菓子店・メーカー専門・経営コンサルタントの役立ちコラム | 菓子店・菓子メーカーの経営相談・コンサルティングは、実績豊富な船井総研フードビジネス支援部へ!

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
  • ビジネスTOP
  • セミナー
  • 研究会
  • 業績アップテキスト無料ダウンロード
  • コンサルティングレポート
  • 講演依頼

スイーツビジネス

バレンタインも時代に合わせた対応を
NEW
2019/1/17
バレンタインも時代に合わせた対応を

1月も半ばになりました。

2月のバレンタインもだんだんと近づいてきていますが、準備はいかがでしょうか。

 

バレンタインデーの市場規模は約1300億円といわれており、洋菓子店を中心として菓子店での大きなイベントになっています。

バレンタインデーのチョコレートは、女性から男性に愛の贈り物としての「本命チョコ」から始まり、「義理チョコ」が生まれてマーケットが広がっていきました。

近年では、「友チョコ」や「自分チョコ」「ファミチョコ」「逆チョコ」「世話チョコ」など、さらに多様化が進んでいます。

 

ただ、「義理チョコ」は、バレンタインデーのチョコレートのやり取りを禁止する企業も出てきていたりと逆風もでてきています。

昨年は、「日本は、義理チョコをやめよう。」というゴディバの広告が話題になったりもしました。

 

また、地域密着型の菓子店では、「本命チョコ」や「自分チョコ」などに使われる高単価商品は、百貨店で展開されている海外ブランドなどに押され、子供たちの間での「手づくり」ブームに押されてもいるようです。

そして、人手不足の影響もあり、手間のかかるボンボンショコラを仕入対応にされるところも増えています。

 

そうしたなか、どうした対応が考えられるでしょうか。

・手ごろな1000円以下の商品の販売強化

地域密着型菓子店では、1000円以下の価格帯の売上構成比が高くなります。

売れる価格帯にしっかりと対応することで、お客様の選びやすさ、買いやすさを高めます。

・生産性の高いチョコレート焼き菓子の販売強化

生産性の高い商品の売上構成比が上がれば、全体の生産性が上がります。

・ケーキ関連など家族みんなで食べる提案

ただ、お父さんへのプレゼントとしてチョコレートを買うよりも、自分も食べたいという欲求を刺激。

家族分購入することで単価アップにもつながります。

 

歳時記も時代の移り変わりで、売れる商品や、強化すべきことも変わっていきます。

など、自店の状況に合わせて対応していきましょう。

執筆者
マーケティングコンサルタント
田中 渉
プロフィール
低投資・高収益のスイーツビジネス参入事例
2018/12/21
低投資・高収益のスイーツビジネス参入事例

いつもお読みいただきありがとうございます。
船井総研 フード支援部 チーフ経営コンサルタントの中渕です。
 
2018年を振り返るとスイーツ関連事業のM&Aや異業種からの新規参入も非常に多く、スイーツ業界はさらに注目を浴びた1年だったのではないでしょうか。
我々のご支援先におきましてもスイーツ単品専門店の立ち上げが非常に多かった1年でした。
 
主な事例としましては
 
・飲食店が参入して年商1億円超え、投資回収3カ月半
・土産卸が参入して年商7,000万円、投資回収見込み1年
 
飲食業および土産卸業の企業様の参入が多いですが、ホテル・旅館などの宿泊業の企業様の参入も増えてきております。
 
宿泊業の企業様向けの資料はこちら
https://lp.funaisoken.co.jp/mt/funai-food-business/biz-eat-out/freetext-dl.html?txt=tourism-sweets201803#_ga=2.103065984.1240639052.1545026239-1383475793.1536117594
 
船井総研が提唱するスイーツ単品専門店の特長としましては
「非日常性」「競合優位性」「ライフサイクルの調整」という点から、業態の寿命が長く、高単価で販売できる観光地への出店を提唱しております。
 
詳しくはこちら
https://lp.funaisoken.co.jp/mt/funai-food-business/biz-eat-out/freetext-dl.html?txt=kashi-tanpinsenmon2017#_ga=2.19677880.1240639052.1545026239-1383475793.1536117594
 
入込客数50万人以上の観光地で実演工房付きで製造販売し、
単品としては「プリン」「チーズケーキ」「大福」が現在提唱している単品です。
 
業態フォーマットの完成度が高まり、さらに事前調査を詳細にさせていただきますので年商5,000万円~投資回収1年以内は目指せる業態に仕上がっております。
 
全国1,000箇所以上の候補地がございますが、1エリア1商材限定でご支援させていただいておりますので、ご相談は早めにいただけますと幸いです。
 
今週もお読みいただきありがとうございました。
 

執筆者
チームリーダー チーフ経営コンサルタント
中渕 綾
プロフィール
働き方改革直前!残業時間を月1000時間削減した洋菓子店のパート・アルバイトの活用法とは?
2018/12/18
働き方改革直前!残業時間を月1000時間削減した洋菓子店のパート・アルバイトの活用法とは?

洋菓子店経営者の皆様へ

毎年、最低賃金が上昇しており、パート・アルバイトの活用について、お悩みの経営者様も多くいらっしゃるのではないでしょうか。政府は、最低賃金の目標を全国平均で1000円を目指すことを表明していますので、今後も最低賃金は上がり続けることが予想されます。最低賃金が上がり続けるということは、これまでの人員や、労働時間で経営を続ければ、毎年人件費が上がり続け、利益がなくなっていくことになります。最低賃金の上昇に合わせて、運営の効率化は必須になります。

 

前回は、たった90日で月1000時間の残業を削減させたアントルメ果樹 オーナーシェフの柴田博信 氏へのインタビューから、①単品一番名物開発で「生産性向上」と「収益性」を実現!②主力単品づくりのコツ についてお伝えさせていただきました。

今回は、人件費を削減させるパート・アルバイトの活用についてお伝えさせて頂きます。

 

時給が発生していくパート・アルバイトさんは、活用の仕方を間違えると人件費がどんどん増えていくとアントルメ菓樹のオーナーシェフである柴田氏は語ります。アントルメ菓樹様では、パート・アルバイトを有効に活用するためにも、数値化することに注力されています。

 

主力単品の「ふろらんたん」の製造では、パート・アルバイトさんの作業の中で「包装」作業が課題になりました。柴田氏は、数値化する前は、特に意識していなかったのですが、「包装」時間があまりに多くかかっていたことが判明したといます。そこで、標準作業時間の設定や、作業時間の管理を行うことで製造時間を30%短縮することができたそうです。

 

柴田氏は、アントルメ果樹のパート・アルバイトの活用については、まだまだ発展途上だと言いますが、活用の仕方次第ではまだまだ工房全体の製造効率を上げていくことができると感じておられるようです。

 

皆様、アントルメ菓樹様のパート・アルバイトの活用について、いかがだったでしょうか。

 

少しでも関心を持たれた方、もう少しお話を聞いてみたい!という方のために、アントルメ菓樹のオーナーシェフである柴田博信 氏に残業時間1000時間削減した取り組みについて、ご講演いただくことが決定しております。

 

働き方改革の施行に向けて製造スタッフの労働環境を見直したい方、生菓子ばかり売れていて焼き菓子比率が40%以下の方は、今すぐ手帳を開き、1月15日(火)のセミナー日程を確保いただければと思います!

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

働き方改革法案施行直前!修行・徒弟制からの脱却が洋菓子店の未来を創る!

たった90日でオーナーシェフ型洋菓子店が客数も売上もUPしながら月1000時間残業削減!

セミナー開催日:2019年1月15日(火)

場所     :船井総研 東京本社

(東京都千代田区丸の内1丁目6番6号 日本生命丸の内ビル21階)

時間     :13:00~16:30

ご費用    :一般企業:30,000円(税抜)/ 会員企業:24,000円(税抜)

お申込みはコチラから http://sem.funai-food-business.com/seminar/040450/

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

執筆者
吉田雄飛
プロフィール
時流適応とは「がんばる」の質を変えること
2018/12/12
時流適応とは「がんばる」の質を変えること

もし、貴社の経理担当者がそろばんしか使えず

 

「毎日、がんばってるのに仕事が進まない!あー忙しい!」

 

と叫んでいたら、皆様は、“がんばってる”にも“忙しい”にも違和感を覚えることでしょう。

 

これは極端な例ですが、「最善のやり方」があるにもかかわらず、

それを選択せず、もしくは存在を知らず、前時代的で非効率なやり方をしている

企業は実は少なくありません。

 

これではいくら社員ががんばっても結果は出ません。

 

今後、食品を取り巻く環境の変化はより激しくなり、

時流適応するために「やるべきこと」も変わります。

 

その際、古いがんばりを続けていては、結果が出ない上に社員や

現場スタッフも疲弊してしまいます。

 

経営者は「最善のやり方」を提供し「がんばるの質を変え」なければなりません。

 

今、世の中にはマーケティングからマネジメントまで活かせる便利な

仕組みやシステムがたくさんあります。

 

・お店の買い物履歴からお得意様を抽出できる仕組み

・商品在庫が少なくなったら自動で発注をかけてくれる仕組み

・AIがその日のメニュー数を教えてくれる仕組み

・それぞれの現場で起こっていることを全員で共有できる仕組み

 

など、以前は考えられなかった「凄い仕組み」が次々と登場しています。

 

テレビCMでお馴染みの名刺管理ソフトもそのうちの一つです。

 

いまだに「あの企業の連絡先はあの社員しか知らない」

「ベテラン営業マンがよい企業の連絡先を独占している」といった

属人的な体制になっている企業も数多く存在します。

 

便利な仕組み・システムに気づかないまま、マンパワーで

「がんばれ!がんばれ!」を叫んでいても、結局、誰も幸せになりません。

 

経営者は常に「本当にこのやり方でよいのか?」と現状を疑ってみることが大事です。

 

特に、昔からやってきたその業務やその手法は本当に今の時代に合っているかどうか、

改めて確認しましょう。

 

そういったアンテナの感度の高さが永続的成長を続ける企業経営者に

求められる資質のひとつではないでしょうか。

 

◆中野へのお問い合わせ・ご相談はこちらから

https://www.funaisoken.ne.jp/mt/funai-food-business/soudan-foodstuffs-inquiry.html

 

 

執筆者
チームリーダー/チーフ経営コンサルタント
中野 一平
プロフィール