宅配業専門・経営コンサルタントの役立ちコラム | 宅配・ケータリング業の経営相談・コンサルティングは、実績豊富な船井総研フードビジネス支援部へ!

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
  • ビジネスTOP
  • セミナー
  • 研究会
  • 業績アップテキスト無料ダウンロード
  • コンサルティングレポート
  • 講演依頼

宅配・デリバリービジネス

外食企業がコッペパン専門店に本気になる理由
NEW
2018/8/14
外食企業がコッペパン専門店に本気になる理由

こんにちは、

船井総研の春日です。

いつもコラムをご愛読いただきありがとうございます。

 

 

先日、コメダ珈琲の新業態やわらかシロコッペに訪れる機会がありました。

 

 

この業態は、コメダ珈琲の人気商品のコッペパンのテイクアウト専門店です。

コメダ珈琲は、この業態を今年度中に20店舗出店すると決算発表で触れています。

 

http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?template=ir_material_for_fiscal_ym&sid=47567&code=3543

 

また、ドトール傘下の老舗ベーカリー「サンメリー」もコッペパン専門店「パンの田島」の出店を強化しています。

https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131703/13209073/

 

少し調べてみると、ここ3年程で首都圏を中心にコッペパン専門店が少しずつ増えてきていることが分かります。

 

少し興味をもったので、時間があった一昨日、東京都内を視察。

 

★イアコッペ@上野駅すぐ

https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131101/13168047/

 

★ニコアンドコーヒー

アパレルブランド Nico and… 旗艦店「Nico and…TOKYO」内

https://tabelog.com/tokyo/A1306/A130601/13174665/

 

 

★えびすぱん@恵比寿駅

https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130302/13205790/

 

等たくさんの繁盛店がたくさんありました。

 

中でも一番興味深かったのは、

亀有にある吉田パン

http://yoshidapan.jp/

 

 

サンメリーが出店を強化している「パンの田島」などもそうですが、

 

こちらの吉田パンは、

①オープンキッチンで客に注文を聞く

②店員がその場で焼きたてのコッペパンに具材を塗ったりはさんだりする

③それを受けとり、テイクアウトかイートインで堪能する

 

というサブウェイのような提供スタイルをとっています。

 

このサブウェイのコッペパンバージョンの優れた点は、

 

 

つぶあんやチョコレートを挟めばチョコパンに、

カレーやコロッケを挟めば総菜パンに

 

変貌を遂げることです。

 

こちらの元祖は、岩手県盛岡市のソウルフード「福田パン」。

盛岡では知らない人がいないという大繁盛店です。

 

https://tabelog.com/iwate/A0301/A030101/3001022/

 

 

 

コンビニの台頭もあり、共働き世帯の増加もあり、

パンの市場規模は拡大しています。

 

 

今後は喫茶店チェーンだけでなく、

 

「こだわりのコッペパン×こだわりの具材」で

 

外食店や菓子店、ベーカリーがこの市場に参入してくると思います。

 

要チェックです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

執筆者
マーケティングコンサルタント
春日 大輝
注文率の高いスマホサイトの特徴とは?
NEW
2018/8/13
注文率の高いスマホサイトの特徴とは?

皆様こんにちは。

船井総研の岩松です。

今回は「注文率の高いスマホサイトの特徴とは?」

というテーマについてお伝えいたします。

HP経由の売上を要素分解すると、

HP経由の売上=①セッション数×②注文率×③注文単価

という形で表すことができますが、

このなかでも特に、②注文率については

自社サイトの内容や導線設計次第で数値の高低が決まってきます。

そこで、フードデリバリー事業を運営している

ご支援先企業様・非ご支援先企業様のスマホサイトを

計100サイト以上見渡していくなかで見えてきた

注文率の高いスマホサイトの特徴について、

大きく4つの観点からご紹介させていただきます。

①注文導線(電話・注文への誘導)

(1)ファーストビュー(=ユーザーがHPに最初に訪れた際に目にする部分)に

「電話番号」「受付時間」「配送時間」が記載されている

⇒トップページに流入後、すぐに注文してもらえるようにする。

(2)電話バナーが掲載されている

  ⇒HP閲覧中に、いつでも注文を受けることができる。

(3)「商品一覧」「用途で選ぶ」「価格で選ぶ」等、

より多くの商品誘導の切り口を作っている

⇒各商品ページへ流入させる機会が増える。

②ユーザビリティ(使い勝手の良さ)

(1)バナー1つあたりのクリックできる範囲が大きい

  ⇒次のページへスムーズに移行できる。

(2)バナーとバナーの間にスペースを作っている

  ⇒ミスタッチを防ぐことができる。

(3)「詳しくはこちら」というフレーズ

  ⇒次ページへの誘導を促す。クリックできるかどうかの判断がしやすい。

③コンテンツ

(1)商品ランキングを表示している

  ⇒商品選択に迷っているユーザーを誘導する効果がある。

(2)各商品ページの下部におすすめ商品が表示されている

  ⇒サイト内の回遊率を高めることで、

ユーザーと商品との接触機会を増やすことができる。

(3)スマホサイト内にSNSのボックスが設置されている

  ⇒自社の商品・サービスの認知度を高めることができる。

④レイアウト

(1)タイトルに「業態名」「エリア名」の表記がある

  ⇒「どこで」「何屋」を展開しているのかがわかる。

(2)スライドがファーストビューの範囲内に掲載されている

  ⇒トップページへ流入後、すぐに商品ページへ誘導させる可能性を高める。

(3)特集バナーが掲載されている

  ⇒用途を明確に打ち出すことで、関心度の高いユーザーを誘導することができる。

文章だけではわかりづらい点もあるかもしれませんが、

皆様の会社でも是非上記の内容を参考にしながら

スマホサイトの改善に取り組んでみてください。

執筆者
岩松 将史
宅配・仕出し事業の成長エンジンとなる「製販一体」という形
2018/8/08
宅配・仕出し事業の成長エンジンとなる「製販一体」という形

皆様、こんにちは。
船井総研 中食コンサルサルタントの林田です。
 
本日は、仕出し・宅配事業における成長の形を。
先日お伺いした企業は、宅配参入2年目ながら、前年は予算比130%以上。今年の第一四半期も前年比160%超・予算対比も100%超で宅配事業が成長しています。
 
この企業様のこれまでの取り組みと成長要因を考えると、
「製販一体」となった商品開発と販促計画がキーポイントとなっていました。
 
この宅配・仕出し事業における「製販一体」の形とは、上記の企業様を参考にすると大きく以下の3つのような取り組みになります。
1) 適切な新商品投下・商品改廃
⇒配送・受注時のお客様の声の吸い上げと収集、数値データから見る販売傾向のフィードバックで、適切な(顧客が欲している)新商品の開発・投下ができ、また利用頻度の高いカテゴリーや価格の商品改廃を行うことで、離脱や利用頻度の減少を避けることができます。
2) 販促計画から逆算した商品開発・改廃
⇒季節の売上傾向やイベントや用途などから、販促計画を策定し、それを商品開発のメンバーとフィックスする事で、そのイベントに適した商品を、そのイベント販促時期に合わせて開発することができます。また早期販促の実施も可能になってきます。
3) 商品特徴を捉えた適切な販促の実施
⇒お客様からのお声や数値データを加味して作った商品の訴求ポイントを、開発メンバーから販促を実施するメンバーに伝えることで、商品の訴求ポイントや、対象顧客などが明確になり、適切な販促の実施に繋がります。
 
多くの企業様では、製販相互の情報交換は少なく、お互いの活動には、あまり触れないことが多く見られます。
しかし、相互の関係強化によって、製販どちらも精度があがることによってまた、1つ事業がブレイクスルーしていくのではないでしょうか。

執筆者
林田大碁
宅配・デリバリーの事業展開
2018/8/08
宅配・デリバリーの事業展開

日々「宅配」や「デリバリー」という業態店舗や、
もしくは専門店舗、メインドメインではなくとも何らかの形でそれらに関わる食関連の中小企業様にお伺いしております。
 
最近では「高級弁当」が注目されていますが、
それ以外にもさまざまな形の事業展開をお手伝いしています。
・夜の歓楽街に立地する店舗でナイトフードデリバリー
・寿司宅配店の手巻き寿司宅配
・地方都市でビジネスホテル向けデリバリー
・精肉店のバーベキューデリバリー
・外国人旅行者(インバウンド)向けデリバリー
等々、多岐にわたります。
 
いずれにしても宅配・デリバリー関連ではありますが、
商品や売り先は違えど、
 
① 見込み客をできるだけ集めて
② 接触の機会でなるべく受注し
③ 利益の出る範囲内でよりいいサービスを提供し
④ また再度、繰り返し注文してもらうように促す
というポイントは大きくは変わりません。
 
だから、売り先の見込みさえあれば基本的には業績が上がります。
 
この「売り先の見込み」は地域やメイン業態、もしくはやる人によって様々なので、いかにこのハマるポイントを探すか?が重要です。
 
今、宅配・デリバリーを…
・メイン業態として取り組んでいるが落ち込んでいる
・付加的に取り組んでいるが利益を出せてない
店舗様はどこにハマりきらない理由があるか見つけられれば、きっと業績は上がるはずです。
 
また、これから取り組もうと思われている方は特に、
・どこに自社(自店舗)としてうまみがでて
・業績を最大化できるか?
を念頭に、
それが最も実現できるハマるところはどこか?
という視点でもって展開を検討いただけますと幸いです。

執筆者
マーケティングコンサルタント
船越 良