飲食店専門・経営コンサルタントの役立ちコラム | 飲食店の経営相談・コンサルティングは、実績豊富な船井総研フードビジネス支援部へ!

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
  • コンサルティングメニュー
  • コンサルタント紹介
  • コンサルティングレポート
  • セミナー
  • 業績アップテキスト無料ダウンロード
  • お問い合わせ
  • 講演依頼

外食ビジネス

【省人化×均一価格】脱・人手不足の次世代高収益型焼肉業態で月商2000万円を目指す
2018/12/25
【省人化×均一価格】脱・人手不足の次世代高収益型焼肉業態で月商2000万円を目指す

皆様

こんにちは。

本日は、「売上拡大の頭打ち」「原価高騰」

「人件費高騰」に悩む郊外ロードサイドの焼肉店のお客様に

「脱・人手不足」を実現し、「均一価格」による集客力で

月商2000万円を狙える「次世代高収益型焼肉業態」についてお話させていただきます。

 

本日は以下の二点から本ビジネスモデルについて解説させていただきます。

1.人口減少時代にも成長できる【省人化ビジネスモデル】の開発が企業の持続的成長につながる
2.脱食べ放題による【高い席回転モデル】
~120分客単価3000円モデルから60分客単価2000円モデルへのシフト~

 

1.人口減少時代にも成長できる【省人化ビジネスモデル】の開発が企業の持続的成長につながる

「次世代高収益型焼肉業態」の一点目のポイントは、

外食業界のみならず日本中が頭を悩ませている「人口減少に伴う人材不足問題」に苦しまずに済む点です。

これは、「採用媒体に広告費をかける」「新しい採用方法を実施する」「採用されやすい企業にする」という

選択肢ではなく、「そもそも人手を必要としない(=省人化を実現した)業態」を開発するという選択肢です。

「次世代高収益型焼肉業態」はタッチパネル、オーダーレーンを使用することで25卓128席の大箱でも

ホールスタッフが「たったの4人」で運営できます。

これは「タッチパネル」「オーダーレーン」というツール(機械)を活用することで、

ホールスタッフの「オーダーから提供」までを機械にすることでホールスタッフの手間をかけさせないことで

そもそものホールスタッフの人数を減らすという考え方です。

また、水やお茶などを「セルフドリンクコーナー」にお客様に自分で取りに行ってもらう等の

細かい点も「セルフ化」をすることで「省人化」を実現しています。

これにより、多くの人員を抱えずとも営業ができます。

 

2.脱食べ放題による【高い席回転モデル】
~120分客単価3000円モデルから60分客単価2000円モデルへのシフト~

次に、「ビジネスモデル」の転換についてお話しいたします。

現在、日本フードサービス協会の発表では「焼肉業界」の売上は2018年11月時点で

23ヶ月連続売上が昨年対比で増加しておりますが、その実態は「焼肉食べ放題業態」を展開する

大手チェーンが業界を牽引しております。

「焼肉食べ放題業態」のビジネスモデルは、「原価・人手をかけて120分で客単価3000円を売る」ビジネスモデルです。

「焼肉食べ放題業態」の成長は著しく、お客様のニーズにも応えていることは間違いないのですが、

焼肉業界を取り巻く市場環境との「ひずみ」が生じ始めていることは間違いありません。

その「ひずみ」とは「牛肉の原価高騰」と人手不足による「人件費高騰」です。

焼肉食べ放題業態は、そもそも「高原価」の業態でありなおかつ「人手を必要とする業態」です。

食べ放題はどうしても「売価以上に食べられる」「廃棄ロス」等、原価が高くなりがちですが

そこに「牛肉の原価高騰」が追い打ちをかけています。

また、単品注文の焼肉はお客様一人当たりの注文数がドリンク込みで「1人6皿」に対し、

焼肉業態はドリンク込みで「1人15皿」かかります。

これは提供するキッチン・ホール双方に負荷がかかり、人数も必要となります。

 

つまり、「原価高騰・人手不足」問題をクリアできる会社でなければ

焼肉食べ放題業態(現時点で焼肉業界を牽引する業態)を経営することは難しいと言えます。

 

それに対し、「次世代高収益型焼肉業態」は「全品380円以下の均一価格」で商品構成を組みます。

商品構成を食べ放題ではない全品380円以下の商品構成とすることで、客単価は2000円となります。

また、食べ放題業態ではないため、注文数も少なくなり時間制限もないため席の滞在時間は60分となります。

そして先述したように、タッチパネルやレーンなどの省人化要素を組み込むことで人件費を下げます。

 

よって、「焼肉食べ放題業態」と「次世代高収益型焼肉業態」のビジネスモデルの違いは以下の通りです。

 

・焼肉食べ放題業態     高原価・高人件費・120分@3000円

・次世代高収益型焼肉業態  高原価・低人件費・60分@2000円

 

上記の通り、少ない人数で運営するため無理なく営業でき、また時間当たりの売上も焼肉食べ放題業態よりも高い、つまり高収益な業態となっております。

 

ここまでお伝えさせていただいた「次世代高収益型焼肉業態」を、実際にオープンされた経営者の生の声がきけるセミナーを開催することになりました。

 

・省人化を実現するオーダーレーンとはどの様なものなのか?

・初期投資はどのくらいかかるのか?

・全品380円以下を実現する商品構成とはどの様なものなのか?

・売上をたてるための集客方法とは?

など、「次世代高収益型焼肉業態」に関する情報をあますことなく大公開させていただきます。

 

セミナーの詳細・申込は以下の通りです。

セミナーホームページ

 

◆開催日時

2019年2月21日(木)13:00~16:30

◆場所

船井総研 五反田オフィス(東京都品川区西五反田6−12−1)

◆ゲスト講師

株式会社ランドマーク 代表取締役 森 幸太郎 氏

◆ゲスト講師紹介

静岡県浜松市にて焼肉店を6店舗経営する。

郊外ロードサイド型の家族三世代向けの焼肉店「火の国」をはじめ、

国産牛を使用した食べ放題専門店「牛の蔵」を展開。

さらに繁華街立地ではほとんどのメニューを1皿380円以下に設定し、

500円でレモンサワーが飲み放題の焼肉酒場業態をオープンするなど新業態開発にも意欲的である。

今回開発の「オーダーレーン」を導入した「全品380円以下の焼肉店」は省人化対応の焼肉店であり、

人口減少が止まらない地方郊外における先進的なビジネスモデルとして着手している。

 

セミナーホームページ

 

是非、原価高騰・人手不足・人件費高騰の時代を勝ち抜きたい経営者様はお申し込みください。

 

ありがとうございました。

執筆者
岡本 星矢
プロフィール
高級弁当宅配専門店徹底攻略セミナーのお知らせ【2/7@大阪・2/18@東京】
2018/12/21
高級弁当宅配専門店徹底攻略セミナーのお知らせ【2/7@大阪・2/18@東京】

いつも飲食店経営に関するコラムをご愛読頂きありがとうございます。
船井総研フードデリバリーグループの春日です。
 
商圏人口15万人の地方都市で、
飲食店、惣菜店を撤退し高級弁当&オードブル宅配事業に特化し、
「年商2.6億円」を
達成した株式会社ふるかわの古川社長が登壇する
高級弁当宅配事業業績UPセミナーのご案内です。
 
( お申込み、詳細はこちらから⇒
http://sem.funai-food-business.com/seminar/039609/
 

 

 

 
このセミナーでは、古川社長がなぜ「飲食店・惣菜店経営から
撤退し高級弁当宅配事業に特化したのか」を赤裸々に語って頂きます。
 
セミナーでは、弁当宅配事業に参入し、成功する企業の具体的な
事例をたくさん公開します。
 
成功する企業様を見ると、下記の様な成長ステップを
踏んでいることが多いようです。

 
当日は上記のステップを踏むための具体的なノウハウ、
成功事例企業の具体的な実践方法を惜しみなくお話させて頂きます。
 
詳細を知りたい方、質問がある方は担当コンサルタントの春日まで
お気軽にご連絡ください。
皆様とお会いできることを楽しみにしております。
 
( お申込み、詳細はこちらから⇒
http://sem.funai-food-business.com/seminar/039609/
 
 
船井総合研究所:春日大輝
TEL 08041817803
MAIL d-kasuga@funaisoken.co.jp
 
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
 
「飲食・惣菜店舗経営」撤退 ⇒ 「高級弁当宅配専門店」特化で
年商2.6億円!商圏人口15万人エリアの高級弁当宅配専門店ふるかわが
経常利益率5%を安定的に達成し続ける理由大公開セミナー
 
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓詳しくはこちら↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://sem.funai-food-business.com/seminar/039609/
 
毎回満員御礼!前回セミナーは100名以上が参加!
 
【大阪会場】2019年2月7日(木)13:00~16:30(受付12:30~)
(株)船井総合研究所 大阪本社
大阪府大阪市中央区北浜4-4-10
 
【東京会場】 2019年2月18日(月) 13:00~16:30(受付12:30~)
(株)船井総合研究所 東京本社
東京都千代田区丸の内1-6-6 日本生命丸の内ビル21F
 
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

執筆者
マーケティングコンサルタント
春日 大輝
プロフィール
高収益な鶏焼き酒場ビジネスモデルのご紹介
2018/12/19
高収益な鶏焼き酒場ビジネスモデルのご紹介

皆さま、こんにちは。

6月に入り梅雨の時期となりました。

集客が天気によって左右されやすい時期だからこそ

売上予測とシフトコントロールが大切になってきますね。

夏の繁忙期対策と共に実行していただければと思います。

 

現在、居酒屋業界において「鶏肉」を主力としたビジネスモデルを

展開されている方は多いかと思います。

 

特に焼鳥業態は馴染みもあり、業態の敷居も低いため集客しやすい

特長があると思います。

しかし、焼鳥業態には店内での串打ちという仕込みの苦労が存在します。

 

この仕込の苦労から解放される非常に収益性の高い鶏業態が存在します。

 

詳細やその他お問合せ・ご相談につきましては、

下記リンク先をご覧くださいませ。

https://www.funaisoken.ne.jp/mt/funai-inshoku/inquiry.html

 

 

執筆者
チームリーダー/シニア経営コンサルタント
石本 泰崇
プロフィール
ー中国に見る飲食最新時流とはー 上海・フードビジネス革新企業視察セミナー  2019年1月15日(火) – 16日(水)
2018/12/18
ー中国に見る飲食最新時流とはー 上海・フードビジネス革新企業視察セミナー 2019年1月15日(火) – 16日(水)

【飲食業経営者向け上海視察セミナーのご案内】
 
上海視察セミナーのご案内第2段となる今回は、
視察先についてご紹介させていただきます。

 
今回の視察では、物語コーポレーションの上海現地法人、
物語(上海)企業管理有限公司が展開する超繁盛店
「北海道 蟹の岡田屋総本店」
「薪火焼肉 源の屋総本店」
をメインに視察致します。

 
 
中国での飲食店出店を検討している
☑既に出店しており、中国ならではの経営の課題をかかえている
☑国内での店舗展開とは異なる海外進出のポイントを学びたい
中国最先端の実例に触れ、今後の飲食業界の時流を知りたい
☑日本国内で外国人観光客を集客したいと考えている方
 
このようなお考えをお持ちの飲食業経営者様は必見!!
▼▼▼セミナーの詳細・お申込はこちら▼▼▼
http://sem.funai-food-business.com/seminar/041101/
 
 
 
【視察先のご紹介】
 
<北海道 蟹の岡田屋総本店>
 
2015年オープン、現在16店舗展開中の蟹業態
平均月商2300万円、繁忙月には月商6000万円も
日本の食事を中国の文化に合わせて楽しんでもらうコンセプト作り
 
北海道 蟹の岡田屋総本店は2015年にオープンし、
現在上海を中心に中国国内で16店舗展開中の、
蟹料理を中心とした日本料理専門店です。
平均月商2300万円、繁忙月には月商6000万円を売り上げるほどの
繁盛店にまで成長されています。
 
中国にいながらにして、日本を訪れたような体験をしてほしい、という思いと
中国人が日本に訪れたときによく食べるものは何か、という視点で
北海道のイメージをベースにした「蟹業態」に着目しました。
 
店頭には巨大な蟹のオブジェクト、大太鼓や紅白の提灯などを配置し、
お客様の来店時には、浴衣にたすき掛け姿のスタッフが和太鼓を叩き
「いらっしゃいませ」と元気よく声を合わせる、
日本の夏祭りをテーマにした店舗となっています。
 
日本式の海鮮メニューや日本酒の豊富な品ぞろえなどで日本の文化を発信しつつ、
ボリュームを重視し、大皿を囲んで食べる中国の文化に合わせ、
1品1品のボリュームを大きく、刺身は大皿で盛り込むなど中国人向けのアレンジも。
 
日本以上にSNSによるシェアが顕著で、
オシャレで洗練されたお店の多い上海の目の肥えたお客様を相手に、
飽きさせないメニュー開発や商品の見せ方も常に考えられています。
 
 
<薪火焼肉 源の屋総本店>
 
2018年3月オープン、10月には月商7800万円達成!
青森・ねぶたをコンセプトにした薪火焼肉
高品質の料理を実演性の付加やSNS映えする見せ方で提供
 
蟹の岡田屋に続き、2018年3月オープンした焼肉業態。
その後順調に売り上げを伸ばし、
わずか半年後の今年10月には月商7800万円を突破しました。
 
日本式焼肉専門店として、内外装からメニューまで
一貫したコンセプトで構成されています。
成功した蟹の岡田屋のスタイルを踏襲し、
店頭には強烈なインパクトのある青森ねぶたや大太鼓を設置し、祭りを表現しています。
 
米国スタイルのグリルマシーンで焼く『薪火焼肉』を中心とした焼肉メニューを高品質で提供。
また、和食をベースにしたサイドメニューも豊富に揃え、日本の食文化を楽しむことができるようになっています。
 
 
<視察先のポイント>
 
今回ご紹介した2つの店舗は、いずれも日本食メインですが、
駐在の日本人をターゲットにしているわけではありません。
 
蟹の岡田屋の客数を国別に見ると、98%は中国人。
完全にターゲットを中国人にしています。
 
その上で日本食を商材にしながら、
どうすれば今の中国人にそれが受け入れられるかを分析し、
一貫したコンセプトで店舗・業態を開発されています。

 
 
これは何も中国での出店・業態開発に限った話ではなく、
日本国内でも今後ますます必要となってくる視点です。
 
また、国家戦略として訪日数を増加させていく方針で、
特にアジアからの旅行客は今後も増加することが見込まれています。
 
インバウンド需要を獲得していく上でも、
外国人という、今までとは全く異なるターゲットに対しどうアプローチすべきか
というノウハウもまた、今後必須になってきます。
 
 
今回の視察は、「中国の繁盛店を見るツアー」ではなく、
「中国人を相手にした、時流を踏まえた業態開発のノウハウを学ぶセミナー」です。
 
急成長している中国・上海の飲食市場の中だからこそ
今学ぶべきモデル店だけが頭角を現しています。
 
年間数多くのセミナーを開催している弊社においても、またとない機会ですので、
ぜひ多くの勉強好きな経営者の皆様にご参加頂ければと思います。
 
 
【セミナー詳細】
●開催日時:
2019年1月15日(火)~16日(水)
※セミナー工程上、14日に前日入りして頂く必要がございます
 
●場所:
中華人民共和国 上海市
(現地集合・現地解散となります)
 
●参加料金:
会員企業:68,000円 / 1名様
一般企業:85,000円 / 1名様
 
●ホテルの手配について:
ご希望の方は、弊社にてホテルの手配を行います。
 
料金 :1名様17,000円/2泊(2名様1部屋でのご利用)
ホテル:ザ・ロンジモント 上海
http://www.thelongemonthotels.com/default-ja.html
 
※当日の集合及び解散場所も上記ホテルになります。
※航空券も手配を希望の方は、個別にご相談ください
 
●申込期限:
2018年12月28日(水)
 
 
▼▼▼お申し込みはこちらから▼▼▼
http://sem.funai-food-business.com/seminar/041101/
 
① ご案内ページより、「このセミナーに申し込む」をクリック
②申込フォームの諸項目に入力をいただき、送信
③サンクスメールのリンクより申込用紙をダウンロード
④申込用紙に入力のうえ、(株)キャラバンツアー社に送付
をもって申し込み完了となります。
 
 
【視察先紹介】
・<成長著しい中国の飲食企業が集う>船井上海 飲食業経営者研究会総会
・<五感で日本を楽しむ日本料理の繁盛店>北海道 蟹の岡田屋総本店
・<日本式焼肉専門店成功モデル>薪火焼肉 源の屋総本店
・<30分配送アリババ傘下の生鮮スーパー>盒馬(フーマー)鮮生
・<ホールの無人化による人件費削減>ファストフード最新版省人化モデル
・<焙煎設備付きスタバ世界2号店>スターバックスリザーブ ロースタリー上海

 
※都合により変更になる場合もございます。
 
■ 視察内容に関してのお問い合わせ
TEL:0120-964-000(平日09:30~17:30)
担当:中田大介、櫻田智春
 
■ 旅行の申し込みに関してのお問い合わせ
TEL: 03-5295-1701 (平日9:30~18:00)
株式会社キャラバンツアー担当:岡部潤
 
セミナーのご案内は以上になりますが、
皆さまのご参加を心よりお待ちしております。
 
 
【貴社の海外企業研修をプロデュースします】
「最先端」デジタル文化体感研修
http://global.funaisoken.co.jp/in_session/in_session-535
日本人が知らない驚きのスピードで“進化し続けている”都市の
「最先端の暮らしと産業」を体感する海外企業研修
 
【飲食業経営者向け海外視察セミナー】
ー中国に見る飲食の最新時流とはー
上海・フードビジネス革新企業視察セミナー
http://sem.funai-food-business.com/seminar/041101/

執筆者
中田 大介
プロフィール