飲食店専門・経営コンサルタントの役立ちコラム | 飲食店の経営相談・コンサルティングは、実績豊富な船井総研フードビジネス支援部へ!

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
  • コンサルティングメニュー
  • コンサルタント紹介
  • コンサルティングレポート
  • セミナー
  • 業績アップテキスト無料ダウンロード
  • お問い合わせ

外食ビジネス


人手不足時代に対応したこれからの飲食店経営<br /> “収益性が高く” “生産性の高い”「新業態開発」のススメ
NEW
2017/9/21
人手不足時代に対応したこれからの飲食店経営
“収益性が高く” “生産性の高い”「新業態開発」のススメ

飲食店経営者の皆様、いつもコラムをお読みいただきありがとうございます。

いま、多くの飲食店では「人手不足」という悩みに直面しているかと思います。

執筆者
フードビジネス支援部部長/上席コンサルタント
二杉 明宏
これからの時代に必要な飲食店評価賃金制度とは
2017/9/06
これからの時代に必要な飲食店評価賃金制度とは

飲食店経営者の皆さん。
 
突然ですが、飲食店経営が困難な時代に突入していることにお気づきでしょうか。

 

■離職率 正社員約60%(3年以内)パートアルバイト約90%(3年以内)
※パートアルバイトは1年以内の離職率が約50%
■有効求人倍率調理3.02倍 接客3.82倍と全業種の2倍以上
※全業種1.51倍(2017年6月)
■平均時給 967円(全国平均)1036円(関東平均)
※2017年6月のフード業界平均時給

 

このほかに労働力人口の減少、ますます厳しくなる労務問題などヒトを取り巻く外部環境は厳しくなる一方です。

執筆者
大山 優
フードデリバリーは売上アップ以上に生産性アップを!
2017/8/30
フードデリバリーは売上アップ以上に生産性アップを!
益々加熱するフードデリバリー市場。
フードビジネスの中でも、数少ない成長マーケットのフードデリバリー市場。
 
大手の参入も続々増えてきましたし、総合商社さんや有名なポータルサイト運営企業さんからの経営相談も多くいただくようになりました。
 
ただし、一点気になっている事があります。
それは、フードデリバリーをさも特効薬のように考え過ぎているという事です。
 
よくよく冷静に考えてみて欲しいのですが、現在お店が人手不足という企業が多い中、フードデリバリーを安易に付加すればどうなるでしょうか?
 
もちろん、製造のピークタイムは若干飲食店の集客と異なるとはいえ、オペレーションに負荷がかかる事は目に見えています。
 
更に、衛生関連で問題が生じてしまうと、店舗営業すらストップをかけないといけないリスクがあります。
 
つまり、「労務リスク」と「衛生リスク」がつきまとう事は反面思っておかねばなりません。
 
それを見越して、大切なステップがあります。
執筆者
グループマネージャー シニア経営コンサルタント
堀部 太一
「デリバリー」「出前」において1店舗1ブランドで収益化できるか?
2017/8/17
「デリバリー」「出前」において1店舗1ブランドで収益化できるか?
「デリバリー」「出前」を展開する店舗様が増えています。
 
これまでのいわゆる宅配専門店の他、飲食店付加型(または併設型)で宅配事業を展開する店舗様が増えたことが要因のひとつでしょう。
 
また、エリアは限定されますが「ウーバーイーツ」や「出前館」が展開するような、配送業務の代行サービスが充実してきたこともそのひとつです。
 
配送に関しては、デリバリー大手が配送ロボットを率先して導入するなど、業界内の動きがまだまだ活発になりそうです。
 
いずれにしても、デリバリーや出前については益々ユーザーにとって身近な存在になるわけですが、店舗側が業績を上げて収益化するためにはどうすれば良いでしょうか?
執筆者
マーケティングコンサルタント
船越 良