コンサルタントコラム | 菓子店・菓子メーカーのコンサルティングなら船井総合研究所

フードビジネス.com
  • ビジネスTOP
  • セミナー
  • 研究会
  • 業績アップテキスト無料ダウンロード
  • コンサルティングレポート
  • 講演依頼

単品専門店で持続的成長を続ける八天堂の事業戦略
NEW
2017/2/20
単品専門店で持続的成長を続ける八天堂の事業戦略

先日弊社主催のスイーツビジネス研究会にて
クリープパン単品で全国展開を行う八天堂森光社長にご講演頂きました。

 

広島県内でベーカリーチェーンを展開されていた八天堂が
クリームパンに専門特化したのが約10年前。
 
「日本初上陸!」などのふれこみで当初は行列ができるが
いつのまにか市場から消えている印象の強いスイーツ専門店が多い中、
八天堂は売上も利益も順調に伸ばし続け持続的成長を続けています。
 
森光社長のお話しをお聞きし、持続的成長を続けるポイントは以下の3つであると思います。
①利用動機の広い商品カテゴリー
・クリームパンは、「おやつ」「手土産」だけでなく、
「食事」動機もあり、利用動機が広い。
今までのスイーツでは取り込めなかった「食事」動機を上手に獲得している
 
②マーケット大の地域で展開

・広島だけの展開ではマーケットが小さい。
人口が多くマーケットが見込めるエリアでの展開を早期から実施
 
③周辺マーケットを更に付加
・クリープパンの物販が定着した後、カフェ動機や、
歳時季ギフト動機(通販強化)などを次々と付加。
 
単品特化で低投資での事業展開と共に生産性・収益性を上げ、
社員教育・労働環境整備に注力し、離職率も大幅に減少していくという
好循環の事業運営を展開されています。
 
単品特化は、脱・長時間労働、高収益性は菓子業界にとって緊急の課題の一つで、
単品特化専門店開発はその手段の一つ。
また単品特化でも持続的成長を実現するブランドとなるためには
力不相応な拡張はせずに力相応に周辺マーケットを取り込んでいくことが必要となるのです。

執筆者
グループマネージャー 上席コンサルタント
花岡 良輔
広告の脱・紙媒体依存へ
2017/2/13
広告の脱・紙媒体依存へ

菓子店の販促として多くの方は、
新聞の折り込みチラシを使用されてきたのではないでしょうか。

 

ただ、新聞の購読率の低下とともに
新聞の折り込みチラシがお客様に届かなくなってきております。
 
2015年の国民生活時間調査報告書によると、
国民全体の3分の1程度しか新聞を読まなくなってきているそうで、
しかも年に4%ずつ新聞を読む人が減少しているのです。
 
また、40代以下の新聞行為者率(1日15分以上新聞を読む人の割合)は
25%以下と若い人ほど読まない傾向にあります。
 
LTV(ライフタイムバリュー)を考えて
固定客化する必要がある若年層に販促が届いていないのが現実です。
 
そのような中で脱・折り込みチラシ依存からシフトし、
上手く集客をできている企業様もございます。
 
岐阜県岐阜市にあるプリン専門店のプルシックでは、
新規集客の手法として折り込みチラシやDMに一切頼ることなく集客をされており、
メディア活用やWEB販促に注力されております。
 
ただ、現状ですぐに脱・折り込みチラシを実施することは、
「既存客が逃げるのではないのか」
「競合はどこも折り込みチラシを実施しているから」
等の心理的ハードルもあるかと思います。
 
なので、2~3年あたりを目途に
脱・折り込みチラシへの準備を今すぐに始めてみるのはいかがでしょうか。
 
そこで、船井総研の売上アップの考え方をもとに、
WEB販促の取り組むべき優先順位を説明いたします。
 
売上の公式は業界によって違うと思いますが、
船井総研では以下のような公式を一般的に使用します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
売上=商圏内シェア×商圏内人口×MS(マーケットサイズ)
※MSとは業態の一人当たり消費金額のこと。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そして、売上を上げる際に順番は以下となります。
1.商圏内シェアを高める
2.商圏内人口を増やす
3.MS(マーケットサイズ)を付加する

 
なので、まずは商圏内でいかにシェアを高められるかに注力する必要があります。
 
商圏内新規集客としては食べログ・Facebookを実施し、
固定客化としてはLINE@、Facebookを使用することがオススメです。
 

執筆者
川村 諒志
おいしい3要素
2017/2/06
おいしい3要素

実際、菓子店のお店で並んでいる商品のほとんどは、
丹精込めて作られたおいしい商品です。

 

では、何故、そうした中でも
売れる商品、売れない商品が出てくるのでしょうか。
 
その理由の一つに、味覚による「食べておいしい」という要素だけでなく、
情報によるおいしさの要素が存在するということがあります。
 
つまり、人間は、味覚だけでおいしさを判断するのではなく、
それ以外の情報によっても「おいしさ」が左右されるということです。
 
たとえば、
・ 行列のできている売場の商品
・ テレビで紹介されている商品、
・「おいしい」とうわさで聞いた商品
は、それだけで「おいしいのでは」と感じてしまうのではないでしょうか。
 
「実際食べてみたけれども・・・」
という商品も中にはありますが、
おおよその商品は、そうした「おいしそうな情報」を事前に得ていると、
食べた時も「おいしかった」と感じるものです。
 
このため、菓子店では、商品力に磨きをかけていくことももちろん、
どう「おいしさ」を伝えていくかということも大変重要です。
 
先述の「行列」や「テレビ」や「うわさ」も大きな効果をもたらしますが、
菓子店の店内でもできる「おいしい」情報提供はたくさんあります。
 
それは、「見ておいしい」「聞いておいしい」という2つの要素です。
 
例えば、
「見ておいしい」
・ 商品の見た目がおいしそう
・ 商品の写真がおいしそう
・ POPで記述されている表現がおいしそう
 
「聞いておいしい」
・ 声かけの言葉がおいしそう
・ お勧めの言葉がおいしそう
などいろいろな情報提供の方法があります。
 
そして、こうした商品の情報は、
自店の商品の情報を深めることでたくさん出てきます。
 
・ 商品のこだわりは?
・ 使われている素材は?
・ おいしい食べ方は?
・ 製法は?
・ 商品の由来は?
 
など、商品には様々な情報が存在します。
 

執筆者
経営コンサルタント
田中 渉
脱・ブラック菓子店!菓子店経営者を悩ます「ヒト」の問題から抜け出す秘訣
2017/1/30
脱・ブラック菓子店!菓子店経営者を悩ます「ヒト」の問題から抜け出す秘訣

2017年、多くの菓子店経営者が上げる、課題は「ヒト」です。

 

従業員の離職・教育・採用難など、経営者の頭を悩ましているのが「ヒト」の問題です。
 
クリスマスが過ぎ、もうすぐバレンタインを迎えようとしていますが、皆様のお店ではいかがでしょうか?
 
本日は、ヒトの悩みから解放され、年間店舗休業日が109日にも関わらず、
年商7500万円、営業利益率18%、離職率ほぼゼロという
「しっかり休めて・しっかり儲けている」菓子店の取組を紹介させていただきます。
 
(あらすじ)
家業が洋菓子店という環境から、将来は家業を継ぐ予定だったある洋菓子店の店主。
20代の時に東京都内の有名洋菓子店で修行し、ヨーロッパでの研修も行いましたが、
実家の洋菓子店が閉店。店を継ぐ道が閉ざされました。
 
一時期はパティシエの道から離れ、ペンションや大手外食企業のデザート責任者を経験するも、
やはり自分の店を持ちたく店をオープンしました。
父のやっていた洋菓子店も、修行時代の有名店も、長時間労働が当たり前。
社員の離職率が高く、利益はほとんど残らない状態。
何とかして残業時間を減らし、利益を上げないと店は続けられない・・・
 
そんな企業が店舗の年間定休日109日でも年商7500万円。残業も離職率もほぼゼロ。
営業利益率18%。しっかり休めて高収益な体質転換に成功しました。その秘訣とは・・・?
 
→レポートの続きはこちらのページの中段から
http://www.funaisoken.co.jp/file/pdf_seminar_015086_01.pdf
 
もし、あなたの企業も同じように、長時間労働や離職率の高さ、そして、利益の確保にお困りであれば、
ぜひ、直接、このレポートで語られている成功ノウハウを聞きに来てください。
 

執筆者
チームリーダー チーフ経営コンサルタント
横山 玟洙