組む自立型経営
2018/1/30
農業の100年企業が取り組む自立型経営

千葉県で酪農を100年以上経営されている成田ゆめ牧場(秋葉牧場)の経営者にお話しをお伺いする機会がありました。
 
その話の中で出てきた、農業で100年続く農業経営の成功のキーワードは
 
①自立型経営
②加工品開発
③観光市場開拓
 
になります。

執筆者
マーケティングコンサルタント
前田 輝久
2018年スマホ世代に対する、新規顧客獲得から信者客化への取り組みとは?
2017/12/03
2018年スマホ世代に対する、新規顧客獲得から信者客化への取り組みとは?

メーカー・フードマーケティングチームにて

食品メーカーのコンサルティングを行っております薄田です。

船井総研ではO2Oの販促モデルを立ち上げるために食品メーカー・特に醸造業の会社様の工場祭・蔵祭りのご支援とWEBを活用した販促を行っております。

執筆者
薄田 陽