宅配業専門・経営コンサルタントの役立ちコラム | 宅配・ケータリング業の経営相談・コンサルティングは、実績豊富な船井総研フードビジネス支援部へ!

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
  • ビジネスTOP
  • セミナー
  • 研究会
  • 業績アップテキスト無料ダウンロード
  • コンサルティングレポート
  • 講演依頼

宅配・デリバリービジネス

持続的な業績アップには、一次情報の収集が非常に大切
NEW
2017/11/21
持続的な業績アップには、一次情報の収集が非常に大切

先日は宅配・ケータリング研究会の例会にて、
北海道の繁盛店視察ツアーがありました。
 
この日のゲストは、
①セイコーマートと展開される、セコマの丸谷社長
②回転寿司トリトンを展開される、北一食品の小笠常務
 
のお二人にお話頂きました。
 
両者さん共通して言えるのは、
「大手資本が参入しても勝てる、地元密着の超繁盛店」です。
 
業態で言えば、コンビニ・回転寿司ですので、
どうしても大手資本に包み込まれそうに思うかもしれません。
しかし、そこで勝つためのポイントというのが沢山ありました。
 
両社さん共にそれぞれ超繁盛店ですので、
様々な情報があふれかえっています。
 
しかしながら、やはり実行に繋がりやすく、
かつ成果に最短距離でいけるのは、
 
①現場を見て、
②トップの考え方を直接聴く。
 
これに尽きるなと非常に実感しました。
今回だけでも非常に多くのエッセンスがあり、
 
・大手が広げるなら、逆に深堀していく
・大手がやらない事、できない事を徹底して深堀していく
・地域のお客様を味方につける
 
この辺りが、大手が来たとしても勝つポイントだなと凄く感じました。
 
来年以降も、フード支援部として様々な現場視察を企画していますので、
二次情報や三次情報ではなく、是非一次情報を得に、
ご参加くださいませ。
 

コンサルタントコラムの更新は、Facebookページでもお知らせしています。
執筆者
グループマネージャー シニア経営コンサルタント
堀部 太一
中食・フードデリバリー業界からの飲食店参入のメリットと成功のコツとは!
NEW
2017/11/16
中食・フードデリバリー業界からの飲食店参入のメリットと成功のコツとは!

こんにちは、船井総研の山崎です。
今回は、中食・フードデリバリー業界から飲食業界に参入するメリットと
第二の事業として成功させるコツについてお話させていただきます。

執筆者
マーケティングコンサルタント
山崎 滝也
地方ホテルが今後取り組むべき「高級弁当宅配×人手不足対応型モデル」とは?
2017/11/15
地方ホテルが今後取り組むべき「高級弁当宅配×人手不足対応型モデル」とは?

宿泊特化型ホテルの地方進出による本業収入の減少...
インバウンドの活況で宿泊業界の市場規模が増加傾向にあるなか、
なかなかその傾向を実感できないホテル経営者様は多いかと思います。
(実際宿泊者数が減少している都道府県は全国に11もあります。)
 
大規模修繕を控える企業が多いなかで、
そもそも事業の転換を検討されているというクライアント企業様も、
数多くいらっしゃいます。
 
一方で事業を転換しようにも、
婚礼件数、単価の下落による売上減少...
法人宴会件数、単価の減少...
など、これまで地方ホテルの収益を支えていた事業についても、
年々市場は縮小傾向にあり、既存の延長で成長を見込むことは難しいでしょう。
 
こういった背景を受け、
新規事業を検討されている経営者様も多いかと思いますが、
年々激化していく人手不足時代のなかで、
既存事業を運営することで手一杯、というお声もよく伺います。
 
このような地方ホテル様にとっては厳しい状況が続くなか、
着実に成長を遂げている地方ホテル企業様もいらっしゃいます。
 
あるご支援先では、人口4.7万人という過疎エリアにも関わらず、
高級弁当宅配事業に参入して初月で月商550万円・粗利350万円を付加。
 
さらに参入半年後には、人手不足対応型モデルへと転換し
料理売上は前年対比で30%以上伸ばしているにも関わらず、
労働時間は10%減少に成功するという成果を出されています。
 
こちらの会社様も元々は他の地方ホテル様同様、
婚礼件数はピーク時の1/4に下落、宴会件数も減少傾向にあるなかで、
ホテル全体の売上は10億円から6億円まで下落している、
そんな厳しい経営状態でした。
 
そういったなかで、現在全国でご依頼が増えている、
「高級弁当宅配×人手不足対応型モデル」
に取り組んで頂いた結果、
上記のような成果を出すことに成功したのです。
 
2020年以降に備えて、
何か新たな打ち手を作りたいという経営者様は、
是非以下のレポートをお読み頂き、
今後の経営の参考にしてみてはいかがでしょうか?
(レポートをご覧になる方は以下のURLよりダウンロードください。
http://www.funaisoken.co.jp/seminar/025180.html
 

コンサルタントコラムの更新は、Facebookページでもお知らせしています。
執筆者
チームリーダー / チーフ経営コンサルタント
小林 耕平
繁忙期売上構築と閑散期売上構築の違いを見直してみましょう
2017/11/10
繁忙期売上構築と閑散期売上構築の違いを見直してみましょう

皆さん、こんにちは。
中食コンサルタント 船井総研林田です。
 
今回は来年2018年に向けて仕出し事業・弁当宅配事業の閑散期と繁忙期の売上構築の考え方についてお伝えしようと思います。
 
それぞれの期間の売上構築のキーワードは、
繁忙期:「仕掛けと生産能力」
閑散期:「仕組みと徹底」
になります。

執筆者
林田大碁