宅配業専門・経営コンサルタントの役立ちコラム | 宅配・ケータリング業の経営相談・コンサルティングは、実績豊富な船井総研フードビジネス支援部へ!

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
  • ビジネスTOP
  • セミナー
  • 研究会
  • 業績アップテキスト無料ダウンロード
  • コンサルティングレポート
  • 講演依頼

宅配・デリバリービジネス


製造小売業・デリバリー業の人手不足対応及びロス削減
NEW
2017/9/14
製造小売業・デリバリー業の人手不足対応及びロス削減

皆様こんにちは、船井総研の小林です。

 

人手不足がますます加速するなかで、大手企業各社も営業時間の縮小や、機械化やセルフ化による省人化、業態転換などを迫られています。

 

中食業界でも、オリジン弁当などは労務環境の改善に取り組んでおり、24時間営業から深夜営業を圧縮し、代わりに朝食強化にシフトしています。

執筆者
チームリーダー / チーフ経営コンサルタント
小林 耕平
年末商戦にむけて再度考えたいこと
NEW
2017/9/14
年末商戦にむけて再度考えたいこと

こんにちは。
船井総研の春日です。

 

9月に入り、色々な企業様に伺っていると、一気に「 年末 」にむけての話をすることが多くなりました。
よく質問されるのは、
「今年はどんなおせちをつくればいいの?」
「そもそもおせちには力を入れるべきなの?」
という「おせち」に関することです。

 

新たに弁当宅配に取り組む企業様にとって「おせち」は未知であり、これまで「おせち」に取り組んできた企業様にとってはこれからどういう戦略を取れば良いか迷っていることが多いようです。

執筆者
春日 大輝
ブランドを磨くとは?
2017/9/08
ブランドを磨くとは?

「ブランド力がある」とは、どのような状態を示すのでしょうか?

慶應義塾大学環境情報学部特別招聘准教授で、「中川政七商店」「久原本家」のデザイン・クリエイティブコンサルティングを行い、「くまモン」を世に出した水野氏によれば、
 
デザインとは「らしさ」と定義づけています。

ではその「らしさ」とは何か?
人も企業も同様に、「内面にあるもの」だそうです。

 

その「内面にあるもの」をいかに偽りなくアウトプット(ロゴ、コピー)するかが、いわゆるデザインと言います。

 

デザインというアウトプットは言わずもがな、
センスのいいものに惹かれます。

 

ではその「センス」を磨くためにはどうするか?

1.王道と定番を知る。
2.流行を見つける。
3.共通点を見つける。

 

これは、船井総研で言うところの、

1.原理原則
2.時流適応
3.ルール化

 

とほぼ同じ意味なのではないでしょうか。

 

WEB、SNSを通して店舗も企業もすぐに見えてしまう昨今です。

 

どれだけいい会社、待遇の良い会社、未来のある会社、繁盛店でも、ブランドのアウトプットがダサいもの、カッコ悪い物、よくわからないものでは、いくらマッチングした人材でもすれ違いが起こってしまいかねません。

 

ブランドを磨くために、自分達の「らしさ」を追求して、上手にアウトプットするために、日々センスを磨く3条件を習慣化、随時アップデートしていきましょう。

 

コンサルタントコラムの更新は、Facebookページでもお知らせしています。
執筆者
マーケティングコンサルタント
船越 良
自社でも出来るWEB販促と紙販促のクロスメディアとは?
2017/9/07
自社でも出来るWEB販促と紙販促のクロスメディアとは?

皆様
船井総研 中食コンサルタントの林田です。

 

今回は自社でも取り組めるクロスメディアについてお伝えします。

執筆者
林田大碁