宅配業専門・経営コンサルタントの役立ちコラム | 宅配・ケータリング業の経営相談・コンサルティングは、実績豊富な船井総研フードビジネス支援部へ!

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
  • ビジネスTOP
  • セミナー
  • 研究会
  • 業績アップテキスト無料ダウンロード
  • コンサルティングレポート
  • 講演依頼

宅配・デリバリービジネス

「配送スタッフ」「製造スタッフ」「調理師」採用を成功させる視点とは?
NEW
2018/10/18
「配送スタッフ」「製造スタッフ」「調理師」採用を成功させる視点とは?

皆様こんにちは、船井総合研究所フードスタッフ職採用チームの森屋です。

 

お弁当の配送・製造スタッフ、調理師採用は順調に進んでいますでしょうか?

 

前回、紀州グループ様の採用の成功事例を紹介させていただきました。

 

自社ホームページを活用した採用活動は、必須になっています。

 

その理由には、下記が挙げられます。

 

① 高齢化を防げる(40代~50代の方をメインに採用しやすい)

② 競合他社と差別化を図りやすい(情報の量と質の調節ができる)

③ 時給、給料合戦になりにくい(自社らしさでの訴求が可能)。

④ 求人をかけたい時にすぐにスタートすることができる。

(タウンワークなど求人の発信日が他社と同じということがない)

⑤ 最低賃金の変更など、運用しやすい。

⑥ 自社にノウハウが蓄積しやすい

(応募者の年代、性別、採用経路、ホームページをよくみている時間帯など)

 

 

以上の理由からタウンワークなどの求人媒体より費用対効果が

良くなりやすいためです。

 

ただ、エリアや職種によっては競合数が増え、Indeedもクリック単価が

あがってきています。

 

採用リスティングやリマーケティングをミックスさせることが大切です。

 

もっと言えば、そもそもの求職者からの視点で働く魅力面での「差別化」の

必要性が増しています。

 

集客論での採用活動は一時的には良いかもしれませんが、外部環境による変動要素が

多くなり持続性は弱くなりがちなためです。

 

競合他社と差別化を図る視点で、自社ならではの働く魅力づくりが必要になります。

 

とある会社では、「●●エリアで働きたい会社NO1」を打ち出されました。

 

このコンセプトを軸に枝葉で魅力づくりの取り組みを進め、“会社の魅力”という

本質から採用力アップを図っています。

 

定着率をあげるためにも、給食・宅配・デリバリー業界は、採用の時点から

高齢化を防ぎ、ピンポイントでほしい採用を進めていく事が大切です。

 

配送・製造スタッフ、調理師採用で成果を出すための採用活動の詳細について

知りたいという方向けに下記の資料もご用意いたしました。

https://lp.funaisoken.co.jp/mt/funai-food-business/biz-eat-out/freetext-dl.html?txt=kyushoku_web2018

 

 

エリア毎、ターゲットとする職種ごとにindeed・採用リスティング・リマーケティングを

ミックスする。

 

そもそもの働く魅力づくりを強化する。

 

この考え方で進めていただけばと思います。

 

執筆者
チームリーダー/チーフ経営コンサルタント
森屋 俊宏
急速冷凍機の導入で人時売上が半年で1000円上がった仕出し店
NEW
2018/10/16
急速冷凍機の導入で人時売上が半年で1000円上がった仕出し店

いつもコラムをご覧頂き有難うございます。
 
 
 
近頃の仕出し業を営む企業の経営者の悩みの一つに、
 
「従業員の長時間労働」というものがあります。
 
 
 
平日はやることが無いのでパートさんやバイトさんを早く家に帰し、
 
忙しい土日は朝早く出勤して夜遅くまで必死に働く。
 
 
 
どうにかして労働力を平準化できないものか?
 
 
 
そんなお悩みを抱えている経営者様が多くいらっしゃいます。
 
 
 
そんなお悩みを解決する一つの手段として急速冷凍機や急速冷却機を利用した、
 
事前調理の仕組みつくりを行っている企業様が最近本格的に増えてきています。
 
 
 
 
 
先日お伺いしたとある仕出し店では、
 
急速冷凍機を導入し、事前調理の仕組みつくりを行ったことで人時売上高が
 
昨年4100円だったところが、今年は5600円まで上昇。
 
製造人員の人時売上高では12600円まで売上が上昇しました。
 
 
 
年商は2億程度で変わりませんでしたが、営業利益率が3%上昇しました。
 
 
 
この企業様で行った事前調理の仕組みつくりは下記5ステップ。
 
 
 
 
 
①「商品分類」と「作業分類」を整理する
 
 商品分類⇒会席、折詰弁当、オードブル、寿司等
 
 作業分類⇒煮物、揚げ物、焼き物、刺身、寿司、飯、詰め物、切り出し等
 
 
 
②全ての商品をレシピ化し、「食材」をすべて洗い出す
 
 
 
③作業分類別に食材一覧表(食材マスタ)を作成
 
 
 
④食材ごとに「急速冷凍」しても商品力が落ちないかどうか?をチェック。
 
 商品力が落ちるものはなるべく「急速冷凍」して美味しいものに変更していく。
 
 
 
⑤「急速冷凍」ありきのレシピに変更する
 
 
 
 
 
 
 
このようなことを行ったところ、
 
 
 
煮物に関しては全て前日までに調理して冷凍。
揚げ物に関しては、天ぷらは100%事前調理して冷凍。
焼き物に関しては、魚や玉子など70%程は事前に調理して冷凍。
寿司・飯に関しては、赤飯は事前に調理して冷凍。
 
 
 
 
 
という形になりました。
 
 
 
 
 
冷凍する商品に関しては全て適正在庫数が冷凍庫に貼られており、
 
減った分だけ仕込むという形になっています。
 
 
 
 
 
こうすることで、
 
①ロスが大幅に減って原価率ダウン
 
②労働時間の均一化が出来て従業員の負担軽減
 
 
 
に貢献し、営業利益率3%アップに大きく貢献しました。
 
 
 
皆様も事前調理の仕組みつくりを是非少しずつでもおこなってみてください。
 

執筆者
マーケティングコンサルタント
春日 大輝
【立ち上げ3ヶ月で売上1,200万円】料飲売上が下落する地方ホテルの高級弁当デリバリー事業戦略
NEW
2018/10/12
【立ち上げ3ヶ月で売上1,200万円】料飲売上が下落する地方ホテルの高級弁当デリバリー事業戦略

「ブライダルや宴会の件数・売上が大幅下落し、それに伴い全館売上が減少した」

「国内宿泊者増加の恩恵がほぼなく、競合増加で宿泊売上も減少している」

「料飲部門売上ダウンによって、職人の人件費が増加・圧迫している」

「全館売上ダウンによる固定比率の増加が年々大きくなっている」

 

特に料飲部門が売上の柱の1つとなっている地方ホテルは、

こういった多くの悩みがあるのではないでしょうか。

 

 

—————————————-

 

いち早く地方複合機能型ホテルの業績アップについて知りたい!

そんな方は【こちら】へアクセス!

https://lp.funaisoken.co.jp/mt/funai-food-business/biz-eat-out/freetext-dl.html?txt=takuhai201810

 

—————————————–

 

そんな中でも、業績を上げられている、地方ホテルがあります。

 

既存施設と人員を活用し、高収益販路である「高級弁当デリバリー事業」に参入された

企業様です。

 

 

~S社様@滋賀県の場合~

 

〈参入の背景〉

件数の下落による婚礼売上・宿泊売上が軒並みダウンし、全館売上は最盛期の

75%程度まで落ち込む。既存リソースを活かし高級弁当デリバリー事業に参入。

 

〈取り組み成果〉

人口10万人の商圏で、参入5ヶ月で売上2,000万円を突破。

初年度年商は5,000万円を記録した。

 

〈今後の展開〉

専門厨房・人員体制に向けて体制を刷新。

社員1人(残りはP/A)で中食・デリバリー2億事業化体制の構築

 

 

~K社様@秋田県の場合~

 

〈参入の背景〉

婚礼件数は最盛期の1/2以下に減少し、それに伴い料飲売上は60%程度まで減少。

低投資かつ既存設備を活用できる高級弁当デリバリー事業に参入。

 

 

〈取り組み成果〉

人口4.7万人の商圏で、初月月商は550万円(営業利益は30%超)を記録。

初年度年商は4,200万円を達成。

 

〈今後の展開〉

事業2年目は昨対130%で推移し、デリバリーブランド複合化に向けた

ブランド構築を実施。

 

この2つの企業はどちらも一昨年から昨年にかけて、高級弁当デリバリー

事業に参入されて、小商圏ながら、初年度から大きな売上を記録されました。

 

 

—————————————-

 

いち早く地方複合機能型ホテルの業績アップについて知りたい!

そんな方は【こちら】へアクセス!

https://lp.funaisoken.co.jp/mt/funai-food-business/biz-eat-out/freetext-dl.html?txt=takuhai201810

 

—————————————–

 

皆様、こんにちは。船井総合研究所 林田大碁でございます。

 

いつも、当コラムをお読み頂き、ありがとうございます。

 

今回は地方ホテル、特に厨房機能を持ち、ブライダル・宴会サービスをもつ

地方複合機能型ホテルの高級弁当デリバリー事業戦略についてお伝えします。

 

まず、ホテル区分とその市場性についてですが、ホテルを区分すると、

大きく以下の3つに分かれていきます。

 

①繁華街(駅前)宿泊特化型ホテル

→宿泊サービス提供に特化した形態のホテル。繁華街(駅前)に立地し、

単身・ビジネス層の宿泊者が多く、宿泊単価は低い。

インバウンド等の国内宿泊者数増加の追い風を受け、

一気に件数(部屋数)が増え、競合過多の状態に。

 

②ラグジュアリー・リゾート型ホテル

→料飲・宿泊・飲食サービスを提供している形態のホテル。

サービス強化、多額の設備投資などにより宿泊(もしくは料飲)

単価は非常に高い。都心部・観光地に位置し、

インバウンド等の国内宿泊者数増加の恩恵を受け、

業績好調のホテルが多く見られる。

 

 

③地方複合機能型ホテル

→宴会・ブライダル等の料飲売上と宿泊売上を柱としている地方商圏に

位置しているホテル。宿泊客層は単身(ビジネス層)利用も多い。

立地環境もあり宿泊売上が伸び悩む。また、宴会やブライダル市場の

落ち込みが見られる。

 

 

上記の通り、地方複合機能型ホテルを取り巻く環境は3つの区分の中では最も厳しく、

 

・ブライダルの市場の落込みと専門式場へのニーズの移行

・宴会市場は市場全体が縮小し、使用金額も下落

・宿泊はビジネスホテルとの価格競争とパイの奪い合い

・飲食、サービス業種の有効求人倍率と時給は約50か月連続の上昇

・大規模設備投資は耐震修繕も見越すと極めて難しい

 

など課題は山積みです。

 

そんな中でも地方複合機能型ホテルが「高級弁当デリバリー事業参入」で

成功を収めることのでき、おすすめしているポイントは6つで、

 

1 完全予約注文のため、製造・人員計画を立てやすい

2 繁忙期・閑散期の差が少なく売上・利益が安定する

3 製造作業を標準化・機械化しやすく職人が不要

4 高粗利かつ初期費用が低いため収益性が高い

5 ストック型に転換できるため売上が積上式に伸びやすい

6 市場の成長に対して競合環境が比較的緩やか

 

が挙げられます。

 

—————————————-

 

地方ホテルの高級弁当デリバリー事業のポイントや成功の理由を知りたい!

そんな方は【こちら】へアクセス!

https://lp.funaisoken.co.jp/mt/funai-food-business/biz-eat-out/freetext-dl.html?txt=takuhai201810

 

—————————————–

 

上記の成功事例がある中でも、多くの地方複合機能型ホテル様にお伺いすると、

 

「自社商圏で高級弁当デリバリー事業は成功するの?」

「自社のリソースでそんな売上が作れるのか?」

「成功した企業ポイントに自社も当てはまるの?」

 

そんなお声を頂戴します。

そのお声にお応えし、このメルマガを見て頂いた企業様限定で、

「高級弁当デリバリー事業参入の無料事業診断」を実施させて頂きます。

 

①市場性診断(自社商圏のポテンシャル)

②自社リソースにおける事業判断

③先行企業の成功事例共有

 

を基軸に御社における高級弁当デリバリー参入時の事業イメージを無料にて

御社にお伺いし、お話を致します。

 

ご希望、ご相談の方は下記の【連絡先】までお気軽に御連絡下さい。

(※御連絡を頂戴しました後、担当者から折り返し御連絡を差し上げ、

日程を調整させて頂きご訪問致します。)

 

 

【連絡先】

TEL:070-2299-0596

MAIL:d-hayashida@funaisoken.co.jp

担当コンサルタント:

林田 大碁(はやしだ だいご)

(※大変お手数ですが、「ホテルのメルマガ」をお読みなった旨をお伝え下さい。)

 

少しでもご興味、お悩みをお持ちの方は、まずはお気軽にご連絡下さい。

 

「まずは詳しい資料を見てみたい。」という方は

下記より資料をダウンロードください。

 

—————————————-

 

地方ホテルの高級弁当デリバリー事業の詳細を、まずは資料で見てみたい。

そんな方は【こちら】へアクセス!

https://lp.funaisoken.co.jp/mt/funai-food-business/biz-eat-out/freetext-dl.html?txt=takuhai201810

 

—————————————–

 

皆様の明日からの経営や業績アップの一助になれば幸いです。

 

株式会社船井総合研究所 林田 大碁

執筆者
林田大碁
宅配弁当事業で配達しない。コスト減の方法とは。
2018/10/09
宅配弁当事業で配達しない。コスト減の方法とは。

皆様こんにちは。
船井総研の迫田です。
 
今回は宅配弁当事業で、店舗引き取り比率60%以上で
売上1億円を達成された企業の事例をご紹介させて頂きます。
 
大手ドミノピザさんでも店舗に取りに来て頂くと
2枚目ピザがタダになったりと、
いかに店舗に取りに来てもらえるかというのは、
中食業界では一大テーマとなっています。
 
できる限り店舗へ誘導するためにまず必要になることは、
店舗引き取りサービスの設計になります。
 
仮に、片道30分のエリアに商品を配達したとすると
往復のガソリン代等で1,000円。
1時間分の人件費800円とした場合1度の配達で約1,800円の
コストが発生することになります。
 
ですので1,000のサービスを行ったとしてもコストの削減に繋げることが可能になります。
 
その上で次に必要となるのが、サービスの可視化です。
サービスを設計していてもお客様に伝わらなければ何の意味も持ちません。
そのため、HP上で確実に訴求すること
電話で注文があった際に、当たり前のように
『宅配か店舗引き取りか』を確認し店舗引き取りだと
サービスがあることを伝えることが重要になります。
 
コストを削減するためにこういった
サービスの設計と可視化を行うきっかけにしてみて下さい。
 

執筆者
迫田 和仁